FC2ブログ

    色々あったがけっこう順当

    pickorfinger.jpg

    『PICK OR FINGER』
     4曲入りミニアルバムをリリースしました。
     旧作も含めて全曲フル試聴できます。こちらのリンクよりどうぞよろしくお願いいたします。

     全豪オープン準決勝。
     正直言って2試合とも一方的でやや残念な感じだった。
     チリッチ×エドマンド戦。
     ここまで大会を盛り上げてくれたエドマンドだが、怪我もありさすがに力尽きた。
     調子の良いチリッチに勝つこと自体大変なことだが、それに加えて5セットマッチを一つのツアーで6試合戦うというのは、彼にとっては未体験ゾーン。
     いくら中一日での試合とは言っても、これは経験した者にしか中々対処できないのだろう。

     そしてフェデラー×チョン・ヒョン戦。
     戦前はかなり期待もされたが、う~ん、余りにもあっけなかった。
     フェデラーの調子は正直悪かったのだが……。
     とはいえ、チョン・ヒョンが万全であっても結果は変わらなかったろう、現時点では。

     ってなワケで、ジョコヴィッチやワウリンカという大物がまだ万全には程遠く、ベスト4にノーシードが二人も進出して、ある意味面白い大会になったが、結局のところ決勝進出者はフェデラーとチリッチというグランドスラム勝者になった。
     そしてこのカードは昨年のウィンブルドンの再現でもある。

     ちなみにフェデラーはグランドスラム決勝は30回目。
     つまり決勝で10回負けているワケだが、負けたのは2009年の全米デル・ポトロの1回を除くと、あとはナダルとジョコヴィッチだけ。
     ビッグ4はビッグ4にしか負けないのよ(笑)。
     そこに風穴を開けたのがワウリンカなんだけど。

     さて、両者の対戦成績はフェデラーの8-1。
     フェデラー唯一の敗戦はチリッチが優勝した2014年の全米準決勝である。
     まあこの時のチリッチはやることなすこと完璧な”スーパーチリッチ”であって、ハードコートでフェデラーがあそこまで何もできないという試合は、ほとんど記憶に無いくらいだった。

     果たして”スーパーチリッチ”降臨はあるのか!?
     ただし、2014年のフェデラーと現在のフェデラーはまたスタイルが違うけどね。
     フィジカルは緩やかに落ちているが技術では進化している(笑)。
     今大会に限っての調子で考えればチリッチの方が上。
     フェデラーはここまでの6試合、失セット0でタフマッチをしていないので体力は温存できているが、意外とタフマッチを経験している時の方が結果は良かったりする。
     うん、フェデラーの調子が今一つ上がりきらない感じなのは、今大気まだタフな状況に遭遇していないからかもしれない。

     決勝は明日。
     結局またもやグランドスラム初優勝者は出ないことになったが、素晴らしい試合を期待したい。
    予想!?まあフェデラーだと思うが。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2018/01 | 02
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック