FC2ブログ

    ナッシュビル

     先日、数日間東京にいなかったと書いたが、つまりは実家方面に行っていたワケ。
     で、その時の話。
     久しぶりに実家に帰ったら、見慣れないギターのハードケースがあった。
     う~む、これはアコギのケースだな。
     ちなみに父はガットギターしか持っていなかったはず。
    「これは何ぞや?」
    と訊いてみたら、叔父さん(父の兄、故人)がかつて使っていたギターだそうで、叔父の死後、父が引き取ったそうだ。
    「俺はもう弾かないから、お前が持って行ってもいいぞ!」
     う~む、叔父さんもギター弾いていたのね。全然知らなかったわ。

     さて、もらっていくかどうか置いておいて、どんなギターかケースを開けてみた。
     う~ん、これはギルドのコピー・モデルだよな!?
     ヘッドのロゴにはNASHVILLEとある。
     弦はほとんど死んでいる。
     とはいえ、とりあえず弾いてみた。

     けっこうビックリ!の鳴りである。
     しかもとても弾きやすい。私が大昔に持っていたYAMAHA N-500とかに比べてネックがかなり細いな。
     サウンドホールの中を覗くと、「N-40D」というシールが貼ってあり、そこに手書きで昭和49年と書いてあった。
     多分製造年であろう。

     こちらの期待を大きく越えるギターだったので、しばらく弾いていた。
     一緒にいた相方もその音にはちょっとビックリしていた。
     で、「持って帰って今のマンションで弾いたらどうなる?」と訊いてみた。
    「アンタが本気で弾いたら、ちょっと近所迷惑かもね。」
     うん、そうだな、弦を張り換えたらちょっとヤバイ感じだ(笑)。

     ってなワケで、持って帰るのは一応ヤメタ。
     そしてこちらに帰ってきてからこのギターについて調べてみた。
     ナッシュビル D-40Dというモデルで、ギルドD-40のコピー・モデル。
     う~ん、やっぱりそうか!
     で、通常ナッシュビルは現在のタカミネが製造していたらしいが、このギターは田原楽器の製造。
     トップは単板である。うん、単板なのは弾いた時に判ったけどね。
     昭和49年ってことは1974年だ。
     けっこう良い評価のギターらしい。
     良いギターだと思った私の感想は、まあ間違いなかったのね。

     ってなワケで、やっぱり引き取ろうかなぁ~!?とか思わないでもない。
     でも、思いっきり弾けないのではムダにストレス溜まるかも!?
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック