FC2ブログ

    マイアミ

     ATPはマスターズ1000が続く。
     お次はマイアミ大会である。
     また96人出場である。
     前回のインディアンウェルズとこのマイアミはほとんどグランドスラムと変わらんな。 
     まあ3セットマッチだけどね。

     この大会を得意とするジョコヴィッチとマレーは欠場である。
     つまり第1シードがワウリンカで錦織は第2シードとなる。

     今回は手を抜かず(笑)ドロー表をムダに見ていく。
     トップハーフの上半分、第1シードのワウリンカ山である。
     同居したトップシードは第8シードのゴファン。しかしそれよりもこの山には第12シードのキリオスがいる。う~む、彼が鍵を握っているかも!?

     トップハーフの下半分は第4シードのフェデラー山である。
     同居したのは第6シードのティエム。
     他にはデル・ポトロがいるが……、う~む、順当にフェデラーが勝ち上がっちゃうか!?

     ボトムハーフの上半分、第3シードのラオニッチ山。同居は第5シードのナダル。
     実は西岡もここだ。今大会は予選なしのストレートイン。ちなみに初戦を勝利すると、インディアンウェルズで錦織に勝ったジャック・ソックと対戦する。
     この山はけっこう混沌としているかもしれない。ナダルとディミトロフが有力ではあるが……。

     ボトムハーフの下半分は第2シードの錦織山。
     マスターズで第2シードとはラッキーも在ったとは言え凄いことである。
     ワウリンカはもちろん、フェデラーとも決勝まで当たらないのだからマスターズ初制覇のチャンスなのは間違いない。
     同居したのが第7シードのチリッチだってのは不安要素だけど。
     まあとにかくやるしかないだろ!?

     実力的にやや抜けている感のあるフェデラー、ワウリンカ、そしてキリオスがトップハーフに集まってしまったので、ボトムハーフの選手はやる気が出てるかも!?
     でもこういう時こそ第2シードの”義務”を果たして欲しいところである。
     またね。


    楽曲発売中!!

    楽しまれては

     ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会決勝。
     ワウリンカのここ数シーズンの台頭により、今や二人の力関係は”ライバル”となった。
     このスイス対決、今年の全豪セミファイナルでも実現している。

     非常に両者とも力の入った熱戦だったが、6-4、7-5のストレートでフェデラーが勝った。
     敗れたワウリンカはスピーチで涙がこぼれた。
     仕方ないよ、相手のオッサンが凄すぎるのである。
     今年の夏に36歳になるフェデラー、これで今シーズン最初の二つのビッグタイトルを連覇してしまった。
     シーズン初めにこれを予想した人など皆無だろう。

     フェデラー復活の理由は?
     バックハンドの技術向上がその一つであるのは間違いない。
     フォアハンドやサーブの威力・精度は衰えを感じるものの、バックハンドの向上はそれらを補って余りある感じである。
     更に付け加えるのなら、やはりモチベーションか!?
     とにかくフェデラーはテニスを楽しんでいるように見える。
     休養していたことによる試合に対する渇望。
     上手いこと蓄積疲労も回復しているようだし。
     身体は軽いは、プレイしたくてたまらないって感じ。

     つまり、一番上手い人が楽しんでプレイしてるワケよ。
     既に最高の実績を残しているから結果に対してのプレッシャーも少ない中で。
     う~む、これじゃ相手は敵わないよね!

     さて、次はマスターズ1000マイアミ大会である。
     マレーとジョコヴィッチのワンツーが欠場である。
     特にジョコヴィッチは”マイアミ番長”だったので、他の選手にとってチャンスである。
     マイアミは錦織の得意な大会なので、今度こそという気もするが、またオッサンがかっさらっていく可能性もけっこう高かったりして。
     またね。


    楽曲発売中!!

    よせばイイのに!?

     今朝起きたら”めまい”がした。
     もちろんちょっとした”めまい”ぐらいは度々経験している。
     しかしながら、今朝のそれはいつもと違った。
     立っていられないのでとりあえず横になったのだが、天井がグルグル回っている。
     う~む、横になっても目が回っているのはこれまでに経験が無かった。

     本日は午後から外出予定があり、それはキャンセルできない。
     仕方ないのでギターの基礎練習を諦めて横になっていることに。
     しばらくしたら世界は元に戻った。

     さて、意欲的な新曲はどうなった!?
     切り貼りして構成を創り直し、鬼ディレクターと北海道の友人に聴いてもらった。
     その結果……、両者から良い反応をもらった。
     しかしながら、何となく”あと一歩”踏み込めるような気がする。
     鬼ディレクターも、
    「これでもイイけど、どうせだからもっとやっちゃおうよ!!」

     ってなワケで、このヴァージョンはある意味”保険”としてキープ。
     更なる高み(泥沼)に向けて”よせばイイのにヴァージョン(笑)”も創ることにした。
     話は変わるがインディアンウェルズの決勝はやっぱりスイス対決になったな。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ラッキーだけじゃない

     慣れない操作に戸惑いながらも、
    「こういうのもタマにはイイか!?」
    とも思っている私である。
     
     ってな感じで、マスターズ1000インディアンウェルズ大会。
     錦織は準々決勝でジャック・ソックに敗れた。
     う~む、今大会はチャンスかと思ったが、酷い調子でしたな。
     ファイナルセットまで行ったのだが、セカンドセットは”プレゼント”してもらったようなモノで、売りであるはずのバックハンドの調子が最悪であった。
     やはりマスターズ・タイトルは遠いな。
     次は相性の良いマイアミ大会である。
     こちらで頑張って欲しい。
     
     さて、もう一つのボトムハーフ準々決勝、フェデラー×キリオス戦は非常に楽しみだったのだが、何と!キリオス棄権ですな。
     どんな試合になるのか興味津々だったのだが……。

     ってなワケで、ベスト4のカードが決定。
     ワウリンカ×カレーノ・ブスタ。
     ワウリンカは順当だとしても、カレーノ・ブスタは意外か!?
     マレーが敗れたり、バウチスタ・アグートの棄権があったりでラッキーな感は否めないが、ラッキーだけでマスターズのベスト4には進めませんな。

     もう一つは、フェデラー×ソック。
     いずれの対戦も格上の2戦2勝。
     う~む、やはり決勝はスイス対決になるのだろうか。
     フェデラーが優勝してしまったら、いきなり年頭からのビッグタイトル連覇だね。
     ちょっとそれは……、面白すぎる。
     またね。


    楽曲発売中!!

    不慣れではあるが

     さて、インストのはずだったがヴォイスなどを入れてみたら妙な意欲作?になって、鬼ディレクターにもこの路線で行くように言われた最新作。
     ボツにするという考えは今のところナイ。
     鬼ディレクター曰く、
    「ボツにするには美味しい部分がいっぱいある。ただその美味しい部分がそれぞれ引き立て合うようになっていないんだよね。構成で思いっきり遊んではどうか!?」

     DAWってのは、切り貼りして楽曲の構成なども簡単に変えることができる。
     ただし、私はヒップホップ系の人ではナイのでそういうのは得意ではナイ。
     イヤ、やったことすらナイのだから得意ではナイとかいう以前の問題だな(笑)。

     とはいえ、オリジナルデータさえキチンと保存してあれば、コピーを散々弄り回すことができる。
     とりあえず失敗覚悟というか失敗前提で(笑)、やってみるのもアリね。
     もっともギターやベースなどは生録りだから上手く切り取れるかどうか判らんが…。
     まあ私ごときではショボいだろうけど、そういう手法に慣れておくのもイイかも!?

     ってなワケで、失敗だったとしてもどうせ一日か二日ムダにするだけだ。
     不慣れな作業をやってみようと思う。
     覚悟を決めて先ほど髪を切ってきたのである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2017/03 | 04
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック