FC2ブログ

    Dean Markleyをムダに採点する

     さて、ディーンマークレーの検証を終了する。例によってムダに採点したいと思う。
     ところで、基本的に大体2週間で検証を終えることにしているが、どうして2週間にしているのか書いておく。
     私が普段愛用しているのはアーニーボール・レギュラースリンキーである。
     ちなみにアーニーボールはメジャー・ブランドの弦の中では寿命が短いとよく言われる。私も以前はダダリオとアーニーボールを併用していたのだが、確かにアーニーボールは寿命が短いとは思う。
     で、私がアーニーボールを毎日2~3時間使い続けると、1週間でかなり音に艶が無くなり、2週間も経つとかなり“ヤバクねえ!?”という状態になる。
     
     つまり自分がよく知るアーニーボールであれば2週間で寿命が尽きるのは知っていたワケ。だから大体2週間弾けば寿命が比較できるよな!?と思ったのである。
     ちなみにこれまで試した弦でアーニーボールよりも寿命が短いと感じた弦は、いわゆる格安弦とも言えるAriaProⅡAGS-800Lだけである(笑)。

     ってなワケで、ムダに巨大になりつつある採点表だ。

    Dean Markley Nickel Steel Electric 10-46
    ・・・サウンド9.0 耐久性8.5 ピッチ8.0 価格8.0 パッケージ5.5・・・合計39.0  

    Fender Super 250's Nickel Plated Regular
    ・・・サウンド7.5 耐久性8.0 ピッチ9.0 価格6.0 パッケージ7.0・・・合計37.5

    DR MT10
    ・・・サウンド9.5 耐久性9.0 ピッチ8.5 価格6.0 パッケージ6.5・・・合計39.5

    ROTOSOUND R10
    ・・・サウンド9.0 耐久性9.0 ピッチ6.5 価格9.0 パッケージ5.5・・・合計39.0

    AriaProⅡAGS-800L
    ・・・サウンド4.0 耐久性3.5 ピッチ6.0 価格13.0 パッケージ7.0・・・合計33.5

    Gibson Brite Wires
    ・・・サウンド8.5 耐久性8.0 ピッチ8.5 価格7.0 パッケージ9.0・・・合計41.0

    ヤマハ
    ・・・サウンド8.0 耐久性6.5 ピッチ7.5 価格7.5 パッケージ7.5・・・合計37.0

    IQS
    ・・・サウンド9.0 耐久性8.0 ピッチ7.5 価格6.0 パッケージ6.0・・・合計36.5

    SIT
    ・・・サウンド8.5 耐久性9.0 ピッチ10.0 価格8.0 パッケージ7.0・・・合計42.5

    ジム・ダンロップ
    ・・・サウンド8.0 耐久性9.0 ピッチ8.0 価格9.0 パッケージ9.0・・・合計43.0

    GHS
    ・・・サウンド8.5 耐久性8.0 ピッチ9.0 価格8.5 パッケージ9.0・・・合計43.0

    アーニーボール
    ・・・サウンド9.5 耐久性5.0 ピッチ7.0 価格9.5 パッケージ9.0・・・合計40.0

    ダダリオ
    ・・・サウンド6.0 耐久性9.5 ピッチ7.0 価格9.0 パッケージ6.5・・・合計38.0

     サウンドはかなり良く、音に艶があり美しい響きだと思う。私の好みではナイがテンションは柔らかい。指に食い付く感じが心地よく感じる人もいるだろう。以前も書いたがディーンマークレーは音像が“丸い”と思う。丸い音というのとはちょっと違う。とにかく絵に描くと“球体”とかそんな感じなのだ(笑)。これはクリーンでもディストーションでも感じるのだな。
     ただ、ディストーションだとやや低音が暴れる感じがある。
     個人的意見に過ぎないが、この弦はクリーントーンの方が力を発揮し、しかもハムバッキングよりもシングルコイル向きだと思う。

     耐久性に関してはプレーン弦に黒ずみが早い時期に出てきたのでイマイチかと思いきや、その後の劣化はとても緩やかだった。実際2週間経った現在でもそれなりの状態を保っている。

     チューニングの安定性は必要充分なレベル。ズバ抜けて良いわけではないが、問題になることも無さそう。

     価格はそこそこお手頃である。ネタで試せる価格だな。

     パッケージは……、まあダメだな。長期保存には向かないだろうな。つまり多量の買い置きはできませんな。っていうか、売れている店や管理のしっかりしている店でせいぜい2、3セットずつぐらい買うのが吉か。

     実際問題としてかなり良い弦だと思う。パッケージを除いてだが……。
     DRほどのインパクトは無かったが、一度ストラトキャスターに張ってみたい気はする。テンションが柔らかいのでロングスケールにも向いているだろう。気になる人は一度試してみてね!と言えるレベルには達していると思う。うん!?ムダに偉そうだな。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2015/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック