FC2ブログ

    四大陸選手権アイスダンス

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     やっと四大陸選手権のアイスダンスを観た。だからムダな感想を書く。

     まず村元/リード組(日本)。
     とても良かった!
     7位ってことは上にいるのは北米勢だけ。
     つまり現状で望み得る最高の順位だったということだ。
     観る度に良くなっているし、これで世界選手権出場のためのミニマム・スコアもクリア。
     単にクリアしただけではなく、多分世界選手権ではFDに確実に進めると思う。
     FDは二人のキャラクターにとてもマッチしていると思う。

     さて、上位のアメリカ、カナダの6組だが、世界選手権で私が期待している3組について書く。
     ギルス/ポワリエ組(カナダ)。
     まあ予想通り(?)の5位ではあった。
     でもこの組は順位など関係ナイと思う。イヤ、もちろん当人達には関係アルだろうけど……。
     とにかくこの組はオリジナリティに溢れた楽しいプログラムをいつも魅せてくれる。
     特にFDはフィギュアスケートと言うよりも高度なダンス作品である。何度でも観たくなるプログラムだと思う。

     4位のハベル/ダナヒュー組(アメリカ)。
     昨シーズン後半辺りから感じていたのだが、ハベルのスケーティングがとても上手くなっている。
     今シーズンは更にそれに磨きがかかっている感じだ。
     先日行われた全米選手権の時も何だか“ヤバイ”ぐらいだった。
     FDはその向上した技術が存分に生かされるものになっている。
     とにかくロングストロークの滑りでとても良いプログラムだと思う。

     そして優勝したマイア、アレックスのシブタニ兄妹組(アメリカ)。
     今季遂に全米を制した。
     実際その全米選手権の出来は素晴らしかった。
     そしてその勢いをそのままに四大陸も制したのである。
     特にSDの「コッペリア」。まあお前はバレエ好きなんだろ!?と言われそうだが、マイアのその技術と卓越した演技力は、近年の名演の一つに数えても良いと思う。

     どうせだから(笑)2位のチョック/ベイツ組(アメリカ)と3位のウィーバー/ポジェ組(カナダ)についても書く。
     チョック/ベイツ組はね……、上手いのだが私の記憶に残るプログラムというのがナイということに気がついた。
     私だけかもしれないが、また観たいと思わせるプログラムが無い。
     今季もSDを途中で替えたのだが、“ああ、そうだっけ!?”という程度の印象しかナイ。
     う~む、彼らのキャラが弱いとはそんなに思わないのだが……。単に良いプログラムに恵まれていないのか?

     ウィーバー/ポジェ組は調子が悪かったね。
     ただ今季のFDは昨季に比べるとちょっと弱いかもしれない。
     まあ難しいプログラムと言うべきか……。
     最初に書いた3組に比べると技術はともかく印象度が薄い感じがする。
     まあオッサンが深く考えずに思いつきで書いてるだけだが……。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2016/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック