FC2ブログ

    ジム・ダンロップ

     前回の記事で弦交換は“気分転換の決定打”などとヌカした。
     だから当ブログを継続的に読んでおられるギター弾きの方なら、予想はしていたかもしれない。
     そう、その通りだ。白カスタムに張っていたディーン・マークレーの検証を終了することにしたのだ。とりあえずディーン・マークレーに関しては弦が錆びていたので(苦笑)、前回のGHSの時のように採点はしない。後ほど“真っさらな”ディーン・マークレーを手に入れた時に別途レビューすることにする。

     ってなワケで、白カスタムに張られるのはジム・ダンロップである。
     一番安いDEN1046ってヤツね。
     先ずパッケージ。紙箱の中には密封されたビニール袋に各弦が個別で紙袋に入っていて、尚かつそのビニール袋には乾燥剤が入っている。けっして高級感があるワケではナイが、これならある程度ストックを買い込んでも大丈夫だろう。この価格帯にしては必要十分だな。

     さて、弦をオリャ~っとほぐす。
     う~ん、イマイチ“ピ~ン”とは伸びない。やや丸みのクセが残る。
     そして例によってナット鉛筆をしながら張り換えていく。
     え~と、何かムダに弦が長いね。短いよりはイイんだけど……。
     チューニングは普通だな。良くも悪くもない感じだ。

     そして6弦全て張り終えてジャラ~ンと鳴らす。
     とてもシャリシャリというかシャキシャキな響きだ。
     まだあくまでも生音の段階だが、シャキシャキ感は嫌いではないのだが、ややパンチに欠ける気がする。良く言えば“澄んだ音”だが悪く言うと“軽い音”の印象だ。

     で、適当にフレーズを弾いてみる。
     実はどこかのレビューでテンションが硬めだというのを見た気がするのだが、……え~と、何か私にはもの凄く柔らかい印象なんだが。はっきりとこれまで弾いたことがあるダダリオ、アーニー、GHS、ディーン・マークレーと比べて最も柔らかい。

     さて、パッケージは勝っているかもしれないが、生音の段階ではディーン・マークレーやGHSに負けているかも!?もっともエレキ・ギターはアンプの出音が勝負だから、この後に続くアンプ・レポートで本当の勝負が決まるのだが……。ムダにお待ちいただきたい。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2015/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック