FC2ブログ

    ちょっとした力を集中する

     フィギュアスケートペアの高橋/木原組がペアを解消するようだ。
     当ブログでも以前“決断が必要だ!”とか偉そうに書いてみたが、そうか、決断したのね。
     両選手には今後も頑張って欲しいと思う。

     ってなワケで、前置きとは関係なくギターの話に移る。
     昨日“右手と左手”という記事を書いたが、試してみた方はいるだろうか?
     
     さて、左手が負けてしまった人に向けて書く。
     ギターを弾くのに握力が必要だと思っていないだろうか?
     結論を言ってしまうと、単音であれば握力はほとんど必要ない。
     コードだと多少は必要な時もあるけど……、とはいえ小学生並みの握力で事足りるのだが。

     試しに左手のどの指でもイイから、その一本だけでどこかフレットを押さえて音を鳴らしてみて欲しい。
     親指をネックに添えたり、他の指を使っている指に添えたりしないで、ホント1本だけフリーにしてポ~ンと一音鳴らすだけでイイ。
     さて、では左手の押弦の力を徐々に抜いていって、最低どの程度の力でキチンと音が鳴るのかやってみて欲しい。

     ね!?相当力を抜いてしまっても音はキチンと出るでしょ?しかも他の指でネックを握っていなくても。
     その程度の力でも音が出る。握力は必要ないというのが判るでしょ?

     しかし話はこれだけでは無いから難しい。
     力が入っている人は、押弦している指に“だけ”力が入っているワケではナイ。
     それ以外の部分、押さえていない指や掌、更に親指でギュッとネックを握っていたりする。

     先ほど“ポ~ン”と実際に鳴らしてみた人は判ると思うが、他の指や掌に力が入っていても、それは何ら弦を鳴らすことに関与していない。だから仮に力を入れても、それはムダな力であって、それが疲労の原因となってしまう。

     中々上手く文章では伝わらないかもしれないが、左手で使う力は押弦しているフレットの一点に集中しているイメージなんだよね。だってそこにさえ力を使えば音は鳴るワケだから……。これができるようになると、複雑なパターンでない限り、親指をネックから完全に離して(浮かして)しまってもスケールぐらい弾けるようになる。

     よく脱力せよと言うし、私も便宜上使ったりもするが、ここで言う脱力とは、

    「ちょっとした力を押弦している指に集中する!」

    という感じなのだな。こんな感じのレッスンはいかかでしょうか?
     親指を離してのスケール実演付きです(笑)。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2015/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック