FC2ブログ

    ジャンプ力

    「I NEED YOU」スペシャル動画かも!?

    を公開しています。どうぞ御覧下さいませ!

     さて、トップに張ったリンクの紹介も徐々に手抜きになりつつある今日この頃、みなさんお元気でしょうか?件の動画のグループリーグ勝ち抜け予想の正解率が、どうやら5割程度で終わりそうな鈴木です(笑)。でも専門家だってそんなモンかもしれませんな。みなさんはどうでしたか?

     グループリーグも各組第2戦まで終わりましたが、いわゆる列強国で既に敗退が決まってしまった国もあります。スペインには驚きでした。イングランドは……、まあこんなモンかな(笑)。さらにイタリアとウルグアイのいずれかが敗退し、ポルトガルも絶望的ですね。順調に勝ち点を重ねることができた国は、オランダ、コロンビア、フランス、アルゼンチン、ベルギーか。でもアルゼンチンは内容が微妙ですな。

     ところで、クローゼ(ドイツ)がW杯最多得点タイ記録を達成しました。新記録も秒読みか?それはそれとして、このクローゼが得点したドイツ×ガーナ戦。実況で鈴木的には非常にツボの部分がありました。クローゼは交代出場だったのですが、そのクローゼを紹介する時に実況アナウンサーが、

    「ジャンプ力のあるクローゼ」

    と言っていまして、これが非常に鈴木の心を捉えてしまいました。
     アナウンサーとしては、クローゼのヘッドの強さを伝えたかったのでしょうが、それを表現する時にはあまり使わないような……。まあクローゼにジャンプ力があるのはウソではナイかもしれませんが、クローゼが空中戦に強いのはジャンプ力があるからなのか?(笑) 
     きっとクローゼは特別長身でもないけどヘッドが強いということを伝えたかったのでしょう。でも重要なのはポジショニングや体幹の強さだよな?それともやっぱりクローゼは垂直跳びもチーム随一なのかな?(笑)
    「別に変じゃないだろ?」って人もいるかもしれませんが、鈴木は笑ってしまったんですよ!ほっといて下さい。

     ってなワケでそのドイツのいるグループG。鈴木は動画の中の予想で、ポルトガルはヤバイかも?アメリカが不気味と書きましたな。一応ポルトガルは可能性が残っていますが、最終戦ドイツ×アメリカ戦でどちらも無理せず引き分ければ、仲良く決勝トーナメントに行けちゃいますね。まあそういうのはツマランですが……。もっとも、それ以前に今のポルトガルがガーナに勝つことは難しい気がしますね。ガーナだって(良いチームだよね!)可能性あるワケだし。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    ウィンブルドンだな

     程よく(?)波乱が起きながら進行中のW杯開催記念、

    「I NEED YOU」スペシャル動画かも!?

    公開中です。え~と、ずっと先頭にリンクを張ってます。よろしかったらチェックしてみて下さい。お願いします!!

     さて、やや久しぶりの感がありますが、本日からウィンブルドンが開幕ってことで、“異星人テニスブログ”としての当ブログ、無視するのは不自然極まりないですな。ところで“ウィンブルドン”という響きを耳にする度に、何処かの定食屋とかでウィンブルドン期間中限定で、

    「ウィンブル丼」

    とかいうスペシャルメニューをやりそうだよな!?とか思う鈴木です。それ上手いのか?何が入ってんの?という感じですが、やっぱり芝を模したキャベツの千切りがダァ~ッと載っていて、その真ん中にテニスボールを模した目玉焼きが載っている(生卵でも可!?)とかそういう感じですかね!?ですかね!?じゃねぇ~よ!大体そんなモン上手いか?

     ってな感じで実に下らないダジャレ・テイストから入ってみましたが、もしまだガマンできるというのならもうしばらくお付き合い下さい。ではグランドスラム恒例となっている(そうか?)、ドローをダァ~ッと見ていってムダな予想を書いてみましょう。

     先ずトップハーフ。現在ランキングはナダルが1位ですが、ウィンブルドンは過去の実績が加味されたシード順になりまして、第1シードはジョコヴィッチです。グラスコート(芝)ですと得意不得意がはっきりするし、どうしたってシーズンが短い、つまり試合機会自体が非常に少ないので、ベテランの方が上手くやれる印象がありますな。ってな感じで、このジョコヴィッチとのコンビは第6シードのベルディヒ。まあジョコヴィッチはベルディヒとの相性は抜群ですが芝だとちょっとイヤだよね?この四分の一のジョコヴィッチ山には他にツォンガ、ユーズニー、チリッチ、そして芝だと未知数ですがグルビスもいます。ややネタ的に書きますがトミッチもいるな(笑)。ジョコヴィッチはけっこうキツ目のドローですな。

     トップハーフのそのまた半分、第3シードのマレー山。前年優勝者恒例のオープニングマッチを勤めるマレーの初戦はゴフィンか。まあ負けるとは思えないですけど、初戦の相手にしては楽な方ではナイ。マレーの調子はどうなのよ?という心配もありますが、このマレー山は同居したのが第7シードのフェレールだし、全体的にクレーコーターが多い印象で、マレーは楽なドローですね。

     ボトムハーフの上半分。第4シードはフェデラー。同居したのは第5シードのバブリンカ。芝は得意なはずのフェデラー。でも衰えも顕著ですな。いきなり2回戦でベネトーあたりに大苦戦ということも充分考えられますな。この山はイズナー、そしてイケメンことF・ロペスと芝が得意な選手がいますな。まあフェデラーは応援しているけど、最近は誰に負けてもあんまり驚かなくなったよね。まあ“こんなもんじゃね!?”って感じのドローか?

     でボトムの下半分、第2シードのナダル。同居は第8シードのラオニッチ。ラオニッチはいかにも芝が得意に思えますが、まだウィンブルドンでは勝ち上がった実績がありません。ちなみに錦織(第10シード)もこの山。ナダルはウィンブルドン2回の優勝実績がありますが、このところ2年続けて早期敗退だし、今年は前哨戦となるフェデラーが優勝したハレ大会では初戦負け。まあ本来的には芝が得意なスタイルではナイですがね。とはいえ、1週目さえ上手くこなして芝の感触を掴むことができれば、何だかんだで勝ち上がって来るでしょう。この山注目はカルロヴィッチとコールシュライバーだな。ナダルの場合、ここウィンブルドンではドローがどうこうよりも、自分との戦いのような気がします。
    っていうか、今年は異星人4人とも調子がイマイチか?優勝予想が難しいぞ!

     ってな感じで、W杯のせいでアタマが基本的に“サッカー・モード”になっておりますので、いつにも増していい加減なことを書いた気がします。っていうか、観てるヒマ無いよな!?終わります。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2014/06 | 07
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック