FC2ブログ

    放蕩息子

     私はレスポール弾きである。
     エレキ・ギターを始めた時からそうだったワケではナイが、最初のエレキ・ギター、YAMAHA SF-7000というギターもブリッジ部分はレスポールと同じ構造である。
     つまり、右手に関するギターの弾き心地に関してはずぅ~っと“チューン・オー・マチック・ブリッジ”が染みついている。

     だからフェンダー・タイプのブリッジは苦手である。
     もう何度も書いているな。
     で、弾き心地がイマイチなだけではなく、フェンダー・オールド・タイプだとボリュームノブの位置が近過ぎて、右手の小指が触れてしまう。触れてしまうだけでも充分邪魔なワケだが、尚かつヴォリュームが回って(下がって)しまう。
     これも、もう何度も書いているな。

     結局のところ、右手の小指の振る舞いが問題なのだ。
     そう、彼(右手小指)は30年以上の間、勝手に放蕩息子のように振る舞っていたのである。もう好き放題だ。チューン・オー・マチック・ブリッジは彼が何をしようともお構いなしで、散々甘やかしてきたのである。

    “小指がきっと羽なんだな”という記事で書いたように、放蕩息子はいつも解き放たれていたのだ。

     ところで、結局はこの放蕩息子が遊び回らなければイイのである。
     勝手に動くから、高音弦を弾く時にボリュームをまたぐことに失敗し、結果としてボリュームに触れてしまう。
     北海道の素敵な牛舎を持つ友人が言うには、“センターピックアップ付近で弾け!”とのことだ。う~ん、これはちょっとしたヒントかもしれないと思った。

     もうちょっとピッキングポイントをネック側にずらせば!?どうせフェンダータイプのブリッジなんて私にとって右手の据わりは悪いのである。

     早速試してみた。そうだな、さすがに1センチはずらせないから3~5ミリ程度ネック側にずらしてみた。実はこの程度でもそれなりに効果はある。右手小指は常にボリュームの上側、つまり1弦とボリュームの間に置いておくことが不可能では無くなった。

     やや窮屈ながら、何とかそれで弾き続けてみた。でもやっぱり小指に羽が生えて飛び出してしまうことがある。それで考えたのが、
    「薬指と小指をテープで纏めるのはどうよ?」
     しかし賢明な読者様なら直ぐに気づいたと思うが、それでは指弾きの時に薬指が使えまい!?まったくアホなことを考えた私だ。

     ってなワケで、しばらくはこの放蕩息子の生活態度を改めてもらうことにする。
     ちょっとだけ心配していることは、レスポール系のギターを弾く時に悪い影響が出ることだ。小指が大人しくなったら今度はレスポール系が弾きづらくなったりして?ムダに続報を待て。(待たねぇ~よ)
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    ヒレカツ難民

     北海道に素敵な牛舎を持つ友人に因れば、北海道では決してほっけは幻では無いようだ。
     まあそれはこの際どうでもイイ。
     で、昨日の夕食はカツ丼だった。もちろん自家製である。実はけっこう久しぶりだったのだが、それにはムダにドラマが有ったのだった。

     カツ丼を作る時にはマイルールがある。
     ヒレカツであることだ。
     イヤ、実は私個人は別にロースカツでも平気なのだが、相方はヒレカツじゃないとイヤなのだそうだ。だから基本“ヒレカツ丼”である。

     何故久しぶりだったのか?
     そう、更にマイルールがある。
     カツ丼の時のカツはスーパーの総菜コーナーで売っている出来合いのモノを使うのである。何故か?実はヒレカツなんざぁ自分でも作るのである。しかしながら、自家製のヒレカツはそのまま食べたいのである。ワザワザ余計な手間(大したことないが)をかけてまで、自家製のマーベラスな(笑)ヒレカツを丼にするこたぁ~ナイ。

     で、以前は2週に一度ぐらいはヒレカツ丼を食べていた。
     近所のスーパーでヒレカツを買っていたのである。確か毎週金曜とかが“ヒレカツ特売の日”だったのである。ところが、それがいつの間にか“チーズチキンカツ”に取って代わられてしまった。そう、そのスーパーでは“ヒレカツの日”が姿を消したのである。

     それでも当初はそれほど問題が無かった。
     何故ならそのスーパー以外でもヒレカツなんざ売っている。カツ丼が食べたければ他で買えばイイだけだった。

     ところで、我が家の周辺はちょっとしたスーパー激戦区である。
     まあユーザーの我々にとっては都合の良いことなのだが、スーパーのチラシを見るとその余りの安売り合戦の果ての「マジか?」というような特売品もチラホラあり、共倒れにならないのかとムダに心配してしまうほどである。

     さて、私がヒレカツを入手していたスーパーは、近所の激戦4件のスーパーでは最寄りになる。家から最も近いというのも理由の一つではあるが、加えて価格戦争でもややリードしている感があり、この地区のオピニオン・リーダー(笑)的存在でもあるので、どうしてもそこに行く機会は必然的に増える。

     さて、先ほど書いたが、その最寄りのスーパーはヒレカツを総菜の特売ラインナップから外してしまった。だから私はカツ丼を食べたいと思ったら、他のスーパーまで買いに行っていた。しかしながら、最寄りのスーパーが“ヒレカツ特売”の日を廃止してから程なくして、他のスーパーの総菜コーナーからもヒレカツが姿を消してしまったのである。何でよ?とも思うのだが、事実そうなってしまったのだ。

     う~ん、ヒレカツはスーパー戦争の重要な駒だったのかもしれない。
     もちろんまったくの皆無状態になったワケではないのだが、“いつ売っているのか判らない状態”になってしまった。実際、私はカツ丼が食べたいと思いワザワザ遠くまで行ってハシゴして、結果“ヒレカツ難民”となって帰ってくることを繰り返してしまった。別に“特売”じゃなくてもヒレカツさえ手に入ればイイ!とこちらが思っていても、置いていないのである。タマァ~に発見する時があるのだが、そういう時はカツ丼の気分じゃないのだな(笑)。

     ヒレカツがスーパー戦争の重要な駒(そうなのか?)であると、一つ利口になった私であるが、それと引き替えにカツ丼が食べられないのは何だかなぁ~!?

     しかしながら昨日、最寄りのスーパーに行ったらヒレカツがあったのである。しかも特売シールが貼り付けられて。う~ん、チラシには載ってなかったぞ!で、昨日は夕食を何にしようかは決めていなかったので、迷わずカツ丼にすることにしたのだ。

     通常は1パック(5切れ入り)買えば充分なのだが、鬱積されたこれまでのヒレカツ難民としての想いがスパークしてしまい(アホか?)、2パック買ったのである。イヤ、何を考えていたのだろう?きっと正気じゃなかったのだ(笑)。

     そしてこれまでの経緯をムダに踏まえてカツ丼を作った。
     はっきり言って、カツ多過ぎ(笑)。
     だしの入った鍋に敷き詰められたヒレカツは、所々重なり合っている。
     味の方は上々だったが、カツが余りにも多過ぎてだしを吸いまくり、汁気が足りなくなってしまった。しかも加えて、余りのカツのボリュームに一度には食べ切れなかった。途中で休憩を入れたアホな私である。
     え~と、スイマセン、終わります。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2015/02 | 03
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック