FC2ブログ

    世界選手権2015女子シングルSP

     ってなワケで、世界フィギュア女子シングルSPの感想をムダに書く。
     本日はムダな前置きがナイのね?
     私としてはラディオノワ(ロシア)に勝って欲しいのである。
     しかし今季のタクタミシェワ(ロシア)は絶好調である。
     そして彼女は以前から練習では成功させていると言われていたトリプル・アクセルを、この世界選手権のショートで見事に跳んでみせた。

     当ブログでは何度か書いているが、私はタクタミシェワは好きではない。
     プログラムが面白くないから……。
     しかしながら、これはスポーツの競技会であって、今季女子シングルでトリプル・アクセルを成功させたのは彼女が唯一なのだから、この結果は当然である。
     う~ん、2位ラディオノワとは8点以上も差がついてしまったか。
     今季のタクタミシェワはフリーでもほとんど大崩れすることがナイから、優勝は決まってしまったか?

     ラディオノワは前半の動きがやや硬かった。
     いつもの“スケートを滑る喜びに溢れる”感じではなかった。
     彼女は“スケート星人”だから、これが世界選手権初出場だということを、私は(っていうか、ひょっとしたらみなさんも)つい忘れてしまうのだ。本人も言っていたが、やはり緊張していたようである。

     日本人3選手は、それぞれが持てる実力を発揮出来たと思う。
     正直、今季のメンバーでは来季の出場権3枠をキープできないかも?とか思っていたが、それはアホなオッサンの杞憂に終わりそうだ。大変失礼した。

     問題なのはアメリカだね。
     エドムンズ7位、ゴールド8位、ワグナーは11位。
     ゴールドはともかく、ワグナーはフリーで順位を上げられるタイプではないから苦しいね。
     とはいえ、いくら何でも11位というのは低すぎるので、フリーの結果によって順位は上がるだろうが。3枠キープに黄色信号である。

     ってなワケで、本日の男子シングルは楽しみだ。
     どうせ地上波放送では観られないだろうが、マイケル・クリスチャン・マルチネス(フィリピン)が出るのね。
     今季は全然観てない気がする。J SPORTSの全種目・全滑走放送まで待たねばならないな。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    どんだけだよ

     う~ん、本日は全然ダメだな。
     いつも大抵ダメかも知らんが特にダメだな。
     とりあえず愛用ピックの色違いは、親切な方々のおかげもあって入手出来そうだ。
     ダメじゃないところはそれぐらいだが、それは自分が偉いわけではない。

     ってなワケで、非常に申し訳ないが本日は何も書くことがない。
     仮歌?全然進んでないよ。
     ところで、ライヴとレコーディングでは、のどの痛み具合が違わないか?
     どちらも声がガラガラになったりするが、レコーディングの方が不快な気がする。
     ライヴは楽しめるが、レコーディングは妙に神経質になるからかね?
     知らず知らずにムダに力が入っているような感じか?
     そう言えば、かのリッチー・ブラックモアのインタビューでの発言でこんなのがあった。

    「レコーディングは歯医者に行くのより嫌いだ!!」
     
     う~ん、どんだけレコーディング嫌いなのよ?とか思ったが、如何に嫌いか?というのを表現するには最高だとも思った。
     さすがリッチーである。

     ってなワケで、フィギュアの世界選手権の途中経過をどうしてもウェブで追ってしまう私だ。女子シングルは……、う~ん、良かったような、悪かったような微妙な結果になっている。まあ感想は演技をちゃんと観てからにしよう。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    仮歌は巧くいかずブキン達もどうしたのよ?

     仮歌を録っている。
     先ほどからずぅ~っとやっている。
     ムダに世界フィギュアのアイスダンスの経過を追いながら(笑)。
     ブキン達は何をやっているのだ!?
     っていうか、気が狂いそうである。
     やってるそばから言葉がコロコロと入れ替わり、その度に歌い方のニュアンスを変えなければならない。

     そう言えば、ピック問題は親切なみなさんのご協力により解決しそうである。
     みなさん、ありがとう!
     これで“色による違い”のレポートも後日書けそうである。
     っていうか、愛用ピックに色違いがあるのなら、みなさんも是非試してみていただきたい。素材にも因ると思うが、けっこう違いがあるかもしれない。そして、見た目的に一番好きではないのがグッド・フィーリングだったり、一番のお気に入りだったのが何故か最初に生産中止になったりして、「何だかなぁ~!?」という気分を味わっていただきたい。っていうか、それは俺のことだな。

     さて、ムダに気分転換をしたのでそろそろ仮歌に戻ることにする。
     しかし言葉が巧く嵌らないこともそうだが、私は自分で創ったメロディを歌いこなせないという問題にも直面している。歌の技術が感性に追いついていないのだな。
     いつものことだけどね(笑)。
     ギターなら大丈夫だから、全部インストにすべきなのかね?
     誰に訊いてるんだよ?
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    太くはできないだろ?

     当ブログへの訪問者様の検索語は、ギター関連の言葉が多い。
     100%ギター関連という日もある。
     何故か50%近くが“日野龍樹”だった日もあるけど(笑)。

     ってなワケで、そんなギター関連の検索語で、頻度こそそれほどでもないが、ブログ開設当初からコンスタントに見かける言葉が在る。で、それがムダにツボだってことを今回書くのだけどね。

     さて、ネックについては当ブログではそこそこムダにいろいろ書いた。
     だからネック関連の検索語で当ブログはヒットするようだ。
     ところで当ブログの基本理念は……、っていうか、私の基本理念なのだが、
    「ネックが太いとか細いとかでそんなに悩むなよ!」
    である。どうでもイイとまでは言わないが、そんなことで悩んでいる時間が有るなら練習に使えよ!とか思ったりする。

     ネック関連の検索語でやや見かけるのが、「ネックを細くする」とかそういうヤツだ。
     これはギター工房に頼めば可能だ。
     ネックを削って現状より細くしてもらえる。
     ただ、聞いた話だと、大抵最初は「ヤメタ方が良い。」と言われるらしいな!?
     まあネックは削っちゃったら元に戻せない。ピックアップの交換とはワケが違う。それと強度も下がるだろうから、加工後に反るようになったりとか考えられるわな。
     後で文句を言われても困るから、一度は止めるのかもね。どうしてもやって欲しい場合は、“加工後にクレームはしない!”という念書を書かされたりして(笑)。

     で、もちろん「ネックを細くする」という検索語はおかしくも何ともない。だからこの言葉が私のツボではない。しかしそれなら何でワザワザ書いたのよ?って感じだが、私のツボに入っている言葉は、これの反対語となる「ネックを太くする」なのだよ。

     え~と、これは無理だろ?ネックは太く出来ないよね!?
     それとも私が知らない秘密の(?)方法があるのか?
     そう、この言葉が私のツボなのだ。検索語の中に見かける度に、
    「できねぇ~よっ!!」と一人ツッコミをしてしまうのである。

     もちろん、「ネックを太くする」というのは、フェンダー系のギターなどで、より太いネックと交換するという意味で使ってるのかもしれないけどね。でも単に「ネックを太くする」という言葉を見たら、「できねぇ~よっ!!」とツッコミたくならないか?「太いネック」とか「ネック交換」という言葉で検索するのが適切ではないか?どうして動詞なんだよ?
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

    倉庫にひっそりと

     ムダにスポーツの話題が続いたので今回はギターの話だ。
     ピックの話である。
     30年近く愛用していたピックの生産中止を受けて、昨年の秋頃から順次ニューピックを投入し始めたことを以前書いた。(“ついでのピック話”他)
     私の使っている“META CARBONATE”というピックの素材は、カーボンに何かを混ぜたものらしいが、その色によって微妙に弾き心地が違う。というか、以前使っていたモノは違っていた。
     
     で、ニューピックにもカラー・バリエーションが6色在る。
     素材が同じなのだから、今度もきっと色によって弾き心地が違うと予想される。
     で、現在投入されているのは赤一色だけである。
     この赤に関しては一応及第点。レギュラーとして今後頑張ってもらうことは可能である。
     しかしながら、他の色の方がもっとイイ感じである可能性もある。
     だから別の色をとりあえず1枚ずつ手に入れて検証してみようと考えたのだ。

     ってなワケで、このピックを扱っている“はず”の楽器屋へ行った。
     残念ながら私が普段利用している楽器屋にはナイのが判っている。

     しかしながら、件の楽器屋の店頭には無かった。マジすか!?
     気を取り直して、別の大手の楽器屋に行ってみた。期待してもいなかったが、やっぱり無い。

     何の収穫もナシに家に帰ってから、件の楽器屋のウェブサイトを見る。
     うん、確かに載っている。ただし困ったことにアクセサリー関連は取り扱いが全て“オンラインストア”と表記されているだけで、どのアイテムがどの店舗の店頭に在るかまでは表記されていない。

     更に気づいたのだが、私が最初にこのピックをこのウェブサイトで見つけた時よりも価格が下がっている。そりゃけっこうな事だろ!?という気もするが、現品処分の匂いもするではないか!?

     既に店頭では展開されず、オンラインストアのセンターの倉庫にひっそりと置かれているだけの状態かもしれないのである。そうなると各色50枚単位でしか買えないぞ!まだ検証の段階だってのに(笑)。っていうか、店頭で展開されていないのであれば、将来的にもまた生産中止は確実だな!
     
     ってなワケで、とりあえずその楽器屋の各店舗に電話で問い合わせてみることにする。 
     何処の店頭にも置いてないんだぜ、きっと!いかにも世間とずれている私らしいだろ?
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2015/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック