FC2ブログ

    SIT

     さて、ジム・ダンロップの検証が終了したので、次の弦に行く。
     白カスタムに今回張られるのはSITである。
     SITとはふざけた名前だよな?とか思うが、これはStay in Tuneの略である。
     要はチューニングの安定性を謳っているワケだ。
     もちろん、インパクト狙いも在るのだろうが……。

     ってなワケで、密閉されたビニールのパッケージを開くと、中には紙袋が三つ入っていた。つまり2本ずつ入っているのだ。
     ちょっと意表を突かれたのだが巻き弦とプレーン弦のコンビになっている。
     6弦と3弦、5弦と2弦、4弦と1弦がコンビとなっている。
     ボールエンドは色分けされていないが、まあこれなら間違わないかな?

     弦のパッケージについては個別の方が気分的にはイイが、そうなっていないブランドもけっこうある。これについて考えたのだが、個別にしていないブランドは、
    「弦を換える時はセット単位で!」
    ということなのかもしれない。
     まあ、これは正義っちゃ正義である。
     音楽を奏でるのだから、新旧の弦が混在しているのはあまりよろしいことではナイ。
     私個人で言えばそれでも問題は無いけれど、全てのギター弾きがセット単位で換えるワケではナイ。本気で広くあらゆるユーザーに普及させたければ、個別包装は必須のような気もするが……。

     とりあえずいつものように張っていく。
     これはあくまで私個人の感覚なのだが、何故かSITはテンションが硬いのでは?という予想があった。う~ん、何でだろ?チューニングが安定してるというから勝手にそんな風に考えたかな?
     でもそんなことは全然無く、“硬くも柔らかくもナイ”感じかな。

     全ての弦を張り終え、チューニングが済んだら私は先ず最初にローコードのEかGを弾くのがクセである。まあ何と言うか“儀式”のようなモノか。
     で、いつものようにEのコードをジャラ~ンと鳴らしてみた。
     SITの売りはあくまでチューニングの安定性にある。
     だから正直サウンドにはそんなに期待していなかった。
     とはいえ……、まあ生音だけだからこの感想はフェアではないかもしれないが、コードを鳴らしてみて私が思ったのは、
    「ねえな!」
    である。
     出だしに躓いた感もあるが検証は続く。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2015/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック