FC2ブログ

    本年度最初のリリース!

      ってなワケで、本日は告知であります。(敬礼!!)
     特に誰も待っていなかったとは思われますが(笑)、新曲のリリースです。

    wakeup.jpg
    「Wake up」

     え~とですね、新生活のシーズンってことで、新生活応援ソングです(?)。
     ウン十年前の気持ちを思い返して創ってみました。
     ギターは全てYAMAHA SF-7000でプレイしました。
     初めて買ったエレキ・ギターなのに、これまでの楽曲では使われていなかったので、これがSF-7000のデビュー作となります。
     ちなみに何度か当ブログでも触れていますが、ピックアップはフロントがダンカン'59、リアがダンカンJBに換装されています。
     ピックアップの違いもあるとは思いますが、レスポールよりはややレンジが狭いかな!?
     でも、けっこうイイ感じのバイト感だと思います。
     私はコイルタップ不要論者ですが、このSF-7000には”バイサウンドシステム”というコイルタップが装備されています。
     で、半分冗談のつもりで、右チャンネルはコイルタップしてみました。
     ね!?大して違わないでしょ!?(笑)
     さすがにややトレブリーでゲインも少なく感じますが……。
     まあしかし、本曲は私史上、最も良くできたバッキングギターかもしれません。
     特にサビの部分のドライブ感はイケてると思います。
     きっと気に入ってくれる人もたくさんいる……、とイイな。
     ソロはユニゾンで左右チャンネルともフロントです。右チャンネルもここだけはコイルタップしてません。しかしホントにダンカン'59はイイ音です。ひたすらクリアにしたくて、どんどんゲインを下げてしまいました。
     ちなみにイントロとエンディングに再び出てくるギターは”目覚まし時計”のイメージです。ぜひ聴いてみてください。よろしくお願いします!!


    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」

    1.Hello
     
     バンド時代の代表曲。25年の月日を経て復活させました。
     ギターは左チャンネルがSF-7000、右チャンネルが黒カスタム。
     ギターソロも同様ですが、ソロにしては珍しくリアを使いました。
     ハーフミュートで上がっていくフレーズで”キレ”が欲しいので、この曲は昔からリアでプレイしていたのだよ~ん!

    2.Reach

     元々は私史上最もギターソロパートが多い楽曲になるはずでした。
     が、ヴォイス・パートを入れたりして、ソロはかなり削られましたな。
     っていうか、編集しまくりですな。
     こういうのはこれまでやったことありませんな。
     まあしかし、鬼ディレクターや北海道の友人の意見を素直に聞き入れた結果、こうなりました。必ずしも他人の意見を聞き入れることがイイことではないですが、意見を言ってくれる友人がいることに感謝しています。
     ギターはクリーンのバッキングはBladeとSF-7000を2本ずつ、すべて指で弾いています。
     ソロはBlade。まあ、こういう曲もタマにはいいかな!?

    3.1046

     え~と、ブルースです。
     決して私の本道ではありません。
     とはいえ、まあ良い出来になりました。
     ギターはバッキングがSF-7000で指弾き。最近の傾向でユニゾンでバッキングを弾いた時にはモジュレーション系のエフェクターは一切使いませぬ。うん、何かその方がイイや!
     ソロは白カスタムのフロント。ほとんど一発録りに近いかな!?
     エンディングの部分のソロはとてもお気に入りです。でも試聴だけだと聴けませんな。 
     申し訳ないですが、どうしても聴きたければお買い上げください(笑)。
     きっと損はさせませんぜ!

     ってな感じで、よろしくお願いします!!
     ちなみに今回はYAMAHA SF-7000を全ての楽曲で使用しております。
     生涯で初めて買ったエレキ・ギターを36年後に大フィーチャー(笑)。
     素晴らしいギターを作ってくれたヤマハさんに感謝!!
     またね。


    楽曲発売中!!

    10度目だと思う

     ATPテニスもいよいよクレーコートシーズン。
     昨日からマスターズ1000モンテカルロ大会が始まった。
     年頭からここまでは、あっと驚くフェデラーの一人勝ち状態だったのだが、そのフェデラーは全仏オープン以外のクレーコート大会は出場しない。
     そして、マレー、ジョコヴィッチのトップ2は復帰する。
     復活しつつあるナダルと、クレーが最も得意でもあるワウリンカらとの戦いが注目である。

     特にナダルはこのクレーコートシーズンの成績によっては、レースランキングでフェデラーを抜いて1位になる可能性がある。
     果たしてマレー、ジョコヴィッチがそれを阻むことができるのか!?

     本来マレーはクレーコートを得意としていなかったが、昨年あたりから他のサーフィスと変わらない成績を残している。
     今後ランキングを維持していくためにも、最低でも一つくらいタイトルが欲しいところだ。
     今大会では順当に行くと準決勝でワウリンカとの対決になりそうだが、もし実現すれば今年のランキングを占う上で重要な対戦となりそうである。

     ってなワケで、ボトムハーフはジョコヴィッチとナダルなのである。
     う~む、現在の二人の力関係はちょっと興味深い。
     ジョコヴィッチが昨年の夏以前の調子に戻していれば、やはりジョコヴィッチ有利ということになるだろうが……。
     そこまで戻しているとは考えにくいかな!?
     ちなみにジョコヴィッチの初戦(2回戦)の相手はシモンに決まった。
     ジョコヴィッチの調子を量る上では絶好の相手ではないか!?
     シモンの底なし沼に引きずり込まれてしまうようでは、今後が不安である。

     ちなみに私の予想は、モンテカルロ大会10度目となるナダルの優勝なんだけど。
     またね。


    楽曲発売中!!

    イメージよりも遥か先

     いきなりどうでもイイ話をする。
     私は洗顔の時に洗顔フォームを使う。
     充分に泡立てて洗顔をした後、当然その泡をすすぐことになる。
     水でバシャバシャと泡を落とす。
     で、もう十二分に泡が落ちたと思って鏡を見るとだな……。

     かなりの確率で生え際の辺りに泡が残っている(笑)。
     つまり、こういうことだ。
     私が思っているよりも、生え際はもっと遥か上なのだな。
     え~とね、かなりガッカリするぞ!
     またね。


    楽曲発売中!!

    微妙な違い

     さて、いい加減ブログを放置するのはやめよう(笑)。
     本日はムダに気になるギターについて書く。
     まあ例によって半分茶々を入れる感じだ。
     ギブソン・レスポール・カスタムなのだが、こちらのモデルである。

     通常、レスポール・カスタムはカスタムショップ製なのだが、このギターはUSAラインである。
     パッと見て”ウン!?”と思うかもしれない。
     そう、普通のカスタムとは見た目の印象が随分と違うだろう!?

     限定モデルだそうだ。
     さて、通常のモデルとは何が違う!?
     大抵の方は直ぐに気づくだろうが、潰しカラー(エボニー)なのにピックガードがナイ。
     そして3ハムピックアップなのは良いとしても、それがオープンタイプのピックアップである。
     う~む、大した違いではナイ気もするが、結構な違和感である。
     まあ私だけがそう感じるのかもしれないが……。
     ついでに言うと、ロッドカバーに”Les Paul CUSTOM”の刻印が無く無地のまま。
     加えてフレットはゴールドである。

     一応コンセプト的には”ブラックビューティー”。
     つまりオリジナルのレスポール・カスタムってことで、ボディはオールマホガニーである。

     とはいえ、この微妙な相違点は何なのだろう?
     別に楽器としてオリジナルの欠点を解消するためでは無さそうね。
     考えられるのは、カスタムショップ製には既にオリジナルの復刻版が在るから、USA製は差別化したのかもしれない。

     ただ問題は価格である。
     370,000円(税別)というのはどうか!?
     もちろんカスタムショップ製のオールマホガニーのカスタムはこれの倍ぐらいするワケだが、現行のメイプルトップのカスタムショップ製のカスタムとは大して差がナイ。
     う~む、敢えてこのUSA製のカスタムをチョイスする理由は?
     もちろん、弾いてみないと何とも言えないけどね。
     ちなみに私は3ハムだと演奏不能(笑)だから、試すことすらできないが……。
     みなさんはいかがだろうか!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    コツ

     近日中に4曲をリリース予定。
     ところでギター上達のコツ。
     充分に練習した!と思ったら、
     更に……、15分ダメ押しで練習する(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック