FC2ブログ

    ジム・ダンロップ

     前回の記事で弦交換は“気分転換の決定打”などとヌカした。
     だから当ブログを継続的に読んでおられるギター弾きの方なら、予想はしていたかもしれない。
     そう、その通りだ。白カスタムに張っていたディーン・マークレーの検証を終了することにしたのだ。とりあえずディーン・マークレーに関しては弦が錆びていたので(苦笑)、前回のGHSの時のように採点はしない。後ほど“真っさらな”ディーン・マークレーを手に入れた時に別途レビューすることにする。

     ってなワケで、白カスタムに張られるのはジム・ダンロップである。
     一番安いDEN1046ってヤツね。
     先ずパッケージ。紙箱の中には密封されたビニール袋に各弦が個別で紙袋に入っていて、尚かつそのビニール袋には乾燥剤が入っている。けっして高級感があるワケではナイが、これならある程度ストックを買い込んでも大丈夫だろう。この価格帯にしては必要十分だな。

     さて、弦をオリャ~っとほぐす。
     う~ん、イマイチ“ピ~ン”とは伸びない。やや丸みのクセが残る。
     そして例によってナット鉛筆をしながら張り換えていく。
     え~と、何かムダに弦が長いね。短いよりはイイんだけど……。
     チューニングは普通だな。良くも悪くもない感じだ。

     そして6弦全て張り終えてジャラ~ンと鳴らす。
     とてもシャリシャリというかシャキシャキな響きだ。
     まだあくまでも生音の段階だが、シャキシャキ感は嫌いではないのだが、ややパンチに欠ける気がする。良く言えば“澄んだ音”だが悪く言うと“軽い音”の印象だ。

     で、適当にフレーズを弾いてみる。
     実はどこかのレビューでテンションが硬めだというのを見た気がするのだが、……え~と、何か私にはもの凄く柔らかい印象なんだが。はっきりとこれまで弾いたことがあるダダリオ、アーニー、GHS、ディーン・マークレーと比べて最も柔らかい。

     さて、パッケージは勝っているかもしれないが、生音の段階ではディーン・マークレーやGHSに負けているかも!?もっともエレキ・ギターはアンプの出音が勝負だから、この後に続くアンプ・レポートで本当の勝負が決まるのだが……。ムダにお待ちいただきたい。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    気分転換

     みなさんは“ちょっとした気分転換”をしたい時には何をするだろうか?
     私は喫煙者である。
     だから気分転換でタバコに火を点けるというのは、それなりに定番でもある。
     しかしながら本当にタバコで気分転換出来るのか?と問い詰められると、う~ん、けっこう微妙なのだ。実際のところ、タバコは一箱20本入りだがそのうちホントに“うまい!”と思うのは1、2本ぐらいかもしれない。気分がリフレッシュされる可能性はかなり低いのである。ほとんどはただの“悪しき習慣”としての喫煙になっちゃうんだよな。そもそも気分転換として“タバコを吸う”というのは、それほど有効ではなかったりする。

     私はコーヒーも好きである。
     っていうか、ある意味タバコよりも中毒しているかもしれない。
     いつもペーパードリップで淹れるのだが、気をつけないと何杯でも飲んでしまう。
     その昔、原因不明の腸炎のような症状が出てしまった時医者に、
    「とりあえずコーヒーは一日2、3杯にしなさい!」と言われたことがある。
     その当時は毎日6~8杯ぐらい飲んでいたのな。
     そりゃ身体に悪いよね。
     コーヒーについては普通に習慣として一日4杯は飲む私なので、ここに気分転換としての飲む機会を加えてしまうと、医者に注意された量になってしまうよな。
     うん、だからコーヒーも迂闊に気分転換の方策としては使えないかも!?

     散歩というのはかなりイイ感じだ。
     特に私は歌詞を考えてのたうち回ったり、パソコンの前にず~っと座っていたりすることもあるので、散歩をすることで気分転換が成功する確率はけっこう高い。
     しかしだ!散歩は天気や時刻に左右されてしまう。雨が降っている時に散歩する気にはなれまい?夜中に徘徊していて警官に職務質問とかされるのは面倒だよな(笑)。
     散歩はかなり有効な方策であるが、場合によっては使うことができない。

     ってな感じにムダにダラダラと書いてきたが、実は最近“気分転換の決定打”を見つけたのである。それはギターの弦交換である。
     まあこのところ“6弦が切れたからそれを機に弦交換”というシチュエーションが皆無だからかもしれない。弦が切れれば弦交換はある意味“義務”になってしまうが、自分から積極的に弦交換をすると爽快な気分になれるようである。

     ギターが1本しか無かったら、気分転換のための弦交換すると“換えすぎ(笑)”になる怖れもあるが、私の手元には5本のギターがあるので、大抵1本ぐらいは“換えてもイイ”状態のギターがある。これからは気分転換をしたければ弦交換をしよう!とか思っている私である。う~ん、ギタリストっぽいよな(笑)。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    そんな気がしている

     さて、またもやギターの弦に纏わる話だ。
     ギターの弦の善し悪しを決める要素は様々である。
     音質、耐久性、価格、手触り……。
     これらのどれを重視するかは人それぞれだ。
     言ってみれば個々人の“ギター・ライフ”のスタイルに沿ったモノとなる。

     で、私は音質を重視というかアーニーボールの音が好きなのでそれを使っている。
     ちなみにアーニーボールは耐久性の点では、ほとんどのブランドに負けている(笑)。
     まあ私はどうせレコーディングの直前には新しい弦に張り換えるから、極端な話、3~4時間も良い音が保てばイイや!とか考えている。とはいえ、当ブログで何度か書いているが、私は手汗というモノをほとんどかかないので、アーニーボールであってもそれほど耐久性の点で気にはならないのだが……。

     ところで、弦は消耗品だからランニング・コストは無視出来ない点ではある。
     だから弦の話題となると耐久性の話が一番賑やかな気がする。
     まあ音質の話も当然出てくるのだが、これは主観によるモノが大きいから“ああ、そうですか!?”で終わってしまうのだ。
     でも耐久性の話はけっこう具体的にみなさん体験談を語ってくれるようだ。
     っていうか、“アーニーボールの音が素晴らしい!”という話よりも、“アーニーボールは三日で錆びてくる!”という話の方が現実感があって判りやすいわな。

     さて、弦が直ぐに錆びてしまうという人は、大抵手汗を大量にかくからというのを理由に挙げている。余りに手汗をかくために、「朝に弦を張り換えたら、午後にはもう錆びている」というような猛者もいる。まあ手汗をかくのは体質に因るところが大きいと思われるので、気の毒な話だとは思う。

     ただね……、ちょっと考えてみたのだ。
     その手汗を大量にかく人達は、果たしてギターを弾くという行為以外の何らかの“手作業”でも同様に手汗をかくのだろうか?
     その手汗が完全に体質に因るモノであればきっとかくのだろう。
     でもひょっとしたらギターを弾く時以外の手作業では、手汗はかかない人もいるのではないか?どんなモノだろう?

     私は、ギターを弾く時に限って手汗をかいている人もいるような気がしている。で、そういう人はギターを弾く時にだけムダに手にストレスがかかっていることになるよね!?もしそうであれば、左手にストレスがかからないフォームに直すことができれば、それほど手汗に悩まされることは無くなるのでは?

     手汗に悩んでいる人はギターを弾く時以外はどうか?というのを考えてみると良いかもしれない。もし手汗が“ギターを弾く時限定”であるのなら、手汗問題は解決出来るかもしれないよ。と、手汗をかかない私がムダに言ってみる。億が一、誰かの役に立ったりしたら幸いである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    やはり格上二人の勝利!

     ってなワケで、ウィンブルドンの前哨戦となるATP500のハレ大会とクイーンズ大会。 やはりグラスコート・マスターとも言えるフェデラーとマレーが優勝した。
     マレーは最終日に準決勝の続きと決勝を戦わねばならないハンディがあったが、やはり地力の違いを見せた感じだ。

     ハレ大会のフェデラー×セッピの決勝は結構面白かった。
     セッピの準々決勝、準決勝でのラッキーな勝ち上がり方とか、今年の全豪ではセッピがフェデラー勝っているとか、ある意味ムダに興味を惹くポイントもあった。
     前日のフェデラー×カルロヴィッチ戦は“まさにグラスコート”という戦いだったが、この決勝戦はストローク戦も多くて、とても同じコートとは思えなかった(笑)。

     セッピは頑張ったよね。フェデラーが調子悪かったと言う人もいるかもしれないが、私はセッピが良かったのだと思っている。彼もいつの間にか31歳だったのね!?
     ちなみに私の友人が、
    「ATPは今後30過ぎから全盛期になるのが普通になるから!!」
    とか言っていた。まあそれは半分冗談だとしても、テニスが進歩して非常に戦術的になり、身体的なアドヴァンテージよりも、経験や頭脳がより必要になってきたのは確かかもしれない。ナダルの成績がこのところ良くないのも、元々戦術的な引き出しが少ないからかもしれないよな。

     さて、一週間後にはウィンブルドンである。
     最も格上の大会であって、私などは否応なしに盛り上がるワケだが、実はテニスの内容的には面白くなかったりする(笑)。最近テニスを観るようになった方々が、ウィンブルドンを観て、
    「テニスって面白くないね!?」
    という感想を持たれてしまうのがちょっと心配である。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    閉鎖かと思ったろ?

     ってなワケで、本日は忙しかった。
     久しぶりにあることをしたからだ。
     っていうか、久しぶりであることがそもそもダメだし、勝手にやっているのだから“忙しい”とか言ってはいけないのかもしれない。

     つまり、本日久しぶりにホームページが更新された。
     ひょっとしたら“閉鎖間近”とか思っていた人もいるかもしれない(笑)。
     とにかく“ギター基本以前”の第11関門が新たに加わった。
     今後ギターを始めようと思っている人や、悩める初心者は必見である。
     何故か?
     それはあまり普通ではないことが書いてあったりするからである。
     ひと味違った着眼点があると自分では思っているからである。
     まだ見ていない方、そして“もうええわ!!”と思っている方(笑)、いずれにせよ見ていただきたい。
     そして何かを感じ取っていただきたい。
    “ギター基本以前”だけでなく“ギター開眼法”“ギター上達術”も併せて見ていただくと、ギターに対する考え方が変わるかもしれないのである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2015/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック