FC2ブログ

    生誕100周年

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページにてお問い合わせ下さい!

     ギターについての戯れ言である。
     ギブソンUSAからレス・ポール氏生誕100周年を記念した、
    「Gibson USA 2015モデル」というのがリリースされた。興味のある方はこちらへ。

     私的に興味を惹かれたのは、レスポール・トラディショナル(Placid Purple)だな。
     うん、この色はとてもイイ。
     トラ杢のトップはあまり好きではない私だが、このカラーだったらアリだな。
     っていうか、この色は全ラインナップに有ってもイイ。
     で、この2015モデルには従来のモデルとは違った特徴があるようだ。
     きっと、“現代に即した改良”というワケなのだろう。

     それらの改良点で私が気に入ったのは、“ボディにネジ穴を開けずに取り付け可能なピックガード”だな。どういう構造なのか詳しく書いていないのだが、どうせピックガードを外してしまう私にとって、ネジ穴が無いのはイイことだ。ただ、ピックガード有り派にとっては下部の取り付け金具が姿を消していて、それ故“ルックスに締まりが無い”と感じるかもしれない。っていうか、これは想像だが、ピックガード有り派には不評かもしれない。

     もう一つ気に入ったのがケース。
     角形なのね。ちょっとカッコイイと思う。
     でもちょっと重いかもしれない。
     もっとも、私はカッコイイかも?とか言っているが、正直これも意見が分かれそうだ。
     っていうか、実は内心、私の方が少数派なのでは?とか思っている(笑)。

     でも気に入らない点もいくつかある。
     オートチューニングシステム「G-Force」ってのが搭載されている。
     これまでロボットチューナーと言っていたヤツの改良版だよね?
     え~と、私これは要りません。
     でもね……、きっと一度使ったら「これは便利!」と言う気はする(笑)。
     使う人を否定する気はゼロだが、初心者にはお奨めしない。
     きっと自分の耳でチューニングすることを学ばないまま進んでいきそうだから。
     とはいえ、オフにして普通に使うこともできるのか?でも付いてたら使っちゃうでしょ!?

     トラディショナルだけどコイルタップもできるのね?
     う~ん、コイルタップは好評なのか?意外とみんな使うのかね?
     確かに音のバリエーションが増えるのは事実だが。
     そのうちギブソンUSAのレスポールは全機種コイルタップ付きになったりして……。 
     私は要らないなぁ~。
     買いもしないクセに文句を言うのも何だが……。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ  

    正確に弾けるからこそ

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     さて、今回は音楽について書く。
     このままでは、ただのスポーツ好きのオッサンだと思われてしまう。
     まあ当たらずとも遠からず……か?

     音楽は基本、リズムや音程が合っているべきモノである。
     まあしかし、クラシックは例外かもしれないが、それ以外のジャンル、特にロックの場合だと微妙にリズムが合っていなかったり、ミストーンが出ていても、それがカッコイイ場合がある。
     つまりたとえばギター・ソロとかで、リズムがヨレているんだけど、むしろそれがクールだったりすることがある。

     じゃあその辺を思いっきり拡大解釈して、

    「ロックのギター・ソロなんてリズムが合ってないとか、ミストーンが出ていてもイイのだ!」

    となるのか?イヤイヤ、そうはならないんだよ。

     私が最近思うことを、今回発表するのであります。(敬礼!!)
     リズムがヨレたりミストーンが出ていてもカッコよくなる場合ってのは、その演奏者が実はそれを正確に弾ける場合……、つまり、そのリズムがヨレちゃったりしたのは“タマタマ”で、ホントはキチンと弾けるだけの技量を持っている場合なんじゃないのか?

     その演奏者の技量以上のフレーズを弾こうとして、その結果リズムがヨレたりミストーンが出ている演奏では、それが思わぬカッコ良さを生み出すのは難しいのではないか?そこに在るのは“ただのヘタな演奏”でしかない!……みたいな。

     うん、そう思うのだよ。
     ミスしているけどカッコイイというのは、それを生み出す背景に“正確に(も)弾ける”ということがあるのでは?
     まあ、“弾けないんだけど偶然カッコ良くなる”というのもゼロではナイかもしれないけが……。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

    喜びに溢れている

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     GPシリーズ・スケートアメリカ女子シングルについてもムダに書く。
     そう言えば、恒例となっている(?)GPシリーズの放送の酷さ加減について今季は書いていないが、地上波は観ていないのであるよ。BSでやや時間遅れであるが、男女シングルに関しては全滑走放送するからそっちを観た。地上波はちょっとはマシになったの?スマン、ムダなことを訊いたな。

     優勝したラディオノワ。
     う~ん、彼女は素晴らしい!
     以前も書いたが、彼女は「スケートを滑る喜び」に溢れている。
     随分と身長が伸びたような気がするが、まだ悪影響は出ていないようだ。
     今季は勝ち続けるのでは?そんなに甘くないかね?
     まあ、ソトニコワとリプニツカヤ次第かとも思えるが、リプニツカヤはともかくソトニコワの今季はモチベーションがどうなのよ?そう考えている人も多くないか!?
     イヤ、当ブログでは随分前に「ロシア女子シングルの本命はソトニコワ」と書いていて、その意見を変えるつもりはナイのだが……。

     2位のタクタミシェワ。
     フィンランディア杯で観た時は、身体が随分と絞れていて、今季はやる気なのね?と思ったのだが、なんだかまたやや元に戻ってしまったか?
     個人的には彼女の腕の所作があまり好きではない。

     3位のグレーシー・ゴールド。
     え~と、ウエストを家に置いてきてしまったか?
     まだまだ仕上がっていない感じだ。
     北米勢で応援している数少ない選手なのだが……。

     ところでエキシビションで見たのだが、アイスダンスのステパノワ/ブキン組(ロシア)のブキンの髪が随分とサッパリとしていた。以前当ブログでブキンについて“髪多すぎじゃねぇ?”と書いたことを知っている(覚えている)人など皆無だと思うが、ブキンは当ブログを読んでくれたのだろうか?(んなワケねぇ~だろっ!)
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

    音声にはうるさいのだ

     何度も繰り返しますが(笑)、ギターのレッスンを承ります。
    「受けて良かった!」と思わせる自身は700%ぐらいありますので、お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     で、今度はサッカーだ。
     先週末は“クラシコ”だった。そしてまあ予想通りだったのだけどマドリーが勝った。
     マドリーと言えば、先週のCLリヴァプール戦。
     私はユナイテッド・ファンゆえに、今季のCLは一歩引いて観ている感じなのだ。
     不思議なモノでユナイテッドが出ていないと、いつもはライバルであるプレミアのクラブに勝って欲しい気がするな。
     まあそれはそれとして、そのリヴァプール×レアル・マドリー戦。
     1点目、ハメス・ロドリゲスのパスをロナウドが決めたゴールは素晴らしかった!
     あそこからあのタイミングで脚が出ちゃうのね!?
     あんなの決められたら、リヴァプールも勝ちようが無い。

     ついでに書いておくが、今回のクラシコの実況アナウンサー氏の声と口調がとても苦手な私だ。最近、WOWOWのリーガ・エスパニョーラの中継をほとんど観なくなったのは、実はこのアナウンサー氏が嫌いだからだったりする。え~と、私、“音声”にはうるさいんだよ!

     ってな感じで、話はプレミアに移る。
     ユナイテッド×チェルシー戦。
     正直、どうせ勝てるわけがない!と思っていた。
     ただ、アンチ・チェルシーの私としては、リーグ戦でチェルシーに負けるのが一番腹が立つ。チェルシーには、イバノヴィッチ、アザール、ラミレス、シュールレなど好きな選手がけっこういたりするのだが……。ところで最近ここにウィリアンが加わったのである。実は先日サッカー情報番組でウィリアンのインタビューを観る機会があった。ウィリアンってその見た目の印象と全然違ってインタビューとか苦手なのね。てっきり、

    「陽気なメキシカン!(ウィリアンはブラジル人だって!)」

    だと思っていた。でもそれがむしろ好印象だった。なんだか応援しようという気になってしまった(笑)。

     仕様とはいえ、どうしてこんなに脱線してしまうのだろうか?
     そうそう、ユナイテッド×チェルシー戦ね。ロスタイムにファン・ペルシーのゴールで追いついたのは、ほとんど奇跡か?でもさ、ファン・ペルシーもこの試合はチームを救ったと言えるかもしれないけど、今シーズンはもう決定機を4、5回は(もっとか?)外している。全然ダメである。私だったらスタメン外してると思う。

     ってなワケで、頼りになるのはディ・マリア、ブリント、デ・ヘアだけだってぇ~のに(あっ!?ルーニーが帰ってくるか)、次節はマンチェスター・ダービーである。
     シティはホームだし、前節ウェストハムに負けてるし、モチベーションから言っても、戦力から言っても、ユナイテッドに勝てる要素は皆無かもしれませんな。そう思っていれば気楽に観られるし、きっとテニスで気を紛らわせることになるでしょうな(笑)。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    毎日が8月31日

     ギターのレッスンを承ります。「そうだったのね!?」というコツを伝授致します。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     さて、例によってテニスである。ムダにテニス記事が増える傾向にあるが、この時期は仕方ないのである。
     ってなワケで、ATP500バーゼル大会。
     決勝はフェデラーの快勝。ゴフィンはほとんど何もできず。 
     フェデラーは観客の大声援を受けて、フォアハンドが「何で?」となってしまうようなこともなく、上海からの好調を維持している。っていうか、昨日のカルロヴィッチ戦で苦戦したのが生きているのかもしれない。ランキング1位の可能性は当然残っているのだが……。ホント、パパになったジョコヴィッチがどういうスタンスで来るのか?ということに尽きる。フェデラーがもし1位になったらスゴイことだが、そうなったらなったで、
    「今年グランドスラム勝ってないのにどうよ?」
    という人がいるだろう。確かにフェデラー・ファンの私でもちょっと微妙である。

     そしてATP500バレンシア大会。
     マレーとロブレドが死闘を展開。最後はマレーのファイナルズへの意欲が勝ったか。
     これでマレーはここ1か月で3度目の優勝。
     レースランキングでも錦織を抜いて5位浮上。ツアーファイナルズへの出場が濃厚となった。このところのマレーの頑張りについて、とある掲示板で、

    「毎日が8月31日の小学生のようだ!」

    と書いている人がいて、笑ってしまった。
     果たして力は残っているのだろうか?
     幸いなことに、今年からマスターズ・パリ大会とツアー・ファイナルズの間が1週間空く。これがあるから頑張れたのかもしれない。とはいえ、だからといって誰にでもできることではない。やっぱりマレーは異星人なのである。

     ってなワケで、本日よりマスターズ・パリ大会である。
     ファイナルズの出場者がいよいよ決定する。
     まあ現在の順位が変わらずに決まるような気がするが……。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック