FC2ブログ

    1本しか使えないとすれば

     みなさん、こんにちは!相変わらず超低空飛行を続けているせいで、世間のレーダーに認識されない日々の鈴木です。このところ“エアコン・オフ”って感じですが、最高気温30~32℃、湿度50%以下であれば一年中それでもイイや!とか考えたりします。

     さて、今回は……、まあどうでもイイ話です。っていうか、“どうでもイイ話”という前置きを私はこれまで何回使ったでしょうか?ほとんど、テンプレート化されているのではないか?という疑惑が出そうであります。(敬礼!!)

     ってな感じで、ギターについての話です。
     ギターについての話の時は注意が必要です。
     それは、「クダラない話だと思わせておいて、やっぱりクダラない!」という話が圧倒的多数ではありますが、稀に「クダラない話かと思いきや、実はギターについての重要なヒントが隠されている!」という場合があるからです。こんなことを書くと、今回の話が後者なんじゃないか?と思われがちですが、別にそういうワケでもございません。一応、言ってみただけです。

     とっとと本題に移りましょう。
    「もし、全ての音楽活動(制作やライヴなどの全て)を1本のギターだけでやらねばならないとしたら、鈴木はどのギターを使うか?」
     これについて考えてみましょう。

     非常に狭い世間で知られている通り、鈴木は基本レスポール弾きです。
     ですから“1本しか使えない!”ことになったらやっぱりレスポールを選ぶのか?
     でも“全ての音楽活動を1本だけでこなさなければならない!!”というムダに限定された状況であれば……、ゴメンナサイ、ストラトキャスターを選びますわ!でもオリジナルに準ずる21F仕様でなければならない!のであればストラトはポイかな?22Fもアリならやっぱストラトだな。

     ストラトの方が使えるレンジ(ジャンル、プレイ・スタイル)が広いよね。
     ストラトは出来ることが非常に多いんだよ!!ただし、それぞれがけっこうピンポイントで、上手く弾くには苦労しますけどね。まあ鈴木はストラト弾きじゃないから、その色々なスタイルを弾きこなすのは中々大変だって話ですけど。

     反対にレスポールは、使えるレンジはそんなに広くない。
     でもレスポールにとって得意なスタイルであれば、プレイするのはとても易しいかな。 
     得意なシーンでは無敵とも思えるのですが、苦手なシーンではけっこう役立たずにもなりかねないわな。

     ってなワケで、鈴木の音楽的嗜好性は広いというほどでもないですが、“レスポールでは無理”という場面も多々あります。レスポールだとやりたいことの全てが出来ないことが確定してしまいますな。それを考えると、個々のプレイに苦労するのが判っていても、ストラトを選ばざるを得ない感じです。きっとストレス溜まりまくりだと思われますが、やりたいこと、やれることが最初から限定されるよりはマシだな。

     もちろん「俺はレスポールさえあれば何でも出来る!!」って人もいるかもしれませんが……。でもレスポール派からブーイング浴びながらも、この鈴木の意見に賛同してくれる方もきっといると思われます。
     最後に裏切り者のムダなイイワケですが、
    「制作とか関係無しで、無人島に1本だけ持っていく!」
    という条件であれば、迷わず“レスポール!!!!”と応えます。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2014/07 | 08
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック