FC2ブログ

    握らない

     最近は忙しい日もムダに多く、当ブログの記事が“手抜きじゃねぇ!?”という日があるような気もする。
     みなさま、いつもご訪問ありがとうございます!
     手抜きに見えるのはきっと気のせいです(笑)。

     とかイイワケしておいて、本日はギターのヴィブラートについて書いてみる。
     ヴィブラートが苦手という人はけっこう多い。
     で、私ごときではあるが、ちょっとアドバイスめいたことを書いてみる。

     ヴィブラートが苦手という人は、果たして人差し指、中指、薬指のどの指のヴィブラートが一番苦手だろうか?
     えっ、小指は!?ってか。
     イヤイヤ、小指でもヴィブラートをする人はそもそもヴィブラートが苦手だとは思ってないだろ!?(笑)

     私の予想だが、多分人差し指が最も苦手な人が多いのではなかろうか?
     初心者さんの演奏動画などを観ているといつも感じるからだ。
     人差し指だと上手くヴィブラートがかけられない人はとても多い。

     非常に簡単に言ってしまおう。
     どうして人差し指でヴィブラートが上手くかからないのか?
     それはネックを“握って”いるからである。
     
     ネックを握るのであれば、人差し指を使っている時にネックを握っている指は人差し指と親指しかナイ。
     つまりだな、“握る”という行為は最低でも親指ともう一本の指が必要である。
     “握る”という動作に既に人差し指は参加している。

     ネックを握ること、つまり人差し指は親指と協力してネックを挟み込むことに既に力を使っているのである。
     人差し指はある意味ネックに押しつけられているのね。
     その状態で更にヴィブラートをかける!?
     それは無理ってもんですぜ、旦那!

     以前も何度か書いているけどネックは握るものではナイ。
     極端に言うと左手は“添える”ぐらいの感覚なのね。
     握ってしまうと、どうしても各指の可動域が小さくなるし、非常に手が疲れてしまう。

     さすがにバレーを使ったハイコードの時は“握る”という感じもアリだが、それ以外では決してネックは握らないのである。
     そもそも弦を押さえている指以外は力が抜けているのが理想なのである。
     これが左手の脱力という話なのね。

     ってなワケで、左手の脱力ができないと、そもそも上手にヴィブラートはかけられないのである。
     ヴィブラートが苦手な人はそこを注意してみて欲しい。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2015/12 | 01
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック