FC2ブログ

    スケートが音楽を奏でていた

     先日“ほっけフライ弁当”について書き、生涯で初めてほっけのフライを食べたというクダらナイ記事を書いたが、早速、北海道に素敵な牛舎を持つ友人からメールが来た。
     それによると、彼は修業時代にさんざんほっけを食わされたそうな。やはりほっけは潤沢に出回っているようである。フライについては、
    「フライは、あるわな。」(原文のまま)だそうだ。
     ちなみに、当ブログではお馴染みの私の友人こと鬼ディレクター(逆じゃねぇ?)は、

    「ほっけのフライ?何でほっけをフライにする?そんなもの見たことも食べたこともない!」だそうだ。やはり関東では一般的ではないよね!?

     という軽い前置きの後に、やはりフィギュアスケート全日本選手権についてゆるく書くのである。昨日は2日目、女子シングルSP、男子シングルFSだった。

     女子シングルは村上が大きく出遅れた。ジャンプがアンダー判定だったようだ。素人の私だとそのようには見えなかったが……。ちょっと厳しかったかもしれない。ただ別に村上にだけ厳しかったワケではナイから仕方ないか……。今大会、ジャンプの判定が厳しい気がする。

     本郷は見る度に良くなっている。
     以前当ブログで、やや猫背気味で恵まれた身体を生かし切れていないとか書いたのだが、それがかなり改善されてきている。この調子で頑張って欲しい。何かムダに偉そうな私だな。

     さて男子シングルだ。羽生結弦の3連覇である。おめでとう!!でもまあ異星人だから当然か!?(笑)
     注目のジュニアの2選手だが、2人ともショートから1つ順位を上げた。
     シニアの大会ではFSの滑走時間がジュニアの大会より30秒長い。
     だから従来ジュニアの大会を主戦場としている選手がシニアの大会のフリーで順位を上げるのは難しい。しかし2人ともそれをやってのけた!!

     特に宇野は……、何なんでしょう?あの身体の使い方は。腕の脱力具合が別次元である。そしてその腕が音楽と完全に同期して必要な時に完璧に動く。もちろん腕だけでなく足下の同期具合にもちょっと圧倒される。音楽と一体である。

     果たして2位になった宇野はシニアの世界選手権代表に選ばれるのか?
     私個人の意見だが、やはり宇野は世界ジュニアに出るべきかな。そこでジュニアチャンピオンになって、高橋、織田、小塚、羽生の系譜に続いて頂きたい。まあ本人サイドもそのような意向みたいだが。

     しかし昨日、私の最大の喜びは……、小塚である。
     GPシリーズは不調であったが、あのフリーは仕上がれば絶対に素晴らしいモノになると思っていた。音楽に乗って滑っていると言うよりは、小塚のスケートが音楽を奏でていたと思う。え~と、私は泣いてしまった。
     これで世界選手権の代表の可能性も出てきた。というか私個人は“決定でイイだろ!?”とか思っていたりする。でもそうなると町田か無良か出られなくなる。ホントに日本男子シングルは悩ましいのである。
     またね。
     ギターのレッスンを承ります。お気軽にホームページよりお問い合わせ下さい。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2014/12 | 01
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック