FC2ブログ

    初の兆決リーグ入り!

     みなさん、こんにちは。
     第69期王将戦二次予選決勝、谷川浩司九段×藤井聡太七段戦。
     藤井七段が角交換を避けての9一角成の鬼手を決めて快勝し、挑戦者決定リーグ入りを決めました。
     負ければタイトル挑戦最年少記録の可能性が消滅するところでしたが、その望みを繋ぎました。
     とはいえ、この王将戦挑戦者決定リーグで優勝出来なければ最年少記録は更新できないワケで、現実問題としては非常に難しいと言わざるを得ません。
     とにかくこの挑戦者決定リーグ、そのメンバーが強豪揃いだからです。
     前期リーグの残留者は、久保利明九段(前王将)、糸谷哲郎八段、広瀬章人竜王、豊島将之名人・王位の四人。
     そこに今期の予選勝者三名が加わります。
     予選勝者三名のうち決まったのはまだ藤井七段だけで、残りの二枠は三浦弘行九段×佐藤天彦九段の勝者、羽生善治九段×郷田真隆九段の勝者。
     つまり藤井七段以外は全てタイトル経験者であり、羽生×郷田戦の勝者が羽生九段になれば同時に全て現役A級棋士となります。
     もっとも羽生九段が郷田九段に代わったところで、郷田九段だって実力的にはA級みたいなものです。
     
     結局のところ藤井七段はいきなりA級順位戦に放り込まれるようなものなのです。
     ですから正直2勝できたら合格、4位以内でリーグ残留できたら大成功!!という感じでしょう。
     仮に全敗だったとしてもこの強豪棋士達との六局は、今後の大きな糧となるのは間違いのナイところです。
     まあしかし、非常に楽しみです。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    初対決なるか?

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンでジョコヴィッチが敗退しました。
     4回戦のワウリンカ戦、4-6、5-7、1-2となったところで棄権。
     もともと試合前から万全の体調では無かった模様です。
     う~ん、そうかジョコヴィッチがいなくなったのか。
     この結果を受けてどうしても期待してしまうのは、ナダルとフェデラーの”全米初対決”ですね。
     この二人、これまで40回も対戦しているのに何故か全米での対戦は在りません。
     両者の対戦が実現するには決勝しか無かったワケですが、フェデラーにとってジョコヴィッチが壁になることが予想されていました。
     その壁が無くなったことでちょっと現実味を帯びてきましたが、案外どちらも決勝以前に負けたりするかもしれません。
     だって33歳と38歳ですぞ。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック