FC2ブログ

    ちょっとした後悔

     昨日はヤマハのSF、SCシリーズなどのジャパン・ヴィンテージ世代だけれども、今一つ人気の無いモデルについてムダに書いた。
     まあしかし、その時代のヤマハと言えばやはりSGシリーズだ。
     このギターが“銘器”であることに異論はナイかもしれない。
     ホントのことを言うと……、このギターを買わなかったことをちょっとだけ後悔している。
     ただね……、ギターに対する物欲がまだ全開だった頃の20代半ばぐらいまでは、このSGのルックスが全然好きになれなかったのだよ。
     何と言うか“ロックっぽくない!”よね。
     以前も当ブログのどこかで書いたと思うのだが、このギターのシルエットには“スピード感”を感じない。
     何となく重たい雰囲気を感じるのだね。イヤ、音が良いのは知っていたのだが……。

     今では若い時に比べれば、ちょっとはギターの音についても判るようになった。
     だから、手に入れられるのであれば!という気はかなりアル。
     
     ってなワケで、SGの中古も昨日の流れから調べてみた。
     さすがに売れていたギターなので、そこそこタマ数がアルね。
     しかしだ。SG-1000以上の上位モデルになると、ほとんどが当時の定価かそれ以上なのね。
     う~む、やはり人気モデルは違うよな。

     欲しいことは欲しいのだ。しかし定価かそれ以上の価格となると……、自分はこのギターの新品を買うことができたんだよな!?とか思うと、ちょっと手が出しにくいよね。
     何かムダに悔しい。

     今更ながら、どうして買わなかったんだろう?
     ちなみにSF-7000を買った時に、SGの購入は考えなかったのか?とか思う人もいるかもしれない。
     う~ん、そうだな……、でもやっぱりあのルックスは好きじゃなかったし、持っている人も多かったのがイヤだったのはある。

     ちなみに小中高と同じ学校だった近所の同級生もタバコサンバーストのSG-1000を持っていた。
     あのギターはどうしているのだろう?
     今でも本人が弾いているのだろうか?
     それとも息子さんとかが弾いているのだろうか?
     いずれにしても“現役”だったらちょっと嬉しい。
     そんな感じだ。
     ついでだが10日目のR.COCCOはまだまだ実用範囲内の元気な音のままである。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2015/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック