FC2ブログ

    イイトコ取りか?

     このところやる気のない短い雑記が続いた。
     だから本日は久しぶりにギターについて書こうと思う。
     でも過剰の期待はしないでいただきたい。(しねぇ~よ!)

     何度も書いているが、ギターの指弾きに凝っている私である。
     ムダにやることを増やしてしまった感もあるが、是非このまま続けたいと思う。
     イヤイヤ、別にジェフ・ベック先生のお言葉に従って70歳ぐらいで達人になろうと目論んでいるワケではない。だって普通にピック弾きも並行してやっているワケだから……。

     つまり……、以前もちょっとだけ書いたが、この指とピックの両方で練習をすることによるメリットを感じているのである。
     指弾きの良いところは表現力、つまりピッキング・ニュアンスが秀でているところだ。 
     ピック弾きは指弾きに比べスピードの点で勝っている。

     指弾きをやっている時には、「ピックならこのぐらいのスピードは余裕なのに」とか考えてしまう。ピックでなら実際に弾けるスピードが実感としてあるから、もっと指でも速く弾けるようになろうという気になる。

     ピック弾きの時には、スピードはともかくも「指ならもっとニュアンス出せるだろ?」とか思う。

     まあそれぞれ長所短所なのだけど、これがお互いに良い影響を与えあっているようなのだ。指弾きのスピードは徐々に上がりつつあるし、同時にピック弾きの表現力も上がっている気がする。現在のところ、指弾きの上達によってピック弾きが足を引っ張られるという状況にはなっていない。どちらも緩やかだけど右肩上がりになっているようだ。

     もちろんこれは私だけかもしれないのだが、中級者にはなったけれど中々その先には進めないと感じている人は、同時に指弾きをやってみることをお奨めする。指弾きによって弦を“音楽としてはじく”ということが体感出来るようになるかもしれない。
     音は空気が震えるのね!?ということが実感しやすいというか……。

     さて、またこのオッサン始まったよ!とか思った人には用はナイ。
     ギターから発せられる音をただの信号ではなく音楽にするためには、やってみて損はナイと思うのだが……。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2015/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック