FC2ブログ

    マイアミだぜってぇ~の

     名人挑戦者決定プレーオフ5回戦は羽生竜王が稲葉八段を破り、佐藤天彦名人への挑戦権を獲得。
     う~む、やはりそうなるか!?
     これはちょっと盛り上がりそうですな。

     さて、ATPマスターズ1000マイアミ大会が始まりましたな。
     インディアンウェルズ大会に続き、こちらも96人出場という最大規模のマスターズ。
     やはり注目は錦織とジョコヴィッチか!?
     果たしてどの程度の状態なのか。
     ナダル、ワウリンカ、マレーがいないのだから、せめて彼らにはもうちょっと頑張って欲しいものである。
     またね。


    楽曲発売中!!

    違和感が消えた

     名人挑戦決定プレーオフ4回戦、豊島八段の進撃は羽生竜王に止められた。
     これでプレーオフ最終戦、羽生竜王×稲葉八段の勝者が佐藤天彦名人に挑戦する。
     まあしかし、王将戦七番勝負も同時進行だった豊島八段にはご苦労様と言いたい。
     彼は現在”無冠の帝王”であるが、この経験はきっと今後に生きると思う。
     ちなみに某掲示板で豊島八段のことを”永世森下”と書かれていて爆笑してしまった。
     イヤ、将棋にある程度詳しくないと、判らない話だけどね。

     ってなワケで、本題。
     ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会決勝。
     フェデラー×デル・ポトロという胸躍るカードだった。
     しかし、う~ん……、このカードにしては最高ではなかったかな。
     二人ともイライラする場面が多々あった。
     フェデラーは”何で?”と思うようなフォアハンドのエラーを連発。
     挙句に自分のサービスで二つあったチャンピオンシップポイントを逃す有様。
     ややグダグダ感が在った試合であった。
     最終的にはファイナルセットのタイブレークをデル・ポトロがモノにして、遂にマスターズの初タイトルを奪取した。
     まあ内容的にはデル・ポトロが勝ったのは妥当だとは思う。

     ってなワケで、内容的にはイマイチだったけど、一人のテニスファンとしては安堵したことがある。
     うん、デル・ポトロがマスターズを獲れたこと。
     グランドスラムタイトルが在るのに、マスターズが無いってのはどうにも違和感が残る。
     デル・ポトロはビッグ4の全盛期にほとんど唯一の対抗馬とも言える選手だったのだから、マスターズタイトルの一つも無いとどうしても落ち着かなかった。
     だって、ジャック・ソックやディミトロフもマスターズ保持者になったのよ。
     デル・ポトロが持ってないのは納得行かんだろ!?
     
     おめでとう、デル・ポトロ!!
     ランキングも”本来の”位置に戻りつつある。
     さて、次はマイアミ。
     相変わらず欠場者は多いが熱戦を期待したい。
     またね。


    楽曲発売中!!

    痩せた方が良くねぇ!?

     ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会も準決勝まで終わった。
     フェデラー×チョリッチ戦。
     以前からタマに書いているが、私はチョリッチのどこが良いのか判らない。
     何と言うか、”コレ!!”という武器が無いのよね。
     タマにトップ選手に一発入れるのだが、大抵は順当に負けることも多い。
     もっとも、ほとんどの選手がタマに一発入れることもできないのだから、それなりにイイところも在るんだろ!?

     ってな感じで、実はあまり期待していなかった。
     ところが、この試合のチョリッチはとても良かったかも。
     フェデラーの調子が良くなかったのもあるが、う~む、勝ってもおかしくなかったね、っていうか勝ちゲームだな、アレは。
     ただ、ビッグ4ってのは内容で負けていても結局勝ってしまうのね。
     まあそのいつものパターンですな。

     デル・ポトロ×ラオニッチ戦。
     とにかくラオニッチのあの体型は何なのか?
     意図的に体重を増やしたらしいのだが、それでなくとも長身で怪我がちなのだから、ますますヤバいことになりそうだよね。
     もちろん、フィジカルコーチときちんと計画を立ててやっているとは思うのだが。
     ただ、現状ではまったく実を結んでいるとは思えず、デル・ポトロの快勝でした。

     やはり決勝はフェデラー×デル・ポトロということに。
     まあね、並以上の調子のフェデラーに勝てそうなのはデル・ポトロしかいないから、それだけ面白いとも言える。
     デル・ポトロはグランドスラム・タイトルを持っているがマスターズ・タイトルは無い。
     相手がフェデラーということもあって、モチベーションは自然と高まることだろう。
     現時点で世界最高のゲームが期待できるかもしれない。
     またね。


    楽曲発売中!!

    15の1

     先月の中ごろから結構忙しかったのに加えて、テレビが壊れたりして大事なことを忘れていた。
     イヤ、何だそんなことか!?と思われるだろうが愛用のギター達の弦交換をしていなかったのである。
     オイオイ、手持ちの全てのギターの弦が交換してから一か月以上経っているではないか!

     ってなワケで、白カスタムの弦交換を。
     もちろんDRの弦である。
     前回交換してから一か月と一週間が経過しているが、乾燥している時期でありそもそもDRは寿命が長目なので、しらばっくれてもイイ感じ(笑)でもあるが、やはり気分が余りよろしくない。

     例の酷いパッケージを軽く鬱になりながら……、まあいい加減慣れろよ!って気もするが、酷いモノは酷い。
     しかしながら、パッケージを解かれた弦は相変わらずピ~ンと真っすぐである。
     今回もめでたく不良ではありませんな。
     これで不良率は15の1ですな。
     もう信用してもイイんじゃねぇ!?って感じもするが、私としてはムダに30セットぐらいは報告義務がある気がしている。

     ってなワケで、当ブログの推奨弦は変わらずDRですな。
     私が推奨したところでDRというブランドにとってメリットかどうかは微妙だが(笑)、ちょっとでも普及すれば、酷いパッケージも改善されるかもしれない。
     ほぼ無力な私であるがそんなことを考えている。
     またね。


    楽曲発売中!!

    自己最多タイだそうだ

     ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会。
     シーズン最初のマスターズだから例年テニスファンとしてはかなり盛り上がるのだが、ナダル、マレー、ワウリンカは欠場だし、ジョコヴィッチは出場したものの試合に勝てるレベルではなく、楽しみなのはフェデラーとデル・ポトロだけじゃん!?

     ってなワケで、本日の日本時間昼、フェデラー×チョン・ヒョンの準々決勝があった。
     今年の全豪ベスト4のカードでもあるが、あの時はチョン・ヒョンが早々にリタイアしてしまったから、両者の本当の力の差はよく判らなかった。
     だからチョン・ヒョンがどれぐらいやれるのよ?ってのは楽しみであった。

     まあしかし……、ある意味予想通りだったと言えばそれまでだが、チョン・ヒョンはどれほどもやれなかった(笑)。
     ジョコヴィッチに似たスタイルだから、フェデラーとは噛み合って面白い試合になるかも?という期待も在ったが、似てるとはいえ実際にフェデラーとストローク戦をすると、
    「フェデラーの方がストローク力上じゃん!」であった。
     その上、チョン・ヒョンはサーブがイマイチである。
     フェデラーはビッグ4の中ではサービス・リターン力が多分一番下である。
     とはいえ、それでもほとんどの選手よりは上なのである。
     だからチョン・ヒョン程度のサーブではリターンの餌食になってしまうのである。

     もっとも、このオッサンにボコられたからってチョン・ヒョンは別に悲観することもない。
     それどころか、他のほとんどの選手の中にあってはまだマシな方である。

     ってなワケで、フェデラーは開幕以来16連勝。
     開幕からの連勝記録では自己最多タイである。
     次の準決勝、チョリッチ戦を勝つと開幕からの連勝記録が自己最高になるのね。
     今年の夏には37歳になるシーズンに更新するんですかぁ~?
     もうほとんど漫画だな。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2018/03 | 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック