FC2ブログ

    再確認

     ギターのレッスンを承ります。ちょっとしたコツを掴んでライバルを出し抜くには最適だと思われます。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     さて、本日はストラトキャスターの話である。
     私は基本“ストラト弾き”ではナイので、偉そうなことはあまり言えないのだけれど、ストラトのサウンドキャラクターにはあまり太い弦は合わないと思っている。
     だから、以前当ブログやホームページでも触れているように、レスポールやSFにはレギュラー・スリンキー(10~46)を張っているが、ストラトはあえてスーパー・スリンキー(09~42)を張っている。

     しかしながら、素敵な牛舎の友人からハイブリット・スリンキー(09~46)を2セットもらったり、レコーディングの都合でレギュラーを張ったりで、Bladeにはスーパー・スリンキーをしばらく張っていなかった。そして何となく「もう全部レギュラーにしちまうか?ゲージを1種類にした方が管理も面倒が無くなるし!」とか考えていた。イヤ、これは私のメイン・ギターがレスポールだからであり、メインがストラトだったらこうは考えないのだが……。

     で、レッスン前にBladeの弦を張り換えることにした。
     ここで私は考えた。
     レギュラーのストックは沢山あるが、スーパーのストックは残り3セットと、1、2、3、5弦がバラで数本。今後レギュラーで行くのなら、レギュラーを張るべきかもしれないが、逆に考えれば、スーパーのストックをとっとと使い切ってしまうというのもアリか?

     でもBladeにはこのところスーパーは張ってないしな。スーパーはTokai で使うか?とかムダに悩んでしまった。どっちでもイイだろうっての!?

     そして悩んだ挙げ句、スーパーを私は選択した。
     ストラトにはスーパーが合っているという従来の考えを押し通したというよりは、

    「もうレギュラーで行くモンね!スーパーを使い切るモンね!」

    という気持ちの方が強かったのは秘密だ。そして久しぶりにBladeにスーパーを張ったのだが……、う~ん、多分4か月ぶりぐらいなんだよスーパー張るの。そうしたら違和感アリまくりなんだな。何だか“やっぱレギュラー張れば良かったよ”とか思ったんだな。

     でも張ってしまったものは仕方がない。スーパー・スリンキーに張り換えられたBladeをレッスンに持って行ったのだ。スタジオにあったローランドJC-120はガリだらけで、大丈夫か?というような酷い状態だったのだが、スーパー・スリンキーのBlade君は、とてもイイ音を奏でましたな。う~ん、やっぱストラトにはスーパーの方がイイかも(笑)。

     気持ちとしてはレギュラー一択で行く!と気合いを入れてみたのだが、やっぱりストラトにはスーパーなんだな。結局従来の感覚を再確認しただけで、またスーパー・スリンキーも買うことになりそうである。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック