FC2ブログ

    ミステリー!?

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     SF-7000が未だ戻ってこないので、毎日の基礎練習は白カスタムってことで、既に“お試し弦”は終了したのだけれど、アーニーボールは“お試し弦”と同じ状況になっている。
     別にアーニーボールに関しては新たに採点する気はナイのだが……。
     ちなみに本日で“お帰りアーニー”は4日目なのだが、耐久性に関してはやっぱりイマイチだ。採点表ではアリアを除けば最低の評価にしているが、やはりその印象は変わらん。
     まあアーニーボールはあの音を得るために耐久性を犠牲にしているのだろう。
     そして他のメーカーはアーニーボールとは別の部分で勝負しているのだろう。
     私の勝手な想像だけど……。
     
     ってな感じで本日は、仮歌を録っていた。
     実は歌詞がまだ2フレーズぶんしか出来ていなかったのだが(笑)、実際に音を入れ始めたらけっこう次々と言葉を思いついた。
     まだまだラフな状態で、実際には今後何度も修正されるだろうけど、一応歌詞は8割方埋まったのである。

     それはイイとして……、実はDAWで初めてとも言える経験をした。
     最初は別に何ともなかったのだが、どことなくライド・シンバルが走って聞こえるのに気づいた。
     アレッ!?ドラム・トラックは既に録音時にキッチリとタイミングは合わせたはずである。そしてそれに合わせてリズム・ギターとベースを録ったのである。

     各トラックを細かく見ていったら、理由はまったく判らないけど何故かタイミングがほんの少しずつ後ろにズレているのを発見。
     ライド・シンバルが走っていたのではなく、実はライド・シンバルだけが正しいタイミングで鳴っていたのである。
     しかもこれもまた不思議なのだが曲の中盤からそうなっている。
     え~と、ミステリーですな。
     さっぱり判りませんな。
     っていうか、最初にドラム・トラックを録ったときには間違いなく合っていた記憶がありますな。聴感上は合っていたし、オーディオ・データの位置もソフト・ウェア上で確認したから確信がある。

     もう一度MIDIを鳴らしてドラム・トラックのオーディオ・データを全部録り直そうかとも考えたけど、ギターとベースを録り直さねばならない怖れもある。
     ってなワケで、とりあえずライド・シンバルのデータの曲の後半部分を後ろにズラしてみた。
     正しい方をズレている方に合わせてみたのである。
     そうしたら巧いことグルーブは損なわれずにタイミングも合った。
     こういうワザが使えるのがDAWの良いところだが、逆に考えればこんなトラブルもDAWならではとも言えるな。
     原因は全く判らない。
     ツマラン話でゴメンナサイ。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2016/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック