FC2ブログ

    みんな触れないでね

     みなさん、こんにちは。
     高校生の頃からイマイチ納得できないことが在りましてね。
     ギブソン・レスポール・デラックスはどうして”デラックス”なんですかね?
     レスポール・スタンダード、まあ”スタンダード”ってくらいだからこれを基準にしますと、レスポール・カスタム、レスポール・ジュニアってのはその製品の性質とネーミングに違和感は無いのですけど、レスポール・デラックスはスタンダードに比べてどの辺が”デラックスなのよ?”って感じです。
     ところで、レスポール・デラックスの生産本数はかなりの数でありまして、「レスポール大名鑑(後編)」によりますと1969~1978年の10年間で約3万本。
     これは所謂バーストレスポール、1958~1960年スタンダードの約20倍。
     これほどの数が生産されていながら、どうしてプロミュージシャンの愛用者が、ザ・フーのピート・タウンゼントとシンリジィ加入初期のスコット・ゴーハムぐらいしか思い浮かばないのでしょう?
     もっともこれには裏事情が在るようで、特にプロミュージシャンはこの当時のデラックスのミニハムを通常のハムバッカーに換装して使用している人が非常に多かった模様。
     一見スタンダードですが、実はデラックスを改造したものというオチだったようです。
     
     さて、どうしてみんなミニハムを嫌うのよ?
     私的には絶対にこっちのルックスの方がカッコイイと思いますわ。
     もっとも、例によってこの意見は少数派か(笑)。
     一般的にこのミニハムは通常のハムバッカーに比べてトレブリーだと言われています。
     レスポールって誤解されている方もいるかもしれませんが、けっこう高音域が出ます。
     そしてそれは歪ませた時に顕著になります。
     これが意外と厄介で、ピッキングやミュートに粗が在るとそれが耳障りなノイズになりがちです。
     簡単な解決法はアンプのトレブルを絞ることなのですが、実はこれをやってしまうと高域成分全体がショボくなって所謂”立った”音を出すことが非常に難しくなります。
     徒にトレブルのつまみに触ってはいけません。
     とにかく歪系の高音域は技術でコントロールするのが吉です。

     やや話がそれましたが、普通のハムバッキングでも歪ませれば充分高音域は出ますので、よりトレブリーなミニハムは”じゃじゃ馬”的な感じなのでしょう。
     そう、デラックスは扱いにくいですからみんな触れずにおきましょうね(笑)。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック