FC2ブログ

    ウズウズするのだが

     さて、ウィンブルドンのせいでテニスの話題が続いた。
     だから久しぶりにギターの話にする。
     先日新たな“お試し弦”としてGibson Brite WiresとIQS、SITを手に入れたと書いた。
     そして更に、一度試したが錆びていた(笑)ディーン・マークレーもネットではなく、楽器屋の店頭で買ったぞ。いつも贔屓にしている池袋の楽器屋である。

     で、恐る恐るパッケージを開いてみる。
     今回は中のビニール袋は密閉されているようだ。
     ただ、湿気が高い時期なので開けて中を確かめることはしていない。
     実際に張る時までのお楽しみにしておく。

     ってなワケで、ウエイティング・リストに4種類の弦が在ることになる。
     もういい加減ジム・ダンロップも潮時かね?
     何だかんだでそろそろ20日ぐらいになる。
     毎日2時間は弾いていることを考えると、かなりの耐久性を誇っている。

     実際、張り換えたい気持ちはかなりあるのだが、ジム・ダンロップに敬意を表して完全に死ぬまで使い切ってやろうか?とかも考えたりする。
     ただ、本気で死ぬまで使ったらまだ2週間ぐらい保ってしまうかもしれないな。
     だから“切れたら終了”にしようかなと思っている。
     だってこのところ暑いからね。
     まさに「6弦切れ切れ日和」である。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    神は降臨せず

     ウィンブルドン決勝。
     ジョコヴィッチが昨年に続き連覇となり、3度目のウィンブルドン優勝となった。
     イヤァ~、強かった。
     フェデラーが準決勝のような“神降臨”状態であれば、さすがのジョコヴィッチも厳しいだろうと思っていたが、決勝のフェデラーは調子が悪いわけでは無かったものの、ジョコヴィッチにことごとく跳ね返された感じだった。

     それでももちろん、見せ場は充分に創ったけどね。
     ただ、現状における力の差は確実に見えたと思う。
     
     実際のところ、当ブログも“異星人テニスブログ”の看板は下ろすべきかもしれない。(っていうか、掲げてのかよ?)
     女子テニスほどの暗黒時代ではナイにせよ、男子テニスもジョコヴィッチの“1強”状態なのである。
     そのジョコヴィッチとマトモに戦えるのがもうすぐ34歳になるフェデラーだけなのである。
     フェデラーの2年連続のウィンブルドン準優勝というのは、賞賛されるべきことであって、他の選手は何やってんのよ!?という話である。

     これでは全米も決勝は同じカードという事態にもなりかねないな。
     マレーがもうちょっと頑張るかな?
     錦織!?
     期待はしているが、この準決勝、決勝を観てどう思う?
     このレベルにはまだ達していないだろ!?
     とにかく、おめでとう、ジョコヴィッチ!!
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2015/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック