FC2ブログ

    やっぱり燃え尽きたのよ

     ブエルタが終わったのにまだ感想を書いていなかった。
     だからムダに書いてみる。
     ご存知かと思うが、総合優勝の証しであるマイヨ・ロホを身に纏ったのはナイロ・キンタナ(モビスター)である。ツールの時とは違って、大会期間中終始安定した強さを見せた。グランツール勝利は2014年のジロ・デ・イタリア以来の2度目。これで彼が勝っていないグランツールはツールのみとなった。現役選手でグランツール全制覇しているのはコンタドールとニーバリの二人だけだが、果たして来年以降それに続けるか?
     まあ、チームが彼を厳しくコントロールして“故郷コロンビアでのトレーニング”を禁止すればそれも可能かもしれない。

     総合2位はクリス・フルーム(スカイ)。
     第15ステージのコンタドールのアタックに乗り遅れさえしなければ……、第19ステージの個人TTでの強さを見る限り逆転優勝していたかもしれない。
     それにしても“ダブル・ツール”ってのは難しいのね。
     フルームならやってのけるんじゃないかと期待していたのだが。
     来年はジロに出場するという噂もある。
     うん、是非出場して頂きたい!
     とにかく以前も書いたけど、フルームはサガンと共にサイクルロードレースの光だと思っている。

     総合3位はエステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ)。
     今年のジロ2位に続く2度目のグランツール表彰台。
     グランツールの表彰台に複数回上がった選手は、大抵そのうちグランツールで勝利する。
     例外はホアキン・ロドリゲスぐらいのものだ。
     だからチャベスもきっといつかは勝つのではないか?まだ26歳である。
     ちなみにチャベスって、笑顔がとてもキュートで女性ファンに人気が出そうである。

     アルベルト・コンタドール(ティンコフ)は総合4位。
     う~む、以前の強さはもう無くなってしまったのか!?
     全盛時に比べてトラブルに見舞われることが多くなったのも、力の衰えと無関係では無いのかもしれない。
     ただ、今年での引退は撤回してくれたので、サイクルロードレース・ファンにとっては来シーズンの楽しみが増えたと思う。
     また以前の強いコンタドールを見たい私である。

     ってなワケで、やっぱりブエルタは面白いので燃え尽きた私である。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2016/09 | 10
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック