FC2ブログ

    フィギュア全米選手権の無意味な感想

     フィギュアスケート全米選手権。
     今季のアメリカは男女シングルともに世界選手権の出場枠が3枠ある。
     昨季はオリンピック・イヤーだったので、派遣選手の選考に過去の実績が加味されたりしていたが、例年アメリカは国内選手権の一発勝負で決められるのが普通だ。

     まあアメリカの代表選手がどうなろうと別にイイや!という気もするが、ジェイソン・ブラウンとグレーシー・ゴールドが世界選手権にいないのはまずいかもしれないな。
     ってなワケで、ムダに感想を書く。
     相変わらず公式記録とはならないから、スコアは“盛り盛り”である。
     ジャンプの判定が国際大会よりも厳しいのでは?と思われた全日本選手権と比べるとほとんど別競技である(笑)。まあでも国内で勝手をやる分には誰に迷惑がかかるモノでもない。でも、あんまり盛りすぎると自国の選手がワケ判らなくなるんじゃない?

     男子シングル。個人的にはジェレミー・アボットには何とか3位以内に入って欲しかったが……。
     厳しいとは思っていたけどね。
     ただ、アダム・リッポン(2位)が久しぶりに良い出来だったのは喜ばしい。
     ダウングレードだったが4回転ルッツに挑んだ。そのチャレンジ精神に拍手を送るとともに世界選手権出場におめでとう!と言わせてもらう。

     優勝はジェイソン・ブラウンだ。
     これは予想通りだった。相変わらず4回転は無いのだが、彼ほど音楽を上手に捉えて滑ることができる選手は他にいない。しかも音楽のジャンルも問わない。音感という点ではずば抜けている。観ていて楽しい選手である。
     
     そして3位に入って最後の世界戦チケットを手にしたのがジョシュア・ファリス。
     当ブログでも以前ジュニアの時に注目だと書いただろ?イヤ、別に偉くはないな。
     彼もとても素晴らしいスケーターだと思う。個人的にはマックス・アーロン(4位)を弾き飛ばしたのは大歓迎だ。う~ん、私はアーロンに厳しいよな?でもやっぱり彼はツマランからな。

     ってなワケで、アメリカの世界選手権派遣選手は、ブラウン、リッポン、ファリスの3名となった。美しいスケートを見せるという点では申し分ないが、シニアに上がってからの国際大会での実績が無いのがやや不安かもしれない。来期以降の3枠確保は充分可能だろうがやや不安も残るかな。

     女子シングルはアシュリー・ワグナーが優勝した。
     ショートもフリーもほぼクリーンだった。
     私がアシュリー・ワグナー嫌いなのは、当ブログの読者様ならご存知であろう。
     うん、やっぱりツマラン!っていうか、観ていて肩が凝る。
     でもスポーツの競技会なのでこの優勝には全く文句はナイ。好きじゃないだけだ。

     2位がグレーシー・ゴールド。まあファイナルを欠場していたので、優勝はナイと思っていた。世界選手権出場を決めたので良しとするか。っていうか、一体どんな立場の物言いだろうか(笑)。

     ポリーナ・エドムンズは4位だったのだが、3位のカレン・チェンがジュニア世代の選手ということで、世界選手権の出場権を手にした。これも一安心。彼女には頑張って頂きたい。

     ってな感じで、ほとんど内容が何もナイ感想だったな。感想とさえ言えないかもしれない。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中。1時間3000円+スタジオ代です。

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2015/02 | 03
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック