FC2ブログ

    最高のカード

     みなさん、いつも訪問ありがとう!
     ATPマスターズ・マドリッド大会準決勝。
     唯一の地球人として錦織が挑んだ。

     先ずマレー×ナダル戦。
     このところナダルに復調の兆しが見えるので、今年の全仏を占う上でも注目である。
     結論を言うと……、ナダルはフォアハンドこそかなり戻しているが、やはりバックハンドに以前の力強さがナイ。
     実際マレーはナダルのバックサイドにボールを集め主導権を握ることに成功。7-5、6-4のストレートで勝った。
     私はナダルにけっこう期待していたのだが……、イヤ、マレーよりもナダルを応援していたという意味ではナイけどね。
     もうちょっとヒートアップした試合を期待していたのだ。
     もちろんマレーが余裕タップリで勝ったとは言わない。
     作戦が順当にハマったのがちょっと物足りなく感じたのね。

     そしてジョコヴィッチ×錦織戦。
     このところジョコヴィッチと対戦する度に、観ている私達は絶望的な差を感じるというパターンになっていた。
     しかし……、この試合はそんなこと無かったと思う。
     むしろ全体的には錦織の方が内容で勝っているようにさえ見えた。
     実際ロングラリーでは錦織の方が多くのポイントを獲っている。
     ただ、内容で劣っても簡単には負けないのが異星人でもある。
     とはいえ、今後にかなり期待が持てる試合内容であった。
     セカンドセットのタイブレイクでジョコヴィッチにまだギアが余っていたのは、正直ビックリしたけどね。

     これまでATPで最も面白いカードはジョコヴィッチ×フェデラー戦だった。
     過去形でなく現在もそうか!?
     しかしひょっとしたら今後はジョコヴィッチ×錦織戦が最も面白いカードと言われるようになるかもしれない。
     そして、言われるようになるには……、タマには勝たないとね。
     勝敗の行方が決まっていては、仮に内容が面白くても“最高のカード”とは言われまい。
     そうなることを望むし、期待したいのである。
    またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2016/05 | 06
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック