FC2ブログ

    試合勘

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     う~む、登録認可来ませんな。
     本日中は無理なようだ。
     もっとも私は、
    「みなさんの期待をヒシヒシと感じるのだ!」(笑)
    なんてことはナイので、別に焦ったりはしませんな。

     まあそれはそうと……、ツール・ド・フランスもいよいよ大詰め。
     本日から始まる第17、18、19、20ステージの4日間。
     正直言って、“フルームの勝ちだろ!?”と思っているし、勝つべきだとも思うが。

     ライバルのナイロ・キンタナ(モビスター)は“グラン・ツール3週目の男”とか言われているが、う~む、どうなのよ!?
     ムダに私が思っていることを書くと……、ただの素人考えだけどね。
     キンタナはツール・ド・フランスの前に故郷のコロンビアでトレーニングをしていた。
     確か昨年もそうだったよね。
     これが良くないんじゃないか!?とか言ってみる。
     イヤ、別に故郷の居心地の良さからトレーニングが甘くなったと思っているワケじゃない。それどころか、むしろトレーニング自体は誰よりもハードかもしれないと思っている。
     
     ただ、ツール・ド・フランスに出場する主な選手は、前哨戦のドーフィネかツール・ド・スイスに出場する。
     キンタナはこれをしないから、何となく勝負勘というか試合勘というようなモノが足りない気がするのだな。
     今大会のキンタナの走りを見て何となく思うだけだが。
     まあタダのオッサンの戯れ言かどうかは……、きっと戯れ言だろうが(笑)、本日からの4日間で判るというワケ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    それが何かは判らんが

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     先ほど新曲2曲の登録申請が完了した。
     早ければ明日、遅くとも何とか今週中には発売かな!?
     ってなワケで、先日“欲しいかも?”と話題にしたYAMAHA REVSTAR。
     私の気持ちは変わっていない。
     しかしながら、友人の鬼ディレクター曰く、

    「スゲ~格好悪い!」

     イヤ、予想の範囲内だよ。
     私も最初に見たときには、
    「何じゃ、こりゃ!?」
    と思ったものだ。
     普通ならもう気にもしないモノなのだが、それ以降幾度か見に行ったのがポイント。
     格好悪いと思いつつも、どこか引っかかっていたのだね。それが何かは判らんのだが。
     3度目ぐらいで、「意外とカッコイイかも!?」とか思い始め、その後は見る度に好感度が増して行ってしまった(笑)。
     まあ大体私が気に入るギターなんて人気はナイのだよ。
     レスポール・カスタムは別だが、BladeストラトとかYAMAHA SF-7000なんてのは、
    「そんなギターが在ったんですか?」
    というレベルである。
     状態の良いSF-7000やエボニー指板のBladeストラトが在れば欲しいんだけどね。
     そもそもタマ数が少ない(=人気がナイ)ので、中々お目にかかれないが……。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    厳し過ぎると肩透かし

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     ツール・ド・フランスもいよいよ最終週となり、マイヨ・ジョーヌの行方も……、まあほとんどフルームに決まりだし(笑)、そうなるべきなのだが。

     ところで昨日の第15ステージ。獲得標高は4000m強で等級の付いた山岳が6つというとても厳しいステージ。ハードなステージだから総合上位陣は激しくやり合うかな!?とか期待してしまう。
     しかしながら多くの場合、つまり山岳が4つ以上あるような“厳しすぎる”ステージだと、途中の山岳ではお互い牽制というかお見合いが続いて、結果、最後の山岳だけの勝負になる。
     で、それまで厳しい山岳を登ってきたとはいえ、それなりにみんな足を貯めているから、いざ勝負になってもあまり差が付かないことになることも多い。
     昨日のステージもそんな感じだった。
     単純な見た目のタイムの上でだけの話だと、難関ステージが消化ステージになっちゃうことがある。
     もちろん、タイム差は付いていないが、実は後々この第15ステージでの消耗が影響した!ということもあるかもしれないけど……。

     まあただのバカ・ファンの視点でしかないけれど、ムダに厳し過ぎるステージってのはどうなのかな!?
     山岳もせいぜい3つぐらいにした方が、お互い勝負せざるを得ない状況になると思うのだが……。
     ただのアホなオッサンが思いつきで言ってるだけだから、あまり本気でとらえないでね(笑)。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    タイトルが決まらない

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     もうすぐ新曲2曲を発表する予定なのだが……、っていうか、作品自体はもう出来てるのよ。
     別に勿体つけてるワケではナイ。
     勿体つけたところで私の場合ほとんど意味など無いだろ!?(笑)
     実はタイトルが決まらないのであった。
     完成当初、2曲とも自分でタイトルは決めていた。
     しかしながら、いつもの友人の鬼ディレクターが、どちらの曲のタイトルも、

    「ピンと来ない!」

    と言うのである。
     ってなワケで、二人でア~でもナイ、コ~でもナイと知恵を寄せ合っているのである。
     最初のアイデアが躓いてしまったので、自分的には次から次へと出てくる候補がどれも良さげに思えてしまったりする(笑)。
     タイトルが決まらないとカバー・アートも創れないから、ムダに一時中断になってしまったのである。
     ただ、本日遂に有力候補が顕れて、どうやら決まりそうな気配になってきた。
     何とか今週中にはイケそうである。
     ちなみに2曲ともインスト。
     インストのタイトルって……、難しいよな。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    mimimamo

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!!
     実は私、2週間ほど前からあるアイテムの虜になっている。
     ヘッドフォンをしていると夏場は非常に暑苦しいよね!?
     汗で蒸れたりして、その結果ヘッドフォンのイヤーパッドも傷んでくるしで困ったことになる。
     まあ汗は多少ガマンするとしても、イヤーパッドがボロくなるのは哀しいですな。
     イヤーパッドが傷むと結果的に音にも影響出てくるし……。

     ってなワケで、イヤーパッドが傷むのはヘッドフォン愛用者にとっては共通の悩みだと思う。
     で、半年ぐらい前からちょっと気になるウェブ広告があったのよ。それは、
    「世界中のヘッドフォンをキレイにしたい!」
    とかそんな感じの謳い文句。
     要はヘッドフォンカバーの広告であった。
     それがこれからムダに紹介する“mimimamo”である。

     何度かその広告はチェックしていた。
     要するにヘッドフォンに被せるカバーであって、ちょっと興味をそそる。
     ただ、最初に見た時はメーカー直販しかなくて、中々思い切れなかった。
     しかしながら、先日見たら馴染みの店でも取り扱いをするようになっていたのね。

     う~む、これは試してみるべし!と思い、そのmimimamoスーパーストレッチ・ヘッドフォンカバーの購入を決意したであります。(敬礼!!)

     お値段はLサイズが2,500円、Mサイズが2,000円程度。
     とりあえず使用頻度の高い二つのヘッドフォン、デノンAH-D2000用にL、AKG Y-55用にMの1個ずつを買ってみた。
    ちなみにメーカーHPには対応が確認された“ヘッドフォン対応表”があり、AKGは載っていた。
    デノンは載っていなかったが形状が似ているモデルが載っていたので多分大丈夫だろう!?

     最も気になるのは音が変わってしまう可能性である。
     何と言っても極薄とはいえ、布が被さるのである。
     多少は音が変わってしまう不安があった。
     しかしながら、結論を言うと“ほとんど変わらない”、というか“判らない”。
     試しに片方のチャンネルだけに装着して使ってみたが、音の差違は感じられなかった。

     もちろん、現実的に“変わらない”というのは有り得ないことだと理解している。
     しかしだな……、音質には留意していると言うだけのことはあると感じた。
     まあ非常に神経質というか抜群に聴力の優れた人なら多少の違いを感じるとは思うが、私的にはほとんど違和感は無い。

     しかしだな、仮に音質が変わっているとしても、装着感が非常に快適になった。
     うん、これはもう手放せない!!
     側圧がソフトになるのはもちろん、何と言っても汗で蒸れることがほとんど無くなった。これは非常に大きいポイントである。
     これなら音楽制作の効率もアップすること間違いなし!という感じだ。

     装着することにより快適になったのは良いとして、価格は妥当なのか?
     それについての答えは……、え~と、私は追加でLを3個注文しました(笑)。
     つまり今では手持ちのヘッドフォン全てに装着しているであります。(敬礼!!)
     この快適さが2,500円で手に入るのなら全然安いですわ。
     私の手持ちヘッドフォンのうち3機種は対応表に載っていなかったが、全く問題なく装着できた。
     かなり伸びるので、余程巨大か、形が特殊でない限り装着は可能だと思われる。
     ちなみにこのmimimamoは抗菌防臭加工で洗濯も可能。
     そして私は全部黒にしたが、7色のカラーバリエーションがあり、デザイン的なアクセントとしても使えるかもよ!?

     ってなワケで、私としてはmimimamoはお奨めだと思う。
     脱着は容易なので、複数個ヘッドフォンを持っている方は、試しに一個だけ買ってみると良いかもしれない。
     まあみんなが私のように感じるとは限らないが……。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2016/07 | 08
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック