FC2ブログ

    KEN SMITH S1046

     さて、次なる“お試し弦”は?
     購入順序から行けばR COCCOだったはずだ。
     そう、そのつもりだったのだ。
     しかしながら直近で購入したダダリオ、THOMASTIK、KEN SMITHのパッケージに注目した私である。
     その中でKEN SMITHは、いわゆる昔からよくあるパッケージだった。
     ヤマハとか昔のアーニーボールなどのような、密閉されていないビニール袋に各弦が紙袋で入っているタイプである。
     だからちょっと不安になった。
     R COCCOは紙箱に各弦がジップロックに入っている。
     う~む、これはKEN SMITHを先にした方が良さそうだ。

     ところで何でケン・スミス?と思う方もいるかもしれない。
     ケン・スミスはハイエンド・ベースのブランドだ。
     だから本業はベースである。
     実際、ケン・スミスのベース弦はとても評判が良いらしい。

     でも逆にそこに注目したのだった。
     ベースで定評を得ているブランドがわざわざギター弦も出している。
     ってことは相当自信がアルからだろ!?
     それに、良い弦を創ることにかけてはベースでもギターでも理屈は同じでは!?
     ロトサウンドもベース弦が有名だが、ギター弦もやっぱり良かった。
     だから試してようと思ったのだ。

     ってなワケで、ディーンマークレーに別れを告げて張り換える。
     パッケージに不安があったが、中身は完全にフレッシュであった。 
     ケン・スミスもテンションが緩めである。
     で、3弦を張った時、あまりにもテンションが緩くてビビった!
     オイ!ウソだろ!と思ったが、間違って2弦を3弦として張ったことは秘密だ(笑)。
     やっぱりそれは“ウソ”だった。
     これは生涯で初めてである。
     このところ老いのせいか(?)生涯で初めての失敗がチラホラだな。

     まあとにかくそんなこんなで張り終えた。
     最も印象深いのはその手触りである。
     これほど滑らかな手触りの弦は経験したことが無い!
     もう“エクストラ・スムース!!”って感じである。
     
     で、音の方もイイ感じである。
     気持ち良くシャキ~ン!と鳴る感じで、サスティーンも素晴らしい!
     正直、期待を大きく上回るモノだ。
     果たしてこの印象はアンプでも発揮されるのか?
     例によってアンプ・レポートをお待ちいただきたい。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2015/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック