FC2ブログ

    キャパシティ?それとも反比例?

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページにてお問い合わせ下さい。ついでに私の楽曲もよろしくお願いします。

     ってなワケで、今回はベースについて書く。
     相変わらずそれなりにベースの練習は続けている。
     とはいえ、やはりせいぜい1日1時間程度。
     う~ん、これでは現在のレベルの維持がイイトコかもしれない。
     しかしながら気になるのは、“維持”どころか右手のスピードが日に日にキツクなっていることである。
     これはメトロノームを使っているから“勘違い”ではナイな。

     お前はオッサンだから単に体力の衰えじゃねぇ?
     という話かもしれないが、それだったらギターも衰えるはずである。
     でもね、ギターは全然そんなこと無いんだよ。

     ギターはピック弾きで、ベースは指弾きだから右手の動作は違う。
     だから簡単に比較はできないんだが。

     別にベースを弾いている時に、右手のどこかが痛くなるようなことはないし、異常に疲れるとかもない。むしろ以前よりも疲れもないし痛くもナイ。う~ん、フォームが良くなった!とか一時期喜んでいたのだが、楽器は難しいよね!?

     人の楽器演奏力のキャパシティは決まっていて、ギターが最近調子イイから、その分ベースの技術が落ちているとか無いよな?(笑)
     それともギターのフラット・ピッキングとベースのフィンガー・ピッキングってのは、技術が反比例することになってるのか?
     それも無いよね!?

     先ほどムダにネットで、

    「ギターとベースを同時に弾くとその技術は反比例する!!」

    という報告が無いか探してみたが、もちろん、そんなレポートは無い!(と思う)
     イヤ、“ギターとベースを同時に弾く”ってのは、2本一緒に弾くってことではないぞ!
     イヤイヤ、そんなこと誰も思わないか。

     ってなワケで、どういうオチにしようか、書いてるうちに考えつくかと思ったんだけど、別に何も思いつきませんな。残された時間は決して多くないと思われるのに、ベースで悩む日々なのである。そんな感じで、本日はご勘弁頂きたい。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック