FC2ブログ

    反省

     昨日、“お試し弦”のバカ・レビューにおいて音源をアップしてみたのだが、如何だったろうか?
     ただし、本日はそれについての反省なのである。
     正直言ってアップの仕方がよろしくないな。
     つまりとりあえずFC2に付属している機能で、mp3ファイルがアップできるからといって、それを安易に使ったのは反省すべき点である。

     視聴した方なら気づいただろうが、この方法を使ってしまうとユーザー・インターフェース的に非常によろしくない。それぞれの環境にも因るかもしれないが、クリックすると画面が真っ黒になり、プレーヤーに乗っ取られてしまうのね。
     何だか“クリックしたからには聴け!聴くのじゃぁ~!!”と脅迫されているような気になる。うん、これはまったくもってユーザー・フレンドリーとは言い難い。ほとんど零点ですな。

     だから今後音源をアップする際には、別の方法を検討中である。
     まあ昨日は時間が無くてさ!とかイイワケしたいところだが、そんなのは私の都合であってワザワザ訪問してくれた皆様に不都合を強いてイイというワケではナイのである。
     ご不便をおかけして申し訳なく思います。

     ところで、友人からこんなことを言われた。
     いつもの“鬼ディレクター”であるその人である。

    「お前が生音で弾いているのを見て思ったのだが……、実際のところ弦の音の違いって生音を聴いている時が一番判る気がする。たまに“えっ!?”とか思う時があって、そういう時は大抵別の弦に換えた時なんだよ。でも、それをアンプに通したりすると、けっこう違いが判りにくくなるよな。」

     う~む、確かにそういうモノかもしれないと思った。
     弦が素の音で鳴っている(つまりただの生音)時は、ホントにその弦がそこで鳴っている音“しか”聞こえない。
     しかしながら、そこにピックアップが介入し、極端に言うとシールドも介入しアンプに送られる課程によって、少しずつ平均化のようなモノが進行していくのだろう。
     
     だからと言って弦の比較をするために生音を拾っても仕方がない。
     結局“演奏”に使われる音はエフェクターやアンプを通った音だからである。
     さて、私は何が言いたいのだろうか?
     巧く話が落ちないので、昨日は多忙故にFC2の訪問者の皆様のところへ行けなかったことをお詫びして逃げることにする。
     本日は必ず訪問するであります。(敬礼!!)
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2015/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック