FC2ブログ

    極めて個人的事情

    pickorfinger.jpg
    『PICK OR FINGER』
    4曲入りミニアルバムをニューリリース!
    こちらより旧作を含めフル試聴、購入ができます。騙されたと思って一度騙されて聴いてみてください。

     いつものようにどうでもイイ話ね。
     先日、モバイル用途がメインのヘッドフォン、AKG Y55が傷んできているのに気づいた。
     イヤーパッドの一部が破れてめくれてきましたわ。
     常にヘッドフォンカバーmimimamoを装着しているので大丈夫かな!?とか思っていたのだが、やはりそうそう甘くはナイ。
     こういうのって、ダメになり始めるとそこからは早いのよね。

     別に手荒に扱っているつもりは無い。
     ただし、持ち歩く時にポーチなどには入れず、単に折り畳んで適当に鞄に突っ込んでるんだけど。
     人によっては充分”手荒”なのかもしれないね。

     まあしかし、このヘッドフォンも購入してから丸2年。
     1万円程度の価格と常に外出のお供をしてきたことを考えれば、仕方ないとも言える。
     ただね、このところアーバンイヤーズやパイオニアのヘッドフォンを買ってみて、このヘッドフォンの優秀さに気づかされたところだった。
     やっぱりAKGってのは大したブランドなのね。
     でもこのヘッドフォンは生産中止。
     う~む、そうでなかったら同じのを買ってもイイのだが……。

     つまり近い将来、モバイル用途のヘッドフォンがきっと必要になる。
     だから何となく探し始めている。
     ポイントはハウジングの大きさと重さと見た目と、それなりの高音質。
     予算上限は2万円ぐらいかなぁ~。

     音だけに限れば、まあいくらでも在るのよ。
     でも実は見た目、それも装着した時の見た目が一番の問題である。
     つまり以前も当ブログで書いたが、私は”被り物”全般が恐ろしいほどに似合わない(笑)。
     もちろん、一体誰がお前のようなオッサンを見てるのよ!?という話もあるが、イヤイヤ、例えば電車に乗っていると自分の姿が窓に映ったりするだろ!?
     それを目にした瞬間、自分が笑わないでいる自信が無いのよ。
     大き目のヘッドフォンは私にとって、充分に被り物であって、それを装着した時には決して人前に出るべきではナイと自負している。

     もちろん、仮に小さめでもデザインが派手だと、やはり被り物警報は発動する。
     つまり私がAKG Y55の代わりに求めるヘッドフォンは、外で使うからもちろん密閉型で、デザインが地味で、装着した時に私の見た目に与える影響ができる限り小さくて、折り畳めて、尚且つそれなりに高音質というモノである。

     で、実はここ数日ムダに探して、それらの条件に見合うヘッドフォンを見つけた。
     一応、モデルさんが装着している写真も見ることができたのだが、うん!これなら”被り物警報”はギリギリで発動しないかな!?
     価格は1万5千円程度、そのブランドのヘッドフォンは現在所有しているので、多分音質に間違いは無いだろう。あっ!?AKGではないよ。

     ただし、ムダに個人的事情が在って悩んでいる。
     他人からしたら実にどうでもイイことだとは思うが、そのアタリを付けたヘッドフォンには上位機種もあってね。
     その上位機種ってのは、以前から”いつか買おう!”と思っている機種なのである。
     それのどこがダメなの!?ってか。

     いつもモバイルで使っているヘッドフォンの上位機種をワザワザ後で買うかね!?
     ちょっと買いづらくないか!?

     じゃあ思い切ってモバイル用にその上位機種の方を買えば?
     そう、同じシリーズだから大きさや折り畳める構造も同じなのだ。
     それで全て解決!むしろイイ機会じゃん!?前から買おうと思っていたんだろ!?

     しかぁ~し!それがダメなのね。
     残念ながらその上位機種はハウジングがウッドで、多分見た目がかなり目立つ。
     明らかに”被り物警報”が発動しそうなのよ(笑)。

     ってなワケで、一応この機種が第1候補ではあるが、実にクダラナイ個人事情によって、別の候補も検討中である。
     クダラナイ長話に付き合わせて申し訳ない。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック