FC2ブログ

    ギターになら

     みなさん、こんにちは。
     昨日久しぶりに楽器店に行きました。
     私、当ブログでも何度か書きましたが、楽器店に行くのって年に数回なんですよ。
     若い頃はホント「暇さえあれば!」って感じで通っていたりしたものですが、機材がある程度手元に揃ってからはギターや機材そのものへの興味が徐々に減りましてね。
     それでも弦やピックなどの消耗品を買うために度々行っていたのですけど、最近ではその消耗品もネットで買う機会が多くなりました。
     まあしかし今回は行きつけの(年に数回でもいつも行くところは同じ店だから行きつけのでイイですよね?)店のポイントがけっこう貯まっていたことと、DRの弦のストックが1セットになっていたことから、ポイントを使ってDRでも買うかね!?って感じで出かけて行きました。
     イヤね、ポイントは店頭購入でしか使えないんすよ。
     しかし実はこれ以外にも理由がちょっとだけ在りました。
     その店には限定生産のレスポール・デラックスが2本置いてあるという情報を得ていまして、その現物を見てみたいかなぁ~というのがそれですわ。

     さて、お目当てのDRをとっとと購入してから店内をウロウロ。
     あんまり行かないからフロアの模様替えしてあるのを知りませんでして、ギブソンがどこにあるのか最初判りませんでしたよ(笑)。
     このお店の良い所は店員さんが基本的には放っておいてくれること。
     そしてこちらが何か訊くと非常に親切に応対してくれること。
     ギブソンコーナーを見つけたのは良いが、お目当てのレスポール・デラックスが見つけられないダメな私。
     ホントはとっとと現物を自分の目で見たらそのままサッサと帰るつもりでした。
     しかし見つけられないので(笑)たまらず店員さんに、
    「こちらにデラックスが置いてあると思って来たのですが。」
    と声をかけました。すると店員さん、
    「デラックス?ああ!レスポール・デラックスですね。え~と、こちらのゴールドとブラックの2本になります。」
     何となく私はスタンダードは山ほど在るのだから、少数のデラックスは前列とか端の方とか他と区別が付きやすいように置いてあるとばかり思っていて、そういう場所ばかり探していたのですよ。
     でもね、そこの店の陳列の仕方は、もちろんお店的には厳然たるルールが在るのかもしれませんが、ヒスコレだろうとUSAだろうとサンバーストだろうと潰しだろうと、ランダムに置いてあるようにしか見えませんで、デラックスも2本バラバラに”レスポールの森”の中の木々の1本として点在しておりました。

     う~ん、やっぱりミニハムはカッコイイ。
    「こちらはあくまで限定モデルなんですよね?」と私。
    「ええ、現物限りとなります。」と店員さん。
    「……、よろしかったらちょっと弾いてみますか?」と店員さん。
    「イヤ、全然買う予定とかは無いですよ。」と私。
    「全然かまいませんよ。せっかくですからどうぞ。」
    「じゃあ、ちょっとだけ。」(笑)
    「ゴールドと黒どっちにします?」
    「じゃあゴールドで。」
     ゴールドにしたのはそちらの方が店員さんが出しやすい位置に置いてあったからですよ!全然弾かせてもらう気など無かったので、ちょっと恐縮していたのです。

     弾いたのはホントものの5分程度でクリーンの指弾き。
     あのさ、ミニハムって普通のハムバッキングよりもレスポンスが良いのね。
     最初に弾いた瞬間「はやっ!!」と感じましたので店員さんに、
    「普通のハムよりレスポンスが良いんですね!」と言ったら店員さん、
    「そうなんですよ!」
     もっともこれは単に私に合わせてくれただけかもしれません。
     お客の顔を潰さないために(笑)。
     でもまあ私がそう感じたのは確かですわ。
     ネックは細目かな?
     っていうか、以前当ブログでも書いたことがありますが、ギブソン・レスポールのネックって全然太くありません。レスポールのネックが太いってのは国産のコピーモデルのほとんどがそうだからであり、本家も太いと思われているのは完全な誤解です。
     重量はかなり軽目で4kgは完全に切っているでしょう。
     う~ん……、スゲェ~欲しくなってしまいました。
     弾かなければ良かった(笑)。
     お値段は税込み217,800円。
     絶望的な数字ではナイところがまた悩ましい。
     やっぱり弾いてしまうとダメですなぁ~。

     このまま弾き続けていると「次はブラックをお願いします!」とかになって、どちらかをお買い上げになってしまう流れになりそうでしたので(笑)、強靭な意思を発揮して、
    「大変勉強になりました。ありがとうございます!」
    との言葉を発しその場を去りました。
     しかしこのゴールドデラックスの今後の動向が気になってしまうでしょうね。

     もののついでに家電量販店へ。
     もちろんおバカな私が目指すのはヘッドフォンコーナー。
     特にお目当ての機種は無いんですけどね。
     しかし思いもよらぬ試聴機に遭遇。
     それはデノンのフラッグシップ機、AH-D9200。
     孟宗竹のハウジングというちょっと他とは違った素材を用いた密閉型である。
     もちろん自前のDAP、オンキョーDP-S1を取り出して試聴してみましたとさ。
     う~ん、素晴らしい!音に関して何も文句の付け所はナイ。
     しかしそのお値段は税込み168,730円。
     レスポール・デラックスと5万円程度しか変わらない。

     え~と、このヘッドフォンを視聴して自分の中で”ヘッドフォンの上限は5万円”としているのは決して間違っていないと思いました。
     レスポール・デラックスは強力に欲しくなりましたが、このヘッドフォンにこの金額を出すことなど全くイメージ出来ませんわ。
     まあ比べるのも変な話ですけど、ギターになら20万出す気にはなれますが、ヘッドフォンにはそうならないということが、自分の中でハッキリと判ったのは収穫かもしれません。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック