FC2ブログ

    凄いモノを観た

     ジロ・デ・イタリア第16ステージ。
     まあいろいろあった。
     言いたいことが無いワケではナイ。
     でも極東のオッサンが言っても世間には何の影響もナイよな。
     とにかく、“真のチャンピオン”は誰か?というのが判ったステージではある。

     コンタドールが後輪をパンクした。
     総合リーダーがこのような予期せぬメカトラブル等で遅れた場合、総合を争うライバルを含む集団は、リーダーが集団に復帰するまでペースを上げずに待つのが通例である。
     とはいえ、これは暗黙の了解とも言える“紳士協定”的なモノであって、ルール上は相手の弱みにつけ込んでペースを上げるのは違反では無い。

     そしてカチューシャとアスタナはそこにつけ込んだ。
     一応アスタナは、「カチューシャがペースを上げたから」そこに乗ったと“イイワケ”をしている(笑)。
     結果コンタドールは一時、ライバル達から50秒程度遅れることになった。
     でもね、おかげで凄いモノを観ることができた!!
     
     モルティローロの上りが始まると、コンタドールはライバル達に追いつくために猛アタックを仕掛けた。
     まったく次元の違う走りであった。
     そしてアルとランダのアスタナ軍団に追いついたのだ。

     その後アルは遅れ、ランダ、コンタドール、そしてこのところ山岳ステージで好調なクルイシュヴィック(ロットNLユンボ)の3人が先行した。
     ランダには先頭を牽く理由がナイので、これで勝負が決まったのは判った。
     まあさすがに最後の最後で“チョイ差し”はしなかったのだが……。

     ムダな個人的意見としては、このレースで勝つべきだったのはコンタドールかクルイシュヴィックだったと思う。
     しかしコンタドールは圧倒的な強さを見せたし、クルイシュヴィックは山岳ジャージを手に入れたから、まあ許したるか!?
     どうでもイイことだが、クルイシュヴィックは肩のラインが真っ直ぐでハンガーのように見えるな(笑)。そのシルエットで直ぐに判るな。

     この結果を受けて、ランダがアルに替わって総合2位になった。
     コンタドールとの差は4分2秒。
     コンタドールはランダとの差こそ詰められたものの、2位との差はむしろ拡げたのである。
     まだ山岳ステージは残っているが、コンタドールが勝つと思うし、それが正義ってモノである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    雑感と更新告知

     本日は久しぶりに夜中のうちに更新してしまおう。
     26日の日中に更新出来ないかもしれないからだ。
     ところで、ムダに自分のことを書いてみる。
     実は私、昨年の秋頃から徐々に体重が減って来て、何だかんだで約4kgの減量に成功した。成功した!と言うからには、別に体調を崩して痩せてしまったのではない。何となく“ちょっと減らそう”と思って生活に気をつけていたのである。
     まあ、“あと一口”をガマンするとか、料理の時に使う油の量を控えたりとかその程度なのだが……。

     それでも約半年でこうなったのである。
     ほぼ10年前と同じ体重だ。
     身体が軽くて快調である。
     でもそれと引き替えにパワーが減ったのでは?とも思われるが、たとえばギターを立って弾く時などは、身体自体が軽いのでむしろ以前よりも楽になったのである。

     ってなワケで自分の話は終わりにして雑感に移る。
     全仏は錦織以外の日本人選手はことごとく負けたな。
     まあ相手が全てシード選手だったから仕方ないのだが。
     でもダニエル太郎はちょっとだけ良くなった気がする。ただまだ単調過ぎる傾向にはあるのだが。

     プレミアリーグの残り一つの降格クラブはハルシティに決まった。
     う~ん、ニューカッスルだったらちょっと面白かったのに。
     っていうか、そうなったらサポーターが暴動を起こしたかもしれないよな。

     そして最後に本題に入る。
     2ヶ月余り更新が途絶えていて、
    「もうアイツやる気ねえのか?」
    と思われていたホームページが本日更新された。
    “ギター基本以前”であります。(敬礼!!)
     え~と、決して更新を止めてはいませんぞ。
     今後も更新はされると断言しておく。
     どうかよろしくお願いしたい。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    ムダに文句を垂れてみる

     ギターの話だとコメント欄が賑やかになる当ブログである。
     ところで、いつもコメントしてくれる皆様。最近それぞれにキャラが確立された感じがします。
     ありがとうございます!

     ってなワケで、本日は私の欲しいギターについて書く。
     数ヶ月おきにムダに書いているな。
     で、一応現在の本命と目されるギブソンUSAのレスポール・トラディショナル・オールマホガニーについて気に入らない点を書く。

     とか思ったら、いつの間にか贔屓の楽器店に在った4本のうち2本がウェブサイトから消えている。う~ん、売れたのか?しかも無くなった1本はいつも行く“ホーム”の楽器店に在ったのに……。
     こんな変わったレスポールを買うなんて、アンタら趣味がおかしいイヤ、この幸せ者!

     さて、やはりこのギターを手に入れることはナイのか?とか思いながら気に入らない点だったな!?
     先ずあの自動チューニングシステムの「G-Force」。
     あれ、要るか?
     ちなみにサンプルは少ないが知人に訊いた限り、「付いていた方が良い!」と言う人はいない。
     正しいマーケティングしたのか?
     どうして要らないか?
     まあとても格好悪いからな。
     ヘッドの裏に仮面が張り付いてるみたいだな。
     そしてもう一つ要らない理由としては、チューニングも立派な技術の一つだと思うからだ。もちろんある程度技術を身につけた人が使う分には問題ナイが、初心者とかがいきなり“G-Force”を使ってチューニングするのは如何なモノか?音感を養うためにも、ある程度苦労しながらチューニングするのも良くないか?ここをすっ飛ばすのはどうよ?

     ついでに言うと、2015年ヴァージョンは普通のサンバーストやメッチャカッコイイ“オーシャンブルー”などにもG-Force付いてるよな。造りすぎて余ってんのか(笑)。っていうか、オプション設定にしろよ!とか思う。

     もう一点。
     まあこれは限定品だから仕方がないのだが、オールマホは価格が通常のメイプル・トップのトラディショナルより約3万円高いのな。う~む、カスタムショップじゃなくてこれはUSAなのにな。でも数が少ないから量産効果が出ないよな。
     でも3万円は弦60セット分だよな!?とか考えてしまう私である

     とか具体的な購入計画も無いくせに文句を垂れてみた。
     実は最近本命が変わりつつあるのだ。
     その話はまた今度な。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    (続)キリエンカも笑うんだ

     キリエンカも笑うんだ……。
     え~と、これは以前も使ったな。
     ジロ・デ・イタリア第14ステージ個人タイムトライアル(以下TT)。
     59.4kmという過酷なステージは、表情を変えないことで有名な(?)スカイの名アシスト、ヴァシル・キリエンカが優勝した。まだ厳しい山岳ステージは残っているが、リッチー・ポートの総合優勝が絶望的になったことで、キリエンカは力を温存することなく走ることを許されていたのだろう。

     昨日は予想通りマリア・ローザがまた移動したのだが、最大のハイライトはやはり“キリエンカの笑顔”だよな!?それとホットシート(トップの選手はその後の表彰式のためにゴール地点に待機していなければならない)にいる時も、他の選手の経過を追いつつ何度か微妙な表情の変化も見ることができた。

     ってなワケで、本来はこちらがメインだろ?(笑)という感じであるが、予想通りコンタドールが昨日奪われたマリア・ローザを奪還した。
     これで2位アル(アスタナ)との差は2分28秒。
     まだ厳しい山岳ステージは四つ有るが、コンタドールが格の違いを見せつける結果になった。

     さて、私はリゴベルト・ウラン(エティックス・クイックステップ)が総合順位でアルより上に来るだろうと予想したが、見事に外れたな。
     もちろんウランは結果的には順位を上げて総合4位まで来たのだが、昨日のステージではアルを追い抜くまでには至らなかった。っていうか、詰めたの16秒だけか。
     まあ首位は明け渡したものの、アルに“マリア・ローザ・マジック”が多少利いていたのかもしれない。と、逃げを打ってみる(笑)。

     本日も非常に厳しいステージである。
     J SPORTSの放送開始時間も早めである。
     アル以下の選手は仕掛けなければならない。
     その上、コンタドールはリーダーであっても自ら仕掛けたりするから(そこが彼の良いところだ)、面白い展開になるのは必定である。

     しかしながら……、本日は全仏、モナコGP、プレミア最終節とカブリまくりである。
     一体どうすればいいのか?
     っていうか、このパターンは毎度お馴染みである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    マリア・ローザの行方は

     ジロ・デ・イタリアも毎日が熱い。
     ムダに3度も登場するなよ!って感じではあるが、本日の個人タイムトライアルの前に書いておきたい。

     昨日の第13ステージでマリア・ローザ(総合首位)が入れ替わった。
     コンタドールからジャージを奪ったのはイタリア人のファビオ・アル(アスタナ)である。コンタドールは終盤の落車によってタイムを失った。そしてリッチー・ポートもまたタイムを失ったのである。

     ちなみに過去コンタドールがグランツールで勝利した時には、一度奪ったリーダージャージを奪われたことが無かったのである。だからこれはコンタドールが勝てないことを暗示しているのだろうか?

     とはいえ、アルとの差は(ホンの)19秒である。
     本日第14ステージ、59.4kmの個人タイムトライアルではコンタドールにアドヴァンテージが在ると見られる。

     しかしながらリッチー・ポート(スカイ)は、この日の遅れでアルとの差が5分5秒まで広がってしまった。コンタドールとの差を考えても4分46秒である。ポートにタイムトライアル(以下TT)でのアドヴァンテージが在ると言っても、もう逆転は不可能であろう。

     ところで、意外にチャンスが出てきたのがリゴベルト・ウラン(エティックス・クイックステップ)だ。この日ウランはアルと同時にゴールした。アルとの総合の差は2分2秒である。序盤にやや出遅れて第4の男と目されていたウランであるが、ちょっと不気味な存在になりつつある。

     ウランは本来TTも得意である。
     近年コンタドールはTTでのアドヴァンテージに翳りが見えつつあるから、非常に面白くなってきたかもしれない。

     つまり、本日の個人TTのステージ勝利こそはポートが意地を見せるかもしれないが、案外ウランもイケルかもしれないのだ。
     っていうか、少なくとも本日の個人TT終了後の総合上位陣の順位は、コンタドール、ウラン、アル、若しくはウラン、コンタドール、アルになっているのではないか?
     うん、アルはコンタドールだけでなくウランにも逆転を許してしまうと思うのだが……。

     とはいえ、リーダー・ジャージを着ると力を発揮する“リーダー・ジャージ・マジック”なるモノを、これまで何度も目にしてきたことは確か。果たしてアルにそれが出来るか?ちなみに友人に「アルにマジックは訪れるか?」と訊いてみたのだが、「無い!!」と一蹴された(笑)。まあね、ロードレースは経験がモノを言うからね。

     ってなワケで、本日終了時にはコンタドールがマリア・ローザを奪い返し、以下ウラン、アルの順位になっていることをムダに予想してみるのである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2015/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック