FC2ブログ

    3CAN116

     みなさん、こんにちは。
     前回の記事の続きです。
     そうです、私はまたやっちまいました。
     しかしそこには崇高な使命感が在るのです。(ウソつけ!)

     私は現在10本余りのヘッドフォンを所有していますが、同じブランドのモノは持っていません。と書いたところで、クリプシュは2本在ることに気づきましたが、これはあくまで将来のための予備であり、同一機種なのでカウントしません。
     まあそういうことで。

     ヘッドフォン・マニアの方々はけっこう同じブランドのモノをいくつか持っていたりするみたいですが、こんなところからも私が全くヘッドフォン・マニアではないことが判りますね?(そんなことない!)
     ところで、私の音楽野郎としてのムダに長い歴史の中で、複数回購入したことがあるブランドってのを思い返してみました。
     う~ん、オーディオテクニカ、JVC、AKG……、そんなもんですね。
     一応3社思い浮かびましたが、これらを同時に使用していたことはありません。

     さて、話は戻って崇高な使命とは!?
     もう既に興味を無くされている方がほとんどだと思いますが続けます。
     私は昨年の夏に手に入れたGermanMAESTRO GMP8.35Dというヘッドフォンが大のお気に入りです。
     しかし、このジャーマンマエストロというドイツのブランドは、同じドイツのゼンハイザー、ウルトラゾーン、ベイヤーダイナミックなどに比べて日本ではとてもマイナーな存在です。
     多分、普通の人は「何それ?美味いの?」というレベルでしょう。
     音楽好きな人の間でも、ヘッドフォンやスピーカーに詳しくなければ多分、知らないと思われます。(そんなことない!?)

     しかしながら、私的にはこのジャーマンマエストロのヘッドフォンが知られていないのは非常に勿体ないと思うのです。
     だって素晴らしいですから。
     つまり私の使命はジャーマンマエストロの火を消さないこと(イヤ、それどころか火など点いてもいない)なのです。

     そう、ですからこれは崇高な行為なのであります。(敬礼!!)
     これはもう言ってみれば”お布施”みたいなものなのです。
     まあ私一人がやったところでほとんど意味が無いことは明白ですけどね。
     でも私は行動に移さずにはいられなかったのです。

     ってなワケで、お布施ならより高価な方がイイのですが、その辺は色んな意味でチキンでして、っていうか、上位モデルは後のお楽しみに取っておくことにして、私が購入したのはエントリーモデル。
     このブランドでは唯一のモバイル用である、3CAN116というモデルです。

     実はこのモデル。
     日本国内には個人のレビューが見つかりません。
     レビューらしきものは発売当時(2016年春)のショップレビューのみです。
     ですから参考になるレビューは皆無でした。
     しかし使命感に燃える私は気にしません。
     正規代理店のスタジオジータさんより購入しました。税込み10,800円。
     ちなみに他のショップでもこのモデルはリストには在るのですが、全てのショップで”お取り寄せ”になっております。
     実際には購入不可能かもしれません。

     ってな感じで、ホントに国内に在庫があるのかしら?と不安になります。
     正規代理店とは言え、1週間ぐらいかかるのでは?とか思いましたが、先週の月曜の夜中に注文したら翌日には発送完了メールが届き、結局水曜日には届きました。
     何だ、在るじゃん在庫。
     これはお布施だから開封しない!なんてことはもちろんありません。
     ただ、そんなに期待はしていませんでした。
     だってエントリーモデルですから。
     お気に入り機種とは三倍近く価格差がありますから。
     しかぁ~し!それは見事に裏切られました。
     続きは後ほど。

    楽曲発売中!!

    傷は浅い

     みなさん、こんにちは。
     先日の記事で、何故私がヘッドフォン好きのオッサンになったのか、イイワケを書きました。
     ところで、私はヘッドフォン好きとは言え、特別高価なモノには手を出していません。
     ええ、私は決して裕福とは言えませんが、20万円以上と言うのならともかく、5万10万クラスであれば手に入れるのは不可能ではありません。

     私が1万~2万円程度のヘッドフォンを何本も買うのを見て、
    「ムダに乱発しないで、腰を落ち着け3本買わないでその費用でもっとイイのを1本買えば!?」
     と思う読者様もきっといることでしょう。
     そう、1本プレミアムクラスのヘッドフォンを買えば、もう買わないで済むのではないか?と思われるでしょう。
     イヤ、実は私もそれは考えるんですよ。
      
     しかしです。
     果たして本当にそうなるのか?
     偉大なるヘッドフォン・マニアの先人達もそうなのか?
     どうやら違うようなのです(笑)。

     たとえば、お気に入りブランドのフラッグシップ機を手に入れたとしましょう。
     購入当初は「もうイイや」と思うことも多いようです。
     しかしですね、ヘッドフォン・マニアというのはもちろん”最高の音”を求めている側面も否定できませんが、ヘッドフォンごとの音の違いを楽しんでいるのがメインだったりします。
     何でも、奮ってイイのを1本買うと、しばらくしてライバル社のフラッグシップも買ってしまったり(笑)、ミドルクラスの尖がった製品などが欲しくなったりするようです。
     多分、イイのを1本買っても止まらないんですよ!
     だからヘタにプレミアムクラスに手を出さない私は、まだまだ傷が浅くて済んでいるとも言えるのです。
     一応自分の中では、おやつは300円までならぬ”ヘッドフォンは5万円まで”という緩いガイドラインが在ります。
     これは堅持していきたいと思うワケであります。(敬礼!!)

     ってなワケで、これは前置きであり本題はここからです。
     何だかんだで”傷は浅い”などとヌカして、自分には非が無いかのように(アホではあるけど)ムダに書き綴ってきましたが……。
     まあ、そういうことなんです。
     つまり……、また買ったのですよ(笑)。
     しかし、今回はちょっと違うのです。(何が?)
     実はある意味、自分のためでは無く、世間のための崇高な使命感(?)故に購入したのです。
     そう、これは仕方ないことなのです。
     とか相変わらず放言コイてますけど、一応今回はここまでで続きます。

    楽曲発売中!!

    残念ながら

     第77期C級1組順位戦。
     最終局前まで8勝1敗が四人いたのですが、結局、最終局は四人全員が勝利しました。
     その結果、順位が上位の近藤誠也五段、杉本昌隆八段の二人のB級2組昇級(近藤は六段に昇段)が決定しました。
     船江恒平六段、藤井聡太七段は惜しくも順位の差で昇級を逃しました。

     全員が勝利した上での結果なので何の紛れも在りません。
     近藤五段(当時)が藤井七段に勝ったのが決め手でしたね。
     
     さて、藤井七段。
     皮肉にも師匠が昇級。
     しかし勝負の世界なのだから、こういうことは仕方ありません。
     当ブログでは、今期が始まってしばらくした時に、
    「藤井七段は今期中にタイトル挑戦か、順位戦の昇級を果たしたら大成功」
    と書きました。
     しかしどちらも果たせませんでした。
     つまり”大成功”とまではいかなかったということです。
     もっともこれは私基準の個人的見解でしかないですけど。

    楽曲発売中!!

    始まりは突然に

     みなさん、こんにちは。
     本日もまたヘッドフォンについて書きます。
     私は何だかんだでもう40年ほど”音楽野郎”です。
     ですから基本的にはヘッドフォンとの関係は”密”であると言えます。
     ところで、ヘッドフォン・マニアという人達が世間に認知されるようになったのは、ここ15年ほどでしたか!?
     私はそのように記憶しています。

     15年ほど前には、既に私はバカクリエーターでしたから、現在の自分を考えると世間の流れと一緒に私がヘッドフォンマニアになっていても何ら不思議ではなかったはずです。
     しかし、実際に私がヘッドフォン好きになったのはここ3年ほどです。
     それ以前の私にとってのヘッドフォンとは、所謂ただの道具でしかありませんでした。
     う~ん、一体何が変わったのでしょう!?
     
     ことの始まりは、当時主にモバイル用に使っていたAKG K450というヘッドフォンが壊れたことでした。
     その当時、私は他にヘッドフォンを三つ持っていましたが、モバイル用途として使えるようなコンパクトなモノではありませんでした。
     そこで新たにモバイル用に買ったのがAKG Y55でした。
     そしてそれはDJフォンでした。
     それまで私は基本的にリスニングフォンだけれどもモニター寄りでもある、言ってみれば比較的”おとなしい”タイプのヘッドフォンしか使っていませんでした。
     それなのに敢えてDJフォンを選ぶという英断(?)に踏み切ったのです。

     今にして思えばこれがいけなかったかもしれません(笑)。
     初めてのDJフォンは私にはちょっと刺激的でした。
     ヘッドフォンによってそれぞれけっこう音が違うのはもちろん気づいていましたが、用途別というところまでは踏み込んでいなかったからです。
     うん、何だかこれは面白いぞ!と思ってしまったのです。

     もしこの時に、壊れてしまったAKG K450が生産中止になっていなくて、しかも発売から時間が経っていたことで、私が買った当時よりも価格が下がっていたりしたら、私はかなりの確率の高さでK450を買ったと思われます。
     何故なら、壊れた直後はまた同じモノを買おうと思っていましたからね!
     そうなっていれば……、現在のヘッドフォン好きのアホなオッサンにはなっていなかったかもしれません。

     ちょっとこれまでとは毛色の違ったヘッドフォンに手を出したばっかりに、私は沼にハマり始めたのです。
     とはいえ、約3年間で10本あまり、特別高価なモノには手を出していないですから、ヘッドフォン・マニアと呼ばれるような人達から比べれば、まだまだ沼にハマったとは言えないかもしれません。普通の人達と比べたら充分でしょうが(笑)。
     まあ始まりはこんな感じだったのです。

    楽曲発売中!!

    呪縛は解けた

     みなさん、こんにちは。
     ATP500ドバイ大会決勝、フェデラーがチチパスを破り優勝。
     これでフェデラーのATPキャリアタイトルは100回目となりました。
     これがどれほど凄いことなのか……、もう理解できるレベルではありませんね。

     さて、注目の第77期A級順位戦最終局。
     豊島将之王位・棋聖が久保利明九段を破り、8勝1敗となり佐藤天彦名人への挑戦権を獲得しました。
     無冠時代の豊島”八段”であれば、こういう肝心なところで負けたりしていたのですが、二冠となった今、きっちりと決めてきました。
     A級順位戦の最終結果は以下のようになりました。

     豊島将之二冠  8勝1敗 名人挑戦
     羽生善治九段  7勝2敗
     広瀬章人竜王  6勝3敗
     糸谷哲郎八段  6勝3敗
     佐藤康光九段  4勝5敗
     久保利明九段  4勝5敗
     三浦弘行九段  4勝5敗
     稲葉 陽八段  3勝6敗
     深浦康市九段  2勝7敗 B1降級
     阿久津主税八段 1勝8敗 B1降級

     来期の順位は上記の通りとなります。
     それではみなさん、さようなら!で話が終われるはずはありません。

     上記の成績でお気づきでしょうか?
     そうです!阿久津主税八段 ”1勝”8敗となっているでしょう!?
     遂にA級順位戦18局目にして阿久津八段は初勝利を挙げたのです。
     相手は佐藤康光九段。
     しかしまあ、変な言い方ですが相手が佐藤九段で良かった気もします。
     佐藤九段ならこれまでの実績も充分で大棋士の一人と言える存在です。
     ここで阿久津八段にA級順位戦初勝利を献上したところで、佐藤康光九段のこれまでの実績に影を落とすなんてことはありません。
     これが気鋭の若手だったら、例えば豊島二冠や広瀬竜王、糸谷八段だったりしたら、う~ん、まあ別に拙くないか(笑)。
     何となく、これから将棋界を担う逸材が初勝利を献上するよりは良かったかも?と思ったんですけどね。でも別にそんなこともナイ気がしてきました。

     とにかく、おめでとう!阿久津八段。
     当ブログで応援したおかげなんてことはカケラも無いでしょうが、呪縛が解けた阿久津八段の今後の活躍を期待しましょう。

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック