FC2ブログ

    詰めが甘いか

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     ってなワケで、ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会、トップハーフの準々決勝。
     錦織はナダルに負けた。
     しかし勝てたとは言わないまでも、ファーストセットは獲らねばならなかったと思う。
     第5ゲームが鍵だったかな?
     あのブレイクポイントをモノにしていれば、2ブレイクアップになっていたワケで、その後の展開はだいぶ違っていただろう。
     まあ錦織の詰めが甘いとはいえ、あそこから盛り返せるナダルはやっぱり普通ではナイが……。
     ただ、こういう時に勝てないとこれ以上ランキングは上がらないよね。

     ジョコヴィッチ×ツォンガ戦。
     う~ん、ツォンガは惜しかった。
     予想通りかなりジョコヴィッチを苦しめたのだが……。

     準決勝はジョコヴィッチ×ナダル、ラオニッチ×ゴファンとなった。
     ジョコヴィッチが勝つと思うが、ナダルの調子がどれほどなのかはちょっと注目。
     もうすぐクレーコートシーズンが始まるし。
     ラオニッチとゴファンの対戦成績はゴファンの1勝なのね。
     とはいえ、それは2014年のバーゼルだから約1年半対戦が無い。
     現状ではラオニッチ有利だとは思うが、中々興味深いカードではある。
     今日はミラノ~サンレモがあるな。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    モンフィス!とか答えそう

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会4回戦、錦織はイズナー相手に苦しみながらも何とか逆転勝ちし、ベスト8に進出した。
     これでベスト8のカードはトップハーフが、ジョコヴィッチ×ツォンガ、ナダル×錦織となり、ボトムハーフはチリッチ×ゴファン、
     ラオニッチ×モンフィスとなった。
     トップハーフはそれぞれの山のトップシードが順当に残り、ボトムハーフは4人ともそれぞれの山の2番目のシードが残った。
     ちょっと珍しいね。

     ってなワケで、ボトムハーフは既に試合が終わっている。
     チリッチ×ゴファン戦は、ゴファンが非常に巧い試合運びで勝利した。
     もちろん、マスターズは初のベスト4である。
     ゴファンって技術的には非常に高いと思うのだが、何と言うか“スケール感”みたいなモノを感じないよな。最早立派なトップ選手の一人ではあるのだが、強者が持つオーラを感じない。まあベビーフェイスであるし、その辺が逆に受けて人気が出るかもしれないんだけど……。イヤ、けっこう好きなんだけどね。

     ラオニッチ×モンフィス戦はラオニッチが勝利。
     とはいえモンフィスのプレーはいつも楽しい。
     しばしば信じられないようなプレーをする。
     テニスを知らない人にトップ選手それぞれの好プレー集を見せて、どの選手がナンバーワンだと思う?と訊いたら、
    「モンフィス!!」と答えそうだよね(笑)。

     さて日本時間は明日早朝になるがトップハーフの2試合がある。
     錦織は……、う~む、現状のナダルには勝っておきたいところだ。
     実際、錦織が勝つ可能性の方が高いとは思うが、ナダルはここインディアンウェルズのコートと相性は良い。果たしてどうなる?

     もう一つのジョコヴィッチ×ツォンガ戦。
     どうせジョコヴィッチが勝つでしょ!?という感じではあるが、残っている選手でツォンガはジョコヴィッチにとってイヤな方ではある。ジョーの爆発にちょっとだけ期待しよう。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    エッジのせいか?

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     さて、久しぶりにムダなギター関連の話だ。
     イヤイヤ、大した話ではナイので身を乗り出さないでいただきたい(笑)。

     私は当ブログで何度も書いてきたが、頻繁に弦を切る人である。
     しかも大抵切るのは6弦である。
     それ故“6弦切れ切れギター”なる看板を掲げていたことさえアル。(どんな看板だよ!)
     
     これまで弦(6弦)が切れる前兆などもムダに言及してきた。
     それらには決してウソはナイ。
     ところがだ。
     実は私、もう1年近く弦を切っていない。
     6弦は勿論のこと、比較的切れやすい1弦や4弦も切っていない。

     ピッキング・スタイルが変わったのか?イヤ、そんなことはナイ。
     単にギターを弾く時間が減ったのか?そういうワケでもナイ。
     弦のブランドを変えたのか?
     イヤイヤ、確かに色々な弦を試したりしたが(笑)、基本はアーニーボール・レギュラースリンキー一択である。
     もっともスーパーサブ的にDRもストックしているが。
     
     そうそう、以前当ブログのお奨め弦はアーニーボール・コバルトということにしたが、変更することにしたい。

     当ブログのお奨め弦はDRな!
     みなさんも一度使ってみると良い。
     この弦に関して価格が多少高いという以外に不満がある人は……、きっといないと思うぞ。(そうか?)

     話が脱線した。
     とにかくギターに関してのルーティンを特に変えていないのに、私は弦を切っていない。
     しかしながら熱心かつ賢明な常連読者様であれば、ひょっとして気づいた方もいるかもしれない。

     そうだ、実はピックが変わっている!
     25年程使い続けたピックが生産中止になったために、昨年より新レギュラーピックが導入されたではないか!
     新レギュラーは旧レギュラーと混在されながら順次移行されてきたワケだが、新レギュラーが半数近くになった辺りから弦を切っていないことに気づいた。

     以前もムダに説明したが、この新レギュラーはブランド、材質、厚さ、形は旧レギュラーと同じである。
     唯一違うのは、ピック断面のエッジ処理がされていることである。
     旧レギュラーはいわゆる“切りっぱなし”のようになっていて、“角”が立っていた。
     だから新品の時は弦をはじくときに“ガシッ”という感触があった。
     これが弾きにくいかと言うとそうでもなく、それはそれでその硬い弾き心地も好きだったんだけどね(笑)。
    「おう!これは新品だな!」ってな具合に。

     新レギュラーは断面が滑らかに処理されているので、新品であろうともこの“ガシッ”は無くなった。
     ムダにちょっと寂しい気もするのだが、普通に考えたらこの方が良いかもね!?

     ってなワケで、現在では全て新レギュラーになっている。
     これまで私がムダに6弦を切っていたのは、旧レギュラーの切りっぱなしのエッジのせいだったかもしれない。
     っていうか、多分そうだ。そうとしか考えられない。

     ちなみに新レギュラーは減りにくく感じるというか、“捨て時”が判りにくくなった。
     新品でもそれなりに使った後でも感触があまり違わないのである。
     何かムダに使用期間を引っ張ってしまうんだよね。
     考え方を変えれば「寿命が長くて良いんじゃない!?」とも言えるのだが(笑)。

     もっとも弦を切らなくても、弦交換しないワケじゃないから、弦のコストは変わらんけどね。(そりゃそうだ!)
     ただ、弦が切れるガッカリ感を味わうことなく済んでいるのは幸せかもしれない。
     良い仕事するじゃん、新レギュラーピック!!
     とはいえ、あくまでも私限定の話であって、このピックがバカ売れすることはきっとナイ。
     いつ生産中止になってもおかしくないと思っている(笑)。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    マレー負けてるし

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     レスターが着々とプレミア制覇に向けて進んでいますな。
     ホントに優勝してしまうのか?
     もうこうなったら優勝していただきたいモノだし、岡崎が立派にチームに貢献しているのも嬉しい。
     彼はチームにエネルギーを与える存在である。

     さて、ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会もベスト16(4回戦)が出揃った。
     錦織も3回戦でスティーヴ・ジョンソンに勝って残っている。
     しかしながら、この3回戦はお世辞にも良い出来とは言えなかった。
     錦織にはグランドスラムよりも先ずマスターズを獲って欲しいと当ブログでは再三書いているが、とてもそのような期待ができるような調子じゃナイ。
     で、4回戦の相手はイズナー。
     対戦成績は1勝1敗。
     決して勝てない相手ではナイと思うが、イズナーも地元でアメリカ・ナンバーワンとしての意地を見せるだろうし、錦織もジョンソン戦のような調子ではちょっと難しいかも。
     ただ、勝てればナダルとの対戦になりそうで、それは楽しみだとか思ったが、イヤ待て!ナダルはズベレフと対戦するのだな。ズベレフが勝つこともあるかも。

     シード勢はほぼ順当な勝ち上がりなのだが、トップ8シードではマレーが3回戦で敗れた。
     え~と、相手はFederico Delbonis(アルゼンチン)。
     この試合は観ていないし、デルボニスという選手を私は知らん(笑)。
     ランキングは53位のようだ。
     せっかくマレーに勝ったのだから次も頑張って欲しいが、4回戦の相手は最近マジメにテニスに励んでいる(笑)モンフィス。
     どんなもんだろう!?
     あっ!?シチュー煮てたんだっけ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    う~む、緩いな

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     更新ペースがイマイチではあるのだが……(苦笑)。

     このところ……疲労感でイッパイなのである。
     だから本日は目覚ましをセットしなかった。
     身体が望むままに寝てやろうと思ったのである。いくらでも眠れるような感じだったから……。
     しかしながら、いつもの時間に眼が覚めてしまった。
     二度寝しようとも思ったが、アタマが重くなって1日を棒に振る怖れを感じたので起きることにした。“数時間得したじゃん!”と思うことにした。やることはいくらでもある。

     ってな感じだったが、特に何をやったかは書かない(笑)。
     別にイイじゃん、そんなこと。
     本日は更新の間が空いてしまったので、ムダにスポーツ雑感を書くのである。

     先ずサイクルロードレース。
     昨日終わったパリ~ニース。
     ゲラント・トーマス(スカイ)の総合優勝で幕を閉じた。
     今季が最後と言われているアルベルト・コンタドール(ティンコフ)が2位、移籍して今年はチームの中心として走るリッチー・ポート(BMC)が3位。
     何だかんだでスカイのチーム力は今年も高い。
     そしてムダに思うのだが、リッチー・ポートは素晴らしい選手ではあるが、決して偉大な選手にはなれないんじゃないだろうか?
     何となくホアキン・ロドリゲスのようになるのじゃないか?とか書いておく。

     そしてATPテニス。
     今年最初のマスターズ、インディアンウェルズ大会が開幕した。
     マスターズは次のマイアミと2大会続き、いずれもシングルスの出場が96人とグランドスラムに次ぐ規模である。
     本日はジョコヴィッチもナダルもフルセットになった。
     まあ面白くなるのはまだ先だな。
     ただ、北米の大会は時差の関係で見づらいな。いつも書いてることだが。

     で、プレミアリーグ。
     ニューカッスルのマクラーレン監督が解任され、後任は何とラファエル・ベニテス。
     何つぅ~か、ベニテス節操がナイな。
     そして本日よりによって初采配がレスター戦。
     私は基本アンチ・ベニテスなのでレスターを応援しがいがあるというモノである。
     またね。
    ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2016/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック