FC2ブログ

    それだけで幸せ

     フェンダーの弦に……飽きてきた(笑)。
     みなさん、こんにちは!鈴木でございます。本日もご訪問ありがとうございます!
     このところ、こういった冒頭の挨拶を書いていなかったよね。
     いつもみなさんには感謝しております!!

     ってなワケで、いよいよフィギュアスケートもGPシリーズが開幕した。
     だから多分“義務”だと思うので(そんなことねえだろ!?)、スケート・アメリカについてムダに緩く書いてみる。

     先ず女子シングルなのだが、メドヴェデワ(ロシア)の優勝は予想の範囲内ではあった。
     当ブログでも昨シーズンのジュニアでは大注目の選手だと書きましたな。
     女子シングルはジュニア上がりの選手がいきなり活躍することはよくあることだが、このメドヴェデワは非常に順調な感じである。現時点で文句の付けようがない(笑)。

     2位はグレーシー・ゴールド(アメリカ)だったが、FSでは1位と面目は保った。
     先日このゴールドのフリー「火の鳥」を名演になると思うと当ブログで書いたが、皆様如何だっただろう!?
     彼女はジャンプの高さとスピンの軸には定評が有るが、今季はステップも非常に磨かれてきたように思う。

     3位は宮原。彼女の表現力やスケーティングは素晴らしいのだが、やはりジャンプが……。
     基本低いジャンプなので回転不足になるケースがしばしばある。
     これさえ解消されれば“無敵”にもなれると思うのだが……。

     ちなみにリプニツカヤ(ロシア)はあっと驚く6位。
     しかしフィンランディア杯で観た時も思ったのだが、身体が太過ぎるかも?
     彼女は他のロシア女子選手と比べてもジャンプのダイナミックさは元々ナイので、身体が重たそうなのは非常によろしくない感じだ。

     さて、無責任に偉そうに書いているが男子シングルに行く。
     最初に書いておくが、32歳となる今季も現役を続け、しかも2種類の4回転ジャンプを跳び続けるコンスタンティン・メンショフ選手(ロシア)には絶大なる敬意を払いたい。
     GPシリーズの表彰台はまたしても逃してしまったが、そんなことはどうでもイイ。
     敬意を込めて“メンショフ先輩”と呼び続けたいと思う。

     ところで、フローラン・アモディオ(フランス)。
     もうほとんど存在価値自体が危うい。
     元々優れた身体能力とセンスを持っていたのだが、それに“甘えて”きたツケがここ数シーズン回ってきている。
     彼の復活はほとんど無いと思われる。アモディオ・ファンには悪いが……。

     さて、優勝したのはマックス・アーロン(アメリカ)。
     私は以前から彼を全然好きじゃないと書いてきた。
     彼の優れた身体能力は果たしてフィギュアスケートで生かすべきなのか?違うのでは?と思っていた。でも今季のフリーはかなり良いかもしれない。イヤ、他のトップ選手と比べて良いという話ではナイが……。かなりフィギュアスケートとして楽しめるようになった!というレベルだが。う~む、偉そうでスマンね。

     宇野晶磨は2位だった。
     優勝まであと一歩。
     でも、ムダに言わせてもらえばこれで良かったと思う。
     何故なら宇野選手はまだまだできると思うからである。
     今大会だって決してパーフェクトだったワケじゃない。
     だからヘタに優勝しなくて良かったとかオッサンは思っているのである。

     3位はジェイソン・ブラウン(アメリカ)。
     私は彼の順位などどうでもイイと思っている。
     彼の演技が観られるだけで幸せだと思わないか?
     あの抜群の音楽表現や、人間の肉体はどこまで美しく見せられるかにチャレンジしているかのようなポジション。
     それだけで充分ではないか!?

     ってな感じで、役に立たないことをムダに偉そうにダラダラと書いてしまってスマン。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

    顔色を窺っているのではない

     本日は……疲れた。
     ブログを書くエネルギーが残っていない。
     更に加えて相方が昨日から風邪気味で、その影響を喰らっているかもしれない。
     ってなワケで、サッと終えてしまおう。
     フェンダーの弦は5日目である。
     問題の寿命だが、プレーン弦にやや黒ずみが出始めた。
     これまで試した他の弦も、大体そんな感じだ。
     耐久性に関しては極めて標準的かもしれない。
     繰り返し“弾きやすい”と書いているが、試しに指弾きもやってみた。
     普段はレスポールで指弾きはしない。
     テンションや各弦の間隔の関係で、レギュラー・ゲージを張ったストラト、つまりTokai ST-60が指弾きの友なのである。

     しかしながらフェンダー弦。
     レスポールに張ってあるからテンションも柔らかく弦の間隔も狭いのに、意外と弾きづらさを感じない。
     やはり弦のレスポンスがクイックなのだろう。
     レスポールで指弾きをするとどうにも引っかかる感じがするのだが(私比)、これがそうでもない。
     けっこう普通に弾けてしまう。
     う~む、惜しいな。音が……、音さえ気に入れば。

     決して全国700万人のフェンダー派の顔色を窺っているのではない。
     イヤ、ホントに弾きやすいのだ。
     恐るべしフェンダー弦!とかムダに書いておこう。
     さて、もうすぐマンチェスター・ダービーが始まる。
     あまり勝てそうな気はしていないが……。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    弾きやすいんだけどね

     さて、本日はフェンダー弦が張られた白カスタムを約3時間弾き倒した。
     生音でだけどね。
     ってなワケで、フェンダー弦についてムダに追記する。

     音に関しては……、まあここまであまり良いことを書いていない。
     その罪滅ぼしってワケではナイが(笑)、この弦はホント弾きやすく感じる。
     ピッキングに対する弦の追従性が良いとでも言うべきか。
     昨日も音の起ち上がりが良いと書いたがそれを強く感じる。
     だから速いフレーズがとても弾きやすく感じるのだ。
     端から聴いている分には判らないと思うのだが、弾いている本人的には「上手くなった!?」とか思うほどだ。

     ただし……、音量が小さく感じられるのと、響きが豊かではないという印象はやはり変わらない。
     アーニーボールやDRだと生音で弾いている時に、ギター周囲の空気を包み込むような感じで鳴る。(私比)
     音がとにかく拡散するような感じだ。
     フェンダーにはそれがナイ。
     弾いている右手周辺から一方向だけ直線的に音が出ている感じだ。
     音が“廻らない”のね。
     弦が周囲の空気を振動させている感じがあまりナイ。
     だからと言ってサスティーンが足りないとは思わないのだが……。

     フェンダー派の人達からすれば、
    「レスポールにフェンダーを張って文句言ってんじゃねぇ~よ!」
    という感じかもしれない。イヤ、まさにその通りなんだが(笑)。

     とにかく、演奏性に関してのストレスが無いのは救いなので、このまま寿命の検証を続けたいと思う。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

    Fender Super 250's Nickel Plated Regularのムダなアンプ・レポート

     ってなワケで、ムダなアンプ・レポートだ。
     今回のFender Super 250's Nickel Plated Regular(以下フェンダー)。
     昨日までの2回に及ぶムダ記事では、あまりポジティブなことを書いていない。
     しかし、当然良いところもある。
     チューニングはとても安定していて、間違いなくコレまで試した弦の中では上位に来る。
     更に、もちろんコレは個人の好みに因るが、この弦は弾きやすいと思う。
     程良いテンション感と手触りは全くストレスを感じない。
     この辺も昨日想像で書いた、ギターのキャラクターを生かすべく弦に変な味付けをしていないかもしれない!というのと関連しているかもしれない。う~む、自分で書いておいて何だが、信憑性の低い話だな(笑)。

     例によってLine6 POD HDに繋いでみた。
     先ずクリーン・サウンドの印象。
     う~む、細い音だ。やはり生音で感じたように音の響きに豊かさはナイ。
     しかし、単に細いペラペラな音というワケではナイ。
     細いのだが芯はしっかりしている感じなのだな。
     テニス選手のジョコヴィッチは非常に身体が細いが、だからと言って“ヒョロヒョロ”という印象は微塵もないだろ!?あれは体幹がメチャクチャ強靱だからだ。
     うん、そんな感じなのだ。(どんな感じだよ?)
     とりあえず薄くコンプとリバーブをかけた状態の音を聴いていただこう。これは以前にロトサウンドやDRの音源をアップした時と全く同じセッティングである。
     参考までに前回のDRも併せて載せておく。リア、センター、フロントの順番で同じフレーズである。

    Fender Super 250's Nickel Plated Regular
    FENamp.mp3

    DR
    DRamp

     さて、それなりに違いが判ると思う。
     フェンダーは弦自体の音量がやや小さく、音も細い。
     しかし一番の違いは音の起ち上がりかな。
     フェンダーの方がコンプレッションがきつく聞こえないだろうか?何と言うか音の起ち上がりが一瞬速く、それによるコンプの効き、つまり音が潰れるタイミングが速く感じないだろうか?
     どちらの音が好みか?と訊かれれば迷うことなくDRを選ぶが、クリーンのカッティングなどにはフェンダーの方が合っている場面もかなり出てきそうである。

     次はディストーション・サウンド。
     やはり弦自体の音量が小さめな感じなのでゲインがやや下がるかな?
     ただクリーンの時と同じ印象で音は細いけどショボイという感じではナイ。芯のある音だとは思う。
     それとディストーション・サウンドだとミュートなどに気を遣うわけだが、最初に書いた“弾きやすさ”のおかげで、そういったストレスがかなり軽減されていると思った。
     ではまた聴いていただこう。今回も参考までに前回のDRと比較していただきたい。

    Fender Super 250's Nickel Plated Regular
    FENdist.mp3

    DR
    DRdist.mp3

     フェンダーの方がゲインも低めだし、レンジも狭く細く感じるかもしれないが、音のヌケは良いかもしれない。何となく“カラッと”している感じだろうか。

     ってなワケで、レスポールにフェンダーの弦を張るという“愚行”をしてみたのだが……。う~む、正直言ってフェンダー弦はレスポールにはやはり合わないのかな(笑)。
     当然のことかもしれないが、フェンダー弦はフェンダー系のシングル・コイルのギターで、シャープなアタック感の強い音を出すように創られているようだ。うん、そうだよ、きっと。今後は寿命の検証に入り、気づいたことは随時お伝えする。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    Fender Super 250's Nickel Plated Regularの続き

     さて、昨日新たな“お試し弦”Fender Super 250's Nickel Plated Regularについて書いたが、パッケージの話だけで終わってしまった。どうも“レスポールにフェンダーの弦を張る”ことを正当化しようとしてムダに字数を重ねてしまったのが原因かもしれない。

     で、張り換えるところから本日の話は始まる。
     一つの袋に入っているとは言っても、さすがに6本が纏めて丸められていたワケではナイ。1本ずつで丸められていた。
     ということは……、さすがにこのパターンにも慣れてきたと思うが(笑)、つまりボールエンドを持って“オリャ~!”と弦をほぐすことができた。
     が、しかし、期待していたほどにはピ~ン!とならなかった。
     悪いがピ~ンさ加減(どんな言葉だよ!)はショボイと思った。
     アリアを除くとほとんど最低レベルだと思われる。
     ここがそれなりでないと私の気持ちは萎えてしまうのである。

     とはいえ、ここでやめるワケにもいかないので順次張り換えて行った。
     皮肉なことにプレーン弦は、捨て去られていくDRの方がむしろピカピカと輝いていたりした。
     う~む、私の気持ちには暗雲が垂れこめて行った。(ちょっと大袈裟)

     張り終えて“ジャラ~ン!”とローコードを鳴らす。
     もちろんダメダメというほどではナイ。
     ただ、その響きにはあまり豊かさが感じられなかった。

     実際に張る前のフェンダー弦への私の予想(期待)をここで書いておく。
     フェンダーというブランドはシングルコイル・ピックアップのギターがメインである。
     そしてかたやギブソンというブランドはハムバッキング・ピックアップがメインである。
     だからギブソンの弦がかなり“シャキシャキ”だったこともあり、フェンダーの弦はけっこう太い音なのではないか?と勝手に思っていた。シングルコイルはそれだけでシャープな音が出る。だからそれを補う意味である程度太めの音を予想(期待)していたのである。

     結論を言うと……、全然そんなことは無かった。
     っていうか、特筆すべきキャラクターも感じないのである。
     
     で、ムダにそれは何故か?と考えてみた。
     フェンダー(系)のギターってのはギブソン(系)のギターに比べると、音のキャラクターが立っているというか、ハッキリしているよね!?まあ極論的に言っちゃえば。
     だからフェンダーはそのギター本来のキャラクターを生かすべく、弦には変な味付けをしてないのかもしれない。
     弦はあくまでプレーンな感じにしてギター本来の良さを出そうとしているのかもしれない。
     イヤ、タダの思いつきだが……。

     まあそんな感じで、生音を弾いた限りでは“可もなく不可もなく”という印象しかナイ。
     もちろんこれがエフェクターの乗りの良さに繋がったり、ギター単体のキャラクターを生かすことになるのかもしれないが……。

     ってなワケで、正直ややガッカリした。
     もちろん、エレキ・ギターはアンプやエフェクターを通した時に良い音が出ればそれが正義となるので、現時点では何とも言えないが……。
     またムダなアンプ・レポートもやるのでバカにしながら待つとイイかも。
     ただし、ロトサウンド、DRと私的にはかなり好みの音が続いたのでフェンダーはかなりのハンディを背負っているかもしれない(笑)。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2015/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック