FC2ブログ

    力を抜いて呟いてみる

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。
     
     ってなワケで、ムダに今季初のフィギュアスケートの記事である。
     力を抜いて呟いてみる。GPシリーズ・スケートアメリカ男子シングルについて。

     ビチェンコ(イスラエル)が出場していた。
     私は以前当ブログで書いたことがあるけど、彼が嫌いである。
     でもかなり今季は身体を絞ったね。
     それ故、良くなった気がする。
     もっともビチェンコは私にとって、「チャイトの今」を確認する存在なのである(笑)。 
     でもチャイト来てねぇ~じゃん!

     ナム・グエン(カナダ)は随分と背が伸びたね。
     スケート技術も同時に伸びているのは確かだな。
     ただ、何と言うか、彼は器用貧乏的な選手になってしまう気がする。
     まだ若いのだからもっと良い意味で“脆さ”が在っても良くないか?
     順調に成長して“良い選手”になるのは確実って感じだが、「とんでもないモノを魅せてくれる選手」にはならないんじゃないか?とか言っておく。

     ジェレミー・アボット(アメリカ)は引退を撤回して、今季も現役を続ける。
     それは大変嬉しいことだ。年齢的なことを考えると際立った結果は出ないかもしれない。
     でも今季のフリーは素晴らしモノになりそうである。
     キチンとジャンプが入らないと結果は付いてこないだろうけど、「とんでもないモノ」になる可能性があると思う。

     町田樹は圧勝だった。おめでとう!!
     競技会の結果としては文句の付けようは無い。
     ただ……、怒る人もいるかもしれないけど、あの交響曲第9番は好きではない。
     イヤ、アレをできる人なんてそうそういないとは思っている。
     でもあれは……、熊川哲也(バレエ)だよね。
     それがちょっと「フィギュアスケートとしての素晴らしさ」とはズレているような気がする。
     まあギター弾きのオッサンがただ言っているだけだと思って頂きたい。
     そんな感じである。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ  
    スポンサーサイト



    ソッコーで更新告知

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

     ってなワケで、今回は告知です。
     ホームページが更新されました。
     ホームページの更新は日曜の遅い時間にされるから、当ブログでの更新告知は月曜日ということがこれまで多かったのですが、今回は更新後ソッコーで告知します。
      
     それは今回の更新が月イチ恒例の“聴くといいかも”だからであります。(敬礼!!) 
     みんな楽しみにしていると勝手に思っているからです。
     とにかく、今回も必見かと思われます。
     まあ他に例を見ないアルバム・レビューだからね。
     とにかくそんな感じで、どうぞよろしくお願いします!
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ  

    心折れたのね

     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい!

     ってなワケで、またテニスです。
     激しいツアーファイナルズ出場権争い。バレンシアの準決勝、マレー×フェレール戦はマレーが勝ちましたな。っていうか、この二人3週続けて戦ってるよな。マレーは本日、決勝でロブレドと対戦しますが、勝っておきたいところ。次のマスターズ・パリ大会でマレーはキツいドローになってしまいましたから。でもマレーは大丈夫そうだな。

     そしてバーゼル大会。ゴフィン×コリッチ(何と17歳!)というフレッシュな準決勝は、まあそんなに真剣に観ていたワケじゃないんですが(笑)、ゴフィンが順当(?)に勝ちました。ちなみにコリッチは今年準決勝に進出するのが2度目なのですが、10代の選手がATPツアーでシーズン2度の準決勝進出は10年ぶりらしいです。えっ!?その10年前は誰だって?ナダルに決まってんだろ!(笑)

     そしてもう一つの準決勝はフェデラー×カルロヴィッチ。
     フェデラーが年上と対戦するなんてね。
     まあカルロヴィッチはある意味別格ですけどね……。
     カルロビッチは言うまでも無くビッグ・サーバーです。
     ビッグ・サーバーの試合はツマラナイとよく言われますな。イズナーとかラオニッチとかね。
     まあ概ねその意見には賛同できますが、私、カルロヴィッチの試合だけはムダに楽しめます。それはやっぱり、いかにツマラナイとは言え、“一番”ってのは凄いと思えるからです。身長211cmってのはほとんど反則ですが、まあ一芸名人というか、あのサーブはやっぱり他では観られないですからね。セカンドサーブのスピードが190kmとか意味判らないよね(笑)。その上あの角度ですからね。

     ってなワケで、カルロヴィッチは上位選手にとっても厄介なのは間違いない。
     あのサービス・ゲームをブレイクするのは骨が折れますから、自分のサービス・ゲームでプレッシャーもかかるしね。
     で、昨日のカルロヴィッチはかなり調子が良かったんですよ。
     ファースト・サービスの確率が73%って……。
     あのサービスでその確率なのにフェデラーもまあよく勝てるモンだ。
     とはいえ、バーゼルはフェデラーの地元。観客がアシストした感じではあります。(敬礼!!)

     いつも思うのですが、バーゼルって観客の年齢層が高目だよな?
     スイスはこのところサッカーが、代表もクラブも強いから若者はそっちに行っちゃったのか?
     まあそれは置いておいて、ファイナルセットの第4ゲーム、カルロヴィッチのサービスで0-30になって以降、観客の雰囲気が異様になりましたな。ファースト・サーブがフォルトになっただけで大歓声。若者がただ騒いでるだけというのとは違い、何だかカルロヴィッチにとっては重く辛い反応だったことでしょうな。うん、アレで心が折れちゃいましたな。ちょっと可哀想でした。でも観客も大人げなかったと反省したのか(?)、フェデラーがそのゲームをブレイクした後は、カルロヴィッチにも声援を送っていたように感じましたが……。まあ私だけかね?そう感じたのは。

     ってなワケで、決勝はフェデラー×ゴフィンとなりまして、フェデラー×カルロヴィッチ戦とは全然別の競技に見えるでしょうな。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック