FC2ブログ

    予想は難しい

     全米オープンテニスは2回戦まで終了した。
     最後の最後でマレーまで欠場した今大会。
     トップ選手の欠場だらけだが、それはある意味他の選手たちにとっては大チャンス。
     ってなワケで、ロクに観ていないのだが、ここまでの感想というか経過をムダに書く。

     ナダルの調子は今一つ。元々ハードコートは得意でないからこんなもの!という意見もあるかもしれないが……。
     でもダニエル太郎に1セット獲られたのはビックリ。
     ダニエルを褒めてやって!という人もいるだろうが、まあ万全には程遠いだろ!?

     ドロー表を上から順に見ていくと、ベルディヒがドルゴポロフに負けた。
     ベルディヒ涙のグランドスラム初制覇!という流れもアリか?とも思ったのだが。
     ゴファンとモンフィスは順当に残り、3回戦で対戦ですな。
     先日、シンシナティ大会で初のマスターズを獲り、今大会も期待されたディミトロフだったのだが……、若手の有望株ルブレフに負けた。
     う~ん、ダメじゃん。

     フェデラーは本命とされているのだが、何と!1、2回戦ともフルセットのグダりっぷり。
     正直かなり調子は悪い。
     もっとも彼のことだから、ラウンドが進むにつれ調子が上がるとは思うが。
     で、キリオスは敗れたが、デル・ポトロ、ティエムは残っている。

     さて、ボトムハーフ。
     マレーが消えてしまったので、ボトムのトップシードがズベレフとチリッチに。
     トップハーフがナダルとフェデラーであることを考えると、やや不公平感があるかも!?
     それはそれとして、ズベレフは2回戦でチョリッチに敗れてしまった。
     ズベレフはマスターズ2冠となったが、グランドスラムではダメですな。
     まだ5セットマッチを戦い抜くだけの身体が出来上がっていないのだろう。
     まあこの日のチョリッチは非常に戦略に長けていたとは思う。

     ボトムハーフではクエリーとイズナーというトップ・アメリカンにチャンス到来という感じなのだが、よりによってこの二人はこのまま行くと4回戦で対戦することになる。
     この段階で潰し合うのはアメリカ人にとっては残念だろう。
     モントリオール大会で脚光を浴びた18歳シャポバロフは2回戦でツォンガに勝った。
     この若者の勢いは続きそう。
     順当に勝ち上がっているチリッチのところ(ベスト8)までは行きそうだ。

     ってな感じで、キリオス、ズベレフ、ディミトロフといった前哨戦のマスターズで活躍した選手は早々に消えた。
     ナダル、フェデラーもイマイチなので、消去法で行くとチリッチが有力か!?
     個人的にはクエリーかイズナーの優勝ってのもアメリカ的にはハッピーで、アリかなぁ~とか思ったりするのだが……。
     まあ近年のグランドスラムでは、最も優勝者の予想が難しい大会になったかも。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック