FC2ブログ

    “Hello”

     新曲、インストを創っていたのである。
     で、アウトラインが出来上がったところで、いつものように友人の鬼ディレクターに聴いてもらったのである。
    さて、その反応は!?

    「あのさ、この後半部分のリフは“Hello”だよな!?」

    “Hello”ってのはバンド時代の代表曲の一つで、オープニングかエンディングに演奏されるという重要なナンバーだった。とても評判の良かった曲である。

    「俺さ、“Hello”って良い曲だと思うんだよね。今現在、この曲をやらない理由ってのは在るのか!?」

     理由ね……、う~む、イヤ、レコード会社が倒産しなかったら(笑)、きっと6曲目ぐらいにリリースしたんじゃないかな!?
     ただ、日本語の歌詞が今一つ巧く乗り切らないんだよね。
     バンド時代は英詞だったのよ。

     自分でも良い曲だという自負は在る。
     だからこそ新曲インストの一部分にサラッと入れてみたのだが……。

     しかし、友人はこんなことするくらいなら、“Hello”をやれよ!と言いたいみたいだ。
     他人に良い曲だと言ってもらえるのは尊いことだ。
     そしてその曲をキチンとした作品にしないのは間違いかもしれない。

     実はバンド時代の曲で現在、形になっているのは4曲しかない。
     “Fly”、“Remember”、それと未発売ながら“Feel so bad”、“We are Cool”。
     バンド時代(今もか?)はカス作品ばっかりだったんじゃない!?という意地悪なツッコミもアルかもしれないが、イヤ、多分ね、そんなワケではナイ。

     ってな感じで、友人の一言でこのインストはボツ。
     ヘタに昔のアイデアなど小出しにしないで、バンド時代の曲、“Hello”をちゃんと創ることにした。
     曲自体がボツになることはナイ(笑)。
     ただ仕上がりにはうるさいだろうな。
     まあ覚悟を決めてやるつもりである。
     何と言ってもこの曲は、ライブに来てくれたあるお客さんが、
    「今日は“Hello”を聴きに来たんです!!」
    と言ってくれたことがある。
     その時の気持ちを思い浮かべながら全力を尽くすであります。(敬礼!!)
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック