FC2ブログ

    凹みながらもアンプ・レポート

     さて、ディーン・マークレーのアンプ・レポートである。
     いつものようにRoland GP-100とLine6 POD HDでの試奏だ。
     う~ん、しかし哀しい気分だ。
     まっさらの新品とは言い難いので、レポートする意味も微妙である。でもムダな義務感からやるのである。

     え~とだな、これはGHSの時も触れたが私の感性は“アーニーボール基準”なので、他の弦はどうしても“ローが出る”と感じてしまう。アーニーボールはとてもブライトな音なので、それと比べると相対的にローが耳に付いてしまうみたいだ。

     で、ディーン・マークレーはGHSの時よりも更にローを感じた。
     ただし、その印象は違う。
     非常に判りにくいかもしれないが、GHSは“ローの壁”という感じなのだが、ディーン・マークレーは“ローの塊”というか“ローの球”というかそんな感じなのだ。
     GHSのローは角張った感じ。ディーン・マークレーは甘い音というワケではナイのだがもっと“球体”のイメージだ。
     サッパリ判らんだろ!?(笑)
     まあGHSの方がカラッとした感じで、ディーン・マークレーはもうちょっと粘りが有る感じかな!?
    GHSの方がロックには向いているだろうね。

     で、クリーン・トーンなのだが、ディーン・マークレーはちょっと色っぽい感じ。
     特に低音弦はけっこうイイ感じかもしれない。
     まっさらな弦でなかったことがちょっと惜しいな。
     音は良い!というレビューを見かけたが、確かにそうなのかもしれない。
     ただ、やっぱりあのパッケージではまた買おうという気にはなれない。
     ほとんど“博打”だからね。

     ってなワケで、本来なら寿命の検証に移るのだが……、始まりがアレだからな。あまり意味が無いよな。っていうか、1週間もすればジム・ダンロップが登場しそうである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2015/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック