FC2ブログ

    ロゴ入りなら仕方あるまい

     ギターのレッスンを承ります。都内に来られる方なら誰でもOKです。ホームページに載っているメールアドレスよりお問い合わせ下さい。

     さて、昨日は当ブログでは非常に珍しく短い記事であった。
     だから本日はその反動で長くなるかもしれない(笑)。
     だってギターの話だからさ。しかもピックアップの話である。

     私のメインギターであるレスポール・カスタム(黒)はフロントがダンカン・'59(SH-1)、リアにダンカン・カスタム(SH-5)を載せている。これは元々のオリジナル・ピックアップのハウリングが酷かったために、リペアマンさんなどにアドバイスを頂いた結果そうなった。で、結果としては非常に満足している。

     そのダンカン・サウンドに気を良くした私はYAMAHA SH-7000のピックアップもダンカンに載せ換えた。フロントは同じく'59。ちなみに私、このピックアップは素晴らしいと思う。とても“深みと艶”のある音がする。ダンカン・'59さえあればご飯は3杯いける感じである。
     で、リアはちょっと考えた。YAMAHA SF-7000はボディ材の関係からレスポール系の音なのだが、さすがにそのボディの厚みや重さの違いにより、レスポールほど太い音ではない。だから、より太い音が出るであろうダンカン・JB(SH-4)をチョイスしてみた。

     その結果、レスポールよりも太い音になってしまった(笑)。後悔しているというほどではないが、“ちょっとやり過ぎか?”と思う程度には太い音になってしまったのである。う~ん、どうやらこのSF-7000のオリジナル・ピックアップが、後で調べて判ったのだが、やや中高域寄りのピックアップだったらしい。
     だから全国に非常に少ないと思われるYAMAHA SF-7000のオーナーさんに言っておくが、ダンカン・JBはあまりお勧めしない。まあ「俺はスンゲ~太い音にしたいんだよ!」という人なら止めないが……。

     ってな感じで、ピックアップってのはその単体での評判は確かに目安にはなるだろうが、実際にギターに載せてみるまで判らなかったりする。ピックアップを換装する時は、
    「気に入らなかったらまた別のに換えるさ!」
    ぐらいの余裕がある時にするべきかも。

     ってなワケで、ここまでは前置きなのである。
     つまりダンカン・ピックアップへのムダな愛を書いてみたのである。
     で、本題に入るのだが、先日私の生徒さんがレスポール・カスタムの中古を買ったことを書いた。
     で、中古だからリア・ピックアップがダンカン・JBに換えられていた。
     ところでこの生徒さん、結構ピックアップを余分に持っている。
     それでリアは'57クラシック(ギブソン製)に換えてしまった。 
     私が弾かせてもらった時は既に'57クラシックに換えてあった。
     ちなみにそのギターは先日のブログでも書いたが非常に高域が“カキ~ン!”と出る。 
     ひょっとしたら、音そのものはJBのままの方が良いのかもしれない。

     しかし、載せ換えた理由を訊いたら納得してしまったのである。
     そのダンカン・JBはロゴ入りタイプなのな。
     え~と、あのダンカンのロゴはいつから入るようになったの?
     とても格好悪いと思うぞ。

     セイモア・ダンカンは非常に評判の良いメーカーだから、ダンカンを使っていることでバカにされるようなことはナイ。
     だから、ピックアップの表面にブランド名が入っていて、何を使っているかバレて恥ずかしいなんてことはない。
     むしろ、誇らしい気持ちさえあるかもしれないな?ダンカンだったら。

     でも、あのロゴはカンベンである。見た目が非常に格好悪い。みんなそう思わないか? 
     私の場合、ギター以外でもブランド・ロゴがこれ見よがしに目立っているのは格好悪いと思う傾向にあるのだけど……。

     ムダに極論してしまうけど、載せ換えた理由が「ロゴがダサい!」ということであれば、それは立派に正義だと思う。もちろん、私個人のおバカな見解だが。
     またね。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2014/12 | 01
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック