FC2ブログ

    低音の差が好みの差

     みなさん、こんにちは。
     私はヘッドフォン好きなオッサンです。
     単純に”ヘッドフォン・マニア”と言えばイイじゃん!?という話もありますが、私の中には”おやつは300円まで”ならぬ”ヘッドフォンは5万円まで”という厳格な(?)ルールが在り、普通の人ならハイエンドと言えるヘッドフォンなら所有していますが、マニアクラスの人達がハイエンドと呼ぶような10万オーバークラスのモデルとは縁がありませんので、自らを”マニア”と称することにためらいがあるのです。
     そして現在のところ”マニア”になる予定はありません。

     ところで、私が最も好きなヘッドフォンブランドは当ブログで再三お伝えしている通り、
    GermanMAESTROというドイツのブランドです。
     しかしながらこのブランド、日本における知名度はイマイチどころかイマサン以下だと思われます。
     ですから、もし誰かに「ヘッドフォン買いたいのだけれど何がイイ?」と訊かれたら、本音の部分ではGermanMAESTROと言いたいところですが、ある程度オーディオに馴染みのある人でさえ知らない恐れがありますから、実際には言わないと思われます。
     じゃあ、現実的にはどこのブランドをお奨めするのよ?と訊かれたら、一応私の中で答えは決まっています。
     それはBeyerdynamic(ベイヤーダイナミック)ですね。
     う~む、しかしこちらも一般的にはマイナーか?
     でもマエストロよりはだいぶマシですね。
     
     ってな感じで、私はベイヤーのDT770PRO 80、DT990PROという二つのモデルを所有しています。
     ベイヤーの中ではエントリークラスですが、ベイヤーってのは基本的にプロ向けであって、充分高音質なモデルと言うことができます。
     両モデルともに世界的に高評価を得ています。
     日本ではDT990PROが優勢みたいですが、海外だとDT770PROになるのですかね。
     DT770PROはレコーディング現場での採用実績が非常に多いようです。

     さて、私はどちらが好みなのか?
     そんなことどうでもイイわい!という意見が主流だと思われますが、一応書いていきたいと思います。
     この二つのモデルで最初に手にしたのはDT770PRO 80。(80とは80Ωヴァージョンです)
     密閉型のモニターですが、リスニング用途としても充分可能なレンジと音場の広さがあります。ややドンシャリ傾向にあり所謂モニターフォンの退屈さはありません。
     購入当初は”高音強過ぎ”と思いましたが、時間の経過とともに私の耳が慣れたのか(笑)、それとも実際に変化したのかはっきりしませんが、程よく落ち着いた感じになりました。
     まあ正直、このヘッドフォンが2万円以下で手に入るというのは、”ベイヤーダイナミック恐るべし!”です。しかもメイド・イン・ジャーマンだし……。
    そう簡単には壊れないと思いますが、このヘッドフォンは壊れたら買い直してもイイ!というくらいに好きなヘッドフォンです。

     さて、DT990PRO。
     一応PROシリーズはプロ用モニターとなっていますが、そもそも開放型ですから生録音には使えませんし(音漏れするのでそれをマイクが拾ってしまう)、実際のところモニター向けの音創りでもありません。
     こちらもDT770PRO同様ドンシャリ傾向にあり、本来低音が出ないとされている開放型なのに低音はかなり出ます。
     高音は開放型のメリットを生かして非常によく抜けますし、当然音場も広いです。
     全体的に艶がありウェットな感じでゴージャスなサウンドと言えましょう。
     このヘッドフォンのファンがたくさん存在するのはうなずける話です。
     ただし、個人的な意見を述べさせてもらうと、ちょっと創り過ぎな感じもします。
     私が特に気になるのは低音の鳴り方です。
     ちょっとべとついた質感に聴こえます。
     よく言えば”地を這うような重低音”となりますが、ソースによってはそれが楽曲の疾走感を損なう場合があり、非常に”くどく”聴こえる感じがして、それによって聴き疲れしてしまうのです。
     とはいえ全体的なクオリティは非常に高いことは間違いなく、このヘッドフォンで幸せになれる人が多数いるのは非常に理解できます。
     価格も1万5千円以下ですし、ある意味驚異的です。

     ってなワケで、私はどちらのヘッドフォンに軍配を上げるのか!?
     え~とね、1時間以内の視聴時間だったらDT990PROは悪くないです、というか非常に素晴らしいヘッドフォンだと思います。
     でもそれ以上の時間になるとサウンドの味付けのくどさが気になって来て、聴き疲れしてしまいます。
     DT770PROはDT990PROに比べるとソリッド(意味判んねえけどw)でドライ。
     さすがに本格的なモニターフォンであることから、長時間の視聴も苦になりません。

     まあ思うに、単純に音楽を楽しむ目的であるのなら、きっとDT990PROの方が好き!という人が多いのでしょう。
     でも私はどちらか一つを選べと言われたら、一応悩みつつもDT770PROを選びます。
     音のリアリティという意味ではこちらが上だと思うからです。
     ただこれも非常に難しい話で、どちらを人に奨めるか?と問われればDT990PRO!と答えてしまうような気がします。
     結局のところ、ベイヤーダイナミックは素晴らしいヘッドフォンだよ!と言いたいだけなのかもしれません。
     長々と書いた割に結論はそれかよ!?
     でもベイヤーダイナミックは本当にお奨めですよ。


    楽曲発売中!!

    シェンカー風!?

     みなさん、こんにちは。
     かつて当ブログの弦レビューで、役に立たないながらも(笑)私から高評価を得た、R.COCCO。
     今回レスポール・デラックス用として久しぶりに購入し、張り換えて一週間。
     う~ん、かなり良いかもしれません。
     もっともこの弦、別にミニハムと相性が良いと言うワケではなく、どのギターに張っても素晴らしいと思うのですが……。
     この弦はみなさんも試してみると判ると思うのですが、音が大きいんですよ。
     つまりゲインが上がるのです。
     もっとも、現代のアンプやエフェクターの性能を考えると、ゲインが上がってもそれほどアドヴァンテージになるとは言えませんけどね。
     ただ、今回気づいたことがあります。
     この弦、低中音域が非常に豊かなのですが、歪ませるとマイケル・シェンカーがソロの時にワウワウを使って中音域を太くする”あの音”にちょっとニュアンスが似ていますね。
     マイケル・シェンカー好きにはこの弦が良いかもしれません。
     もっともこれはあくまで私の感想であり、個々人のセッティングやピッキングによって全然違う結果になる可能性もあります。
     クリーントーンに関しては、もう何も言うことはございません。
     ひょっとしたらこの弦は”最高”かもしれません。
     ってな感じで、しばらくはR.COCCOをデラックス用のレギュラーにしようかと考えています。
     ストックする弦が4種類になってしまいますが、まあイイや。


    楽曲発売中!!

    ギターを弾く前のテスト

     みなさん、こんにちは。
     私の手はとても乾燥します。
     もう歳だから干物状態なんでしょ!?と思われるかもしれませんが、手指の乾燥に関しては若い頃からずっとです。
     ってなワケで、ハンドクリームは一年中使います。
     たとえ真夏であっても一日のスタートと就寝時の二度は必ず塗ります。
     その昔は夏になるとハンドクリームがドラッグストアの棚から姿を消していましたが、現在ではそんなことは無くなりましたね。
     私にとっては有難いことです。
     さて、ギター弾きにとってハンドクリーム問題はけっこう重要です。 
     以前はギターを弾くタイミングを考えて、つまりハンドクリームを塗った状態でギターは弾きづらいので、ギターを弾く予定時間の3時間前を過ぎたらもうハンドクリームは塗らないことにしていました。
     しかし、加齢とともに手指の乾燥は酷くなり、冬になるともうほとんど”常に塗りたい!”という感じになってしまいました。
     ですから現在ではギターを弾くタイミングなど考えなくなりました。
     と言うよりも、むしろギターを弾く前には積極的にハンドクリームを塗るようになりました。
     ただし、私なりに厳格な(?)ルールが存在します。
     ハンドクリームを塗ると当然手がベタつきます。
     しかし丹念に手に塗り込み馴染ませればべとつきは減っていきます。
     そう、ここが重要なのです。
     ハンドクリームを手に採ったら、もう”親の仇”かのように塗り込むというかマッサージをします。
     大体2分間くらいですかね。
     相当な集中力でもってこれをやります。
     そしてその後ギターを弾くワケですが、その前にきちんと塗り込めたかどうかテストをします。
     もちろんこのテストはまったく私自身の基準であって、厚生労働省の認可などは受けておりません(笑)。
     え~と、大したことではナイですけど……、リップクリームのキャップが外せるかどうかテストするのです。
     リップクリームは極々普通のメンタームとかそういうやつです。
     塗り込みが不十分だと指がスルっと滑ってしまってキャップを外すことができません。
     キャップが外れなかったら、外れるようになるまでまたマッサージをします。
     そしてキャップが外れるようになったらギターを弾いてイイことにしています。
     まあギターを弾く弾かないに関わらず、入念なマッサージはした方がイイかもしれませんけどね。


    楽曲発売中!!

    4種類?

     みなさん、こんにちは。
     ここからは独り言……。
     しかしどうして鍵コメなんですかね?
     本当に普通に弾けているかどうかは、私の音源をお聴きください。
     まあきっと貴方ほどの凄腕ではないでしょうけど。
     ピッチに関しては何度か書いているじゃない?
     まあ間違いなく言えるのは、貴方が私の”汚いギター”を弾かねばならないことは絶対に無いのでご安心を(笑)。(独り言終わり)

     ってなワケで、デラックスにR.COCCO。
     この弦は音が大きいと言うべきか、とにかくゲインが上がるのです。
     サウンドは中低音域が豊かで柔らかい。
     歪ませてもピキピキ成分(笑)はかなり抑えられます。
     テンションというかタッチはかなり柔らかめです。
     う~ん、おかげで弦高を上げたくなるな。

     ミニハムバッカーとの相性は……、音創り的にはやりやすくなる気がしますが、同時にミニハムの個性も殺してしまっているかも。
     クリーンのサウンドは中低音域寄りとは言え、明るさ自体は失われないので非常にイイ感じですが……。
     悩みますね。
     でもR.COCCOをデラックスのレギュラー弦とすると、黒カスタム、SF-7000、Tokai ST-60用にアーニーレギュラースリンキー、Blade R-4用にアーニースーパースリンキー、白カスタム用にDRと弦が4種類になってしまいますな。
     大したことではナイと言えば大したことではナイですが、面倒ですね。
     う~ん、どうしたものか!?


    楽曲発売中!!

    心だな

     みなさん、こんにちは。
     もう誰か言ったかもしれないですけど、自己中消費に走ったバカに必要なのは、
     手指の消毒ではなくて”心の消毒”ですな。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2020/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック