FC2ブログ

    Up against it

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     ここ二日ばかりFC2のログインがおかしくないか?
     必ず3回ログインし直さなければ入れないな。
     FC2のみなさまはどんなもんでしょう?

     ってなワケで、本日は新曲のギターとベースを録ってヘトヘトである。
     とはいえ、別にその過程をムダに記事に書くワケではナイ。
     前回ヘッドフォンのムダなレビューもどきをお届けしたが、その時に思いついたことを書くのである。
     しかしながら、だからと言ってヘッドフォンレビューの補足でもない。
     その記事を書いている時に聴いていた曲、その曲を聴いていたらどうしてもみなさんに伝えておかねばならない事を思いついたのだ。

     ちなみにその曲とはTodd Rundgrenの「We understand each other」である。
     この曲は奇跡の曲なのである。
     聴く度に“どうしてこんな素晴らしい曲が創れる!?”と思う。
     一番好きな曲というワケではナイが、クリエイターの側面から考えるとその楽曲の構築具合が奇跡に思える。
    こんな曲なら一生かかっても良いと思える数少ない曲である。

     この曲が収録されているのは『Up against it』。
     Todd Rundgrenって知名度はそれなりに在ると思うのだが、日本で実際に聴いている人は少ないのではないだろうか?
     何となく“敷居が高い”イメージもあるし、そもそもアルバム数も膨大でどれがイイのか判りづらい。
     加えてそこそこ有名なアルバムも在るのだが、よりによってそれが二枚組だったりする(笑)。普通の(?)音楽ファンがひょいと手に取れない条件が揃っているな(苦笑)。

     だからここで鈴木の隠し球(?)を紹介するのである。
     そう、Todd Rundgren『Up against it』を是非一度聴いていただきたい。
     一応断っておくが、私が紹介するけれどギター・アルバムじゃないよ。
     騙されたと思って聴いてみても決して騙されることはナイ!(と思う)
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    3ヶ月経ったが

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     ワザワザ書くこともないかもしれないが、1月に買ったヘッドフォン、JVC HA-SZ1000のその後である。
     買った当初は「何じゃこりゃ!?」という独特のサウンド(笑)だった。
     イヤね、正直言うとその中音域のヌケの悪さから、
    「不良品か?」と思ったくらいだ。
     しかし色々レビューなどを調べてみるに、エイジングによってけっこう音が変わるとのことだったので、ムダに(?)エイジングなどもしてみた。

     ちなみにエイジングに使用したアーティストを参考までに書くと、AC/DC、The Cars、
    George Michael、Led Zeppelin、Metallica、Pink Floyd、The Police、Prince(R.I.P)、10cc、Sting、Todd Rundgren、U2、Van Halenなどである。別にこれらがエイジングに適しているとかではなく、単に私が“音が良い”と思っているCDを使っただけである。
     よく判らんがとりあえずやってみたってところだ。

     さて、購入して3ヶ月。
     あのね、かなり音は変わった。
     最初の頃の中音域のモッサリ感がけっこう無くなった。
     実はソースによっては中音域のモッサリ感に加えて、高音域が突き刺さるような非常にアンバランスに聞こえるモノもあったのだが、中音域のヌケが良くなったらその感じも随分と和らいだ。高音域が出なくなったのではなくて、相対的に目立たなくなったのかもしれない。

     ってなワケで、エイジングによって音が変わり、購入当初の「何じゃこりゃ!?」という印象は確かに無くなった。
     それではオールマイティに使えるのか!?
     ハッキリ言うとそれは無理だと思う。
     普通のポップスなどはヴォーカルが非常に引っ込んで聞こえる。
     3ヶ月で多少は改善されたがこれだけはどうしても不得意みたいよ。
     だから比較的守備範囲が広めの音楽ファンだとこれ一つで全てを賄うのは無理だと思う。

     ところで、レビューなどで多かったのがダンス系の音楽が得意との報告だった。
     私はダンス系のCDをほとんど持っていないのだが、確かに比較的その要素が強い
    George Michael「PATIENCE」やTodd Rundgren「NO WORLD ORDER」などは素晴らしい!と思った。聴いていてゾクゾクするな。

     つまり得意分野においては実勢価格以上のパフォーマンスだと思う。
     まあ得意分野狭いけどね(笑)。
     ヘッドフォンを複数個持っていて、その時々で使い分けている人だったら楽しめるかもしれない。最近また価格が多少下がって1万円ちょっとで買えるみたいだし、ある程度割り切って使う覚悟があるのなら“買い”だと思う。えっ!?そう自分に思い込ませてるんだろうだって!?まあそういうことでもイイよ(笑)。

     ついでに以前も書いたが……、このヘッドフォンは一応“ポータブル”仕様ってことになっていて、キャリングポーチも付属している。 
     しかしこれはどう考えてもジョークである。このように話題にして欲しくて狙ったとしか思えない。
     役に立たない話にお付き合いいただきありがとう。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2016/04 | 05
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック