FC2ブログ

    何故なんだ?

     何かをしている時に、ふっとアタマをメロディがよぎることって有るよね?
     無意識のうちに鼻歌を歌っていることとかも有るよな!?
     誰にでもあることだと思う。
     当然私にもある。
     だって私はギターが弾けるオッサンだからね。
     多分普通の人よりもそういう機会は多いだろうな。

     で、こういう時ってのは、ほとんど例外なく“お気に入りのあの曲”だったり、“思い出のあの曲”だったりすると思うのだよ。
     私の場合にはそこに更に“現在進行中の悪戦苦闘している新曲”とかも含まれたりする(笑)。

     まあこれは普通のことなのだ!と思う。
     ふっと無意識のうちにアタマをよぎるメロディ(曲)ってのは、そのメロディを思い出すだけの理由があるのだよ。スゲ~好きな曲という場合も多いだろうし、良い思い出にせよ苦い思い出にせよ、その時に流れていた曲だったりとかさ。

     しかし最近ちょっと気になることがあるのだ。
     その私のふっと思い出すメロディ・リストの中に、
    「何でこの曲が浮かぶのだ?」
    という曲が1曲だけ有る。
     その曲についての思い出など何も無いし、その曲が特別好きなワケではナイ。

     で、その曲を今回ムダに発表するのである。
     それはVAN HALENの「Finish what ya stated」(“OU812”収録)だ。
     VAN HALENはとても好きなバンドだ。
     しかしこの曲は別に好きではない。っていうか、VAN HALENなら他に好きな曲は山ほど有る。

     しかしながら、何かをしている時に、やたらとこの曲の、
    “♪~Come on baby finish what ya started~♪”
    というサビの部分がアタマの中を流れるのである。
     実はホントはこの曲、スゲ~好きなのかも?とか思って、先ほどじっくり聴いてみた。 
     う~ん、やっぱりそんなことはナイ(笑)。
     嫌いなワケじゃないけど、別に鼻歌やアタマの中に流れてくるほどの曲には思えない。 
     ちなみにこのアルバム“OU812”だったら「Mine all mine」とか「When it's love」とか「A.F.U(Naurally wired)」とか「Feel so good」とか、この曲より好きな曲はいっぱいあるのだ。
    「Mine all mine」なんてスゲ~好きで、もう神か?とか思うくらいなのだが、それでもアタマの中を流れる頻度で言ったら、「Finish what ya stated」の方が圧倒的に多い。

     っていうか、回数じゃないわな。どうして好きでもないこの曲がアタマの中をよぎるのか知りたいのである。みなさんにもこういうことっていうか、好きでもないのに何故か何度もアタマをよぎる曲ってのがあるだろうか?

     他に“好きでもナイのにアタマをよぎる曲”ってのが7万曲ぐらい有るのなら、別に気にも留めない。単に私のアタマの中は“これまでに聴いた曲の垂れ流し状態”ってだけである。しかし限られたアタマをよぎる何十曲のうちで、好きではない曲はこの曲だけなのである。だからムダに気になる。しかし何とも非生産的な事柄に気を取られている私である。そして、それについて読まされたみなさんも大変迷惑な事だったかもしれない。ゴメンナサイ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    結局ワンツー対決なのな

     さて、本日はリヴァプール×ユナイテッド戦だな。
     しかし全然盛り上がらないな。
     プレミア・リーグも2位以下の争いは熾烈だったりして、自分的にはもうちょっと盛り上がってもイイかな?とか思うのだが……。
     一応言っておくが、ユナイテッドが勝つとはまったく思っていない。
     勝てる要素が無いだろ?
     しかも、そんな私の気持ちを後押し(?)するかのように、サイクルロードレースの5大クラシックレースの一つであるミラノ~サンレモが被っている。
     リヴァプール×ユナイテッド戦があるのを忘れているふりだって可能だ(笑)。 

     というムダな前置きの後。
     ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会準決勝。
     ジョコヴィッチ×マレー戦はジョコヴィッチの完勝だった。
     と言うよりはマレーの調子があまりにも悪く大凡戦だったのな。
     マレーの復活を信じているのだけど……。

     そしてフェデラー×ラオニッチ戦。
     ラオニッチも頑張っているのだが、フェデラーのバックハンドがキレキレであった。
     ラオニッチにもチャンスは有ったのだが、ここぞ!という時のメンタルに開きがアルかもしれない。
     フェデラーは今季16勝1敗。
     う~ん、今年34歳になるというのに生涯勝率を上げているとは笑うしかない。

     ってなワケで、ドバイに続き決勝はまたもやワンツー対決となった。
     結局のところ収まるべき所に収まった結果ということか?
     っていうか、今季はジョコヴィッチが負けそうな相手はフェデラーだけであり、またフェデラーが負けそうな相手もジョコヴィッチだけという感じでもある。
     まあ彼らの試合はいつでも面白いのでそれは歓迎だけど。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2015/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック