FC2ブログ

    指先ではナイ

     さて、今回はギターの話である。
     珍しくマジメな話かもしれないよ(笑)。
     さて、エリクサーの検証が終了した後、Tokai ST-60に張ったのはレギュラーゲージ(10~46)である。で、Bladeストラトキャスターに張られているのはアーニーボール・コバルトのエクストラ・ライトゲージ(08~38)である。そして他の3本のレスポール系のギターに関しては、いつ何時でもレギュラーゲージが張ってある。

     つまり現在、5本中Bladeストラトキャスターだけが細いゲージが張られているわけだ。
     しかも2段階細いワケだ。
     先日“直行便”という記事で、「ゲージの違いってのは意外と慣れるモノだ。」と書いたが、その後しばらく経過したら……、う~ん、やっぱり2段階の違いはけっこうなモノだ(笑)。

     あまりにも違うのでBladeでチョーキングするとピッチが上がり過ぎてしまう……、というのはウソだ。イヤ、実はこの話をするんだけどね。

     もちろん、お前は30年以上もギターを弾いているのだから、ゲージが軽くなったくらいではチョーキングミスなんてしないだろ?という話でもある。まあね、そりゃそうなのだ。

     ただ、今回言いたいのはそういうことではない。
     私の技術がマトモだからチョーキングミスをしない!というのは確かなのだが、その技術の根本はどこから来ているのか?という話をしたいのだ。

     つまり私はチョーキングを指先でやっているワケではナイ!と言いたいのだよ。
     
    「チョーキングは耳でやるんだよ!!」

    こう言いたいのである。お判りだろうか?きっとテストに出るぞ!
     以前もギターを弾くにはアタマを使え!(“次はアタマだ”)というようなことを書いたが、こういうことなのである。
     つまり私のレッスンはこんな感じなんだな。
     ギターはただ単に指先を鍛えて身体で弾くモノではナイのだ。
     アタマ(というか感性か?)も非常に重要なのだ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2015/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック