FC2ブログ

    買っても良いギター

     さて、本日はギターの話で行ってみよう。
     当ブログは“レスポール・ブログ”(?)としての認識もある。
     だから当ブログへの訪問者の検索キーワードはレスポール関係のモノは多い。
     圧倒的に多いのは“リッチライト”や“レスポール・カスタム”であって、まあそれはそれなりに納得である。

     そんな中で、自分的にはそんなに言及していないが、っていうか、多分1回しか書いていないと思うのだが、“レスポール・スタジオ”ってのが意外と多い。
     だからそれについて勝手な想像を交えて本日はムダに書く。

     予算がいくらでもイイ!という幸せな人には関係ないだろうが、レスポールを購入候補に考えている人にとって、レスポール・スタジオというのは気になる存在だと思う。
     何と言っても“本家”のレスポールであることに変わりはない。
     基本のボディ、ネック等のマテリアルは、グレードこそ違うが上位モデルのスタンダードやトラディショナルと同じメイプルやマホガニーが使われている。
     ただしバインディングはナイ。バインディングは決して装飾だけが目的ではないが、無くても問題が在るわけではない。

     つまり、これはある意味立派なレスポールなのである。
     それが上位機種のスタンダードやトラディショナルの約半分の価格なのである。
    「こっちじゃダメなのか!?」
    と考える人がいるのは当然かもしれない。

     さて、ここからは完全に私個人の意見である。
     もし仮に、私の知人が「レスポール・スタジオを買おうと思うのだが?」と相談を持ちかけて来たとしよう。私の答えは「買えば!」である。

     世の中のギターを、“買っても良いギター”と“買うべきではないギター”の二つに大別したとしたら(随分大雑把だな)、私にとってレスポール・スタジオは“買っても良いギター”である。

     ただし、あくまでも値段相応であることはアタマに入れておくべきだけどね。
     もちろん100本に1本ぐらいは“大当たり”の個体がアルかもしれないけど。
     それとムダに見栄を気にする人はヤメなさい。スタジオはそういう人向きのギターではない。そういう人がスタジオを買っても、本人もギターも不幸なだけだ。

     スタジオは何と言ってもカラーやデザインのバリエーションが豊富である。
     それもムダにお奨めする点である。
    「俺のスタジオ、イカしてるだろ!?」と是非胸を張っていただきたい。
     ってなワケで、非常に内容に乏しい気がするが終わることにする。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2015/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック