FC2ブログ

    パイオニア SE-MHR5追記

     パイオニア SE-MHR5を購入して2週間以上経過した。
     買って以来、可能な限りこのSE-MHR5を使っているので、またムダな感想を書く。
     そもそも私は”バランス接続”がしたいがためにこのヘッドフォンを買った。
     だから変な話、通常のアンバランスでの音については期待していなかった。
     ところがだよ、これがけっこうイイ音なのね。
     コストパフォーマンスが高いというレビューが多いが、それは事実だと思う。
     低音域が良い。
     けっして迫力の重低音ではナイから、所謂”低音好き”向けの音ではナイ。
     しかし引き締まって分解能が高い低音なのよ。
     だから決して低音が強いわけでは無いのに、バスドラやベースの音がハッキリと聴きとれる。

     ただし、高音域が私的にはちょっと気になる。
     うん、けっこうハッキリと抜けてくるのだけれど、その質感がね、ちょっとケバいと言うか、雑味が混じると言うか……。
     しかしちょっとだけこのヘッドフォンの弁護をするが、そもそも私は”高音好き”なんだと思う。
     このヘッドフォンを使って自覚しましたわ(笑)。
     うん、私は高音域に拘りがあるようだ。
     だから、この高音に対する評価はあまりフェアではないかもしれない。
     別に全然、「ハッキリとした高音でイイじゃん!?」と思う人だってきっといると思う。

     ってなワケで、全体として考えると良いヘッドフォンだと思う。
     もちろん1万5千円以下で買えるのだから、最高クラスの音ではナイ。
     でも、これまで5千円以下のヘッドフォン(イヤフォン)を使っていた人が、ちょっと奮発してみようかな!?という場合、かなり幸せになれる確率は高い。
     しかも、バランスケーブルが付属している。
     ついでに携帯することも可能だ。
     それを考えるとこの価格帯ではほとんど”ベストバイ”かもしれない。

     と盛り上げておいて釘を刺すのだが(笑)、音の個性みたいなものは薄いかな。
     面白みは余りない。
     使い続けることで新しい発見のようなモノは無さそう。
     
     もっとも、ほとんどの人は単純に「価格以上の音」であれば満足するかな!?
     そういう意味ではお奨めのヘッドフォンです。
     まあ私が奨めたところで、別に誰の役にも立たないだろうけど。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2018/01 | 02
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック