FC2ブログ

    もうちょっとだったのに

     ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会。
     正式名称が全然ピンと来ないので、以前からの呼称で書かせてもらう。
     シーズン最初のマスターズ1000大会にして次戦のマイアミと共に最大規模のマスターズ大会である。(本選出場96人で開催期間も11日間)
     テニス・ファンとしてはいよいよ本格シーズン到来ってことでムダに盛り上がるのである。とはいえ、今年はドローから見る優勝予想などはすっ飛ばしてしまった当ブログである。誰も何とも思っていないだろうが、一応謝っておく、スマナイ。

     ってなワケで、もう既にベスト8が出揃っている。
     そして第1シードのマレーは敗れている。
     マレーはハードコートのマスターズに滅法強いイメージがあるのだが、このインディアンウェルズだけはダメみたいね。

     そして本日の4回戦では第2シードのジョコヴィッチがキリオスに敗れた。
     ちなみにキリオスには連敗である。
     昨年の後半からどうにもジョコヴィッチはイマイチだね

     ところで……、西岡は惜しかった!
     カルロヴィッチ、ベルディヒと格上を連破して迎えた4回戦の相手はワウリンカ。
     ワウリンカは3回戦でコールシュライバーに勝っている。
     ちなみに私的には西岡の相手としては、高いレベルで何でもそつなくこなせるコールシュライバーよりは、爆発力はすさまじいがメンタル面などやや穴があるワウリンカの方が良いかも!?と思っていた。
     で、その予想が……、もうちょっとで中りそうだったのに…。
     ファイナルセットで2度もサービング・フォー・ザ・マッチ(このサービスゲームをキープすれば勝ち)が在ったのだのだが、勝ちきれずにタイブレークにもつれ込み敗れてしまった。

     しかし、西岡はとにかくフットワークが素晴らしいし、左利きというアドヴァンテージ、そしてテニス・センスも在ると思う。
     これで60位前後までランキングも上がるだろうし、今後はトップ50入りだって夢ではナイと思う。

     そしてナダル×フェデラーのレジェンド対決。
     結果はフェデラーの完勝だった。
     この対戦はこれまで、ナダルが高く跳ねるスピンでフェデラーのバックサイドを徹底して攻めることが成功していたのだが、フェデラーのバックハンド技術の向上とナダルのスピン量の減少(?)が相まって、むしろフェデラーにバックハンド・ウィナーを喰らう場面が非常に増えたように思う。
     実際、ストローク戦においてもほとんどフェデラーが主導権を握っていた。ストローク戦で優位に立てないとなると、ナダルはフェデラー相手では為す術がナイ。

     さて、マスターズってのは中々異星人4強(このフレーズも久しぶりである!)以外は優勝できないモノだ。
     残っている異星人はフェデラーだけ。
     果たして錦織の初マスターズは成るのか!?
     いつもよりチャンスが在るのは間違いない。
     またね。


    楽曲発売中!!

    歌入りか?インストか?

     スゲぇ~よ西岡!!
     と、とりあえず叫んでみたのだが今回は別にテニスについては書かない。
     ってなワケで、またムダに新曲の経過。
     鬼ディレクターはメイン・テーマが好きではナイと言う。
     ところで北海道の友人は、
    「ギターだけじゃなく、歌とは言わんがヴォイスみたいなのを入れたらどうか!?」
    と言った。

     そこで私は考えた。
     二人の要望を一遍に聞き入れるために、メイン・テーマの部分にヴォイスを入れるってのは!?
     半分冗談のようだが……、とりあえずダメ出しされるのを覚悟でやってみた。
     最初はスキャットにするつもりだったが、私の声はスキャット向きではナイのが判った(笑)。
     だから今度はちょっとした歌詞を一つだけ創り、それを連呼するような感じにしてみた。
     う~む、スキャットよりはかなり形になった気がする。

     で、それを鬼ディレクターに聴かせた。
     馬鹿にされるのを覚悟して。

     ところがだ、
    「うん!?これはけっこう面白い!これまでにはないパターンだな。どうせならこの路線で突き進んだらどうか!?」
     という予想もしない言葉を貰った。

     とりあえずこの形で創りこむことにする。
     ちなみにどうでもイイことが気になっている。
     楽曲を販売するには日本レコード協会に楽曲登録をしなければならない。
     タイトルはもちろん、作曲者、演奏者、楽曲の長さなどを申告しなければならない。
     で、それらの項目の一つに「歌入りかそうではないか(インスト)」というのがある。
     果たして、この曲が完成したらどっちにすればいいのか!?

     多分、歌詞がなくてスキャットだけなら、人の声でも楽器扱いとしてインストで登録するのが妥当だと思う。
     でも、その声に”言葉”がのっていたら歌詞ってことになるよね。
     ってことは、やっぱり「歌入り」の楽曲として登録するのか?
     う~む、全体の印象は完全にインストなんだけどね。
     まあ完成してから悩めって話か!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    今後の可能性

     また新曲の経過について書く。
     他人にとっては多分どうでもイイことであり、単に自分を追い込むために書いているのであって、きっと面白くないと思われるので適当にスルーしていただきたい。

     鬼ディレクターに言わせると、メインのテーマ・メロディが引っかかるのだそうだ。
     何かリズムが苦手らしい。
     それが気になって集中力が削がれるのだそうだ。
     実はこのメロディが録音される前に、コードバッキングだけが鳴っている状態の時には、
    「おおっ!イイじゃん!!」
    と思ったそうな。

     このメイン・テーマ以外はけっこう好きらしい(笑)。
     う~む、テーマを創りかえればイイんじゃねぇ!?
     もしくはその部分はコードだけで押してしまうとか……。

     更にあっと驚く(?)提案もあって、
    「歌モノにすれば?」

     あのね……、歌モノってことは……、歌詞が必要じゃん!?
     それにギターに比べたら歌には自信がナイ私である。
     もちろん、歌でしかできない表現ってのは在るワケで、技術的に拙くてもギターでは伝えられない何かを創ることは可能なのだが。

     ってなワケで、今後の可能性としては三つ。
     メイン・テーマを創り直す。
     メイン・テーマ自体を取っ払う。
     歌モノにする(笑)。
     あっ!?ボツにするという四つ目の可能性も在るか!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    明確な要素

     本日は……、ただの愚痴かもしれない。
     つまり新曲で悩んでいるのである。
     とりあえずベースの一部を録り直した。
     う~む、ちょっと良くなった。
     そしてギターパートの一部の音をディストーションからクリーンに換えて録り直す。
     聴きやすくなった。(と思う)

     更に4本のユニゾンだったバッキングパート。
     2本をミュートして聴いてみる。
     う~む、どちらが良いかは判らない。それぞれに長所短所が在るな。

     ちなみに鬼ディレクターに因れば、
    「この曲には明確な要素が足りないかもね。」
    とのことだ。
     まあアイデアの時点からハッキリとしたイメージが在ったワケではないから、この指摘は的を射ている。

     ボツになるかどうか!?
     五分五分かな?
     もっとも、悩んでいるようではボツか!?(笑)

     クオリティは概ね努力の総量に比例するが……、今回はそうでもないかも。
     またね。


    楽曲発売中!!

    そんなに甘くはない

     ここしばらく更新が滞りがちですな。
     ブログの更新ペースが鈍っている時は、制作に打ち込んでいると考えていただきたい。 
     頻繁に来ていただいている訪問者の方々、ゴメンナサイ。
     サイクルロードレースもパリ~ニースをやっているし、テニスもマスターズシリーズ開幕でネタはあるんだけど……。

     ってなワケで、一応新曲もレコーディングが終了してとりあえずラフミックス。
     そして早速、鬼ディレクターと北海道の友人に聴いてもらった。
     果たして二つの関所を通過できるのか!?

     結論を言うと……、二つとも通過できなかった(笑)。
     う~む、現在ストックしてある3曲は非常に好評だったのだが、さすがに4曲連続でトントン拍子とは行かない。
     しかしながら、それぞれから有難いアドバイスを頂いた。
     そして新たなアイデアも浮かんだ。
     まだボツにはならない。
     明日のたうち回るつもり。
     ホントは勢いに乗って次の曲に行くつもりだったんだけどね。
     まあしかし、自画自賛してゴミのような作品を垂れ流すワケにはいかない。
     意見をしてくれる友人がいるのは有り難いことである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2017/03 | 04
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック